border_colorCOLUMNコラム

【現役医師連載コラム】医学生が知るべき「開業すれば金持ち」の不都合な真実

いきなりですが

「40〜50代くらいになったら、開業すれば良い」

と思っている医学生、研修医の方はいませんか?

その予想は、もしかしたら楽観的過ぎるかもしれません。

・開業したら金持ちになれる
・医局内の出世にある程度限界が見えたら、開業だ

こんな医師のキャリアのイメージが、僕にはありました。

しかしながら実際、近年の日本の医療を取り巻く環境は大きく変わってきています。

特に、医療費削減の流れは強烈です。

開業医の収入である医療費は削減される

保険診療で開業をするならば、開業医の収入は言わずもがな医療費です。

国の歳出の一部である医療費が、保険診療に対する対価として、開業医に支払われます。

この時、患者さんからもらうのは1割ないしは3割なので、残りの7〜9割を国からもらう事になります。

医療費は開業医から見れば即ち売り上げですが、その医療費を削減すべく国は躍起になっています。

原因は明らかで、日本が少子高齢社会だからです。

税収が増える可能性が乏しいにもかかわらず、高齢者が増えた結果、医療需要が増え、医療費が増えてしまったからです。

医療費を削減し、人口を増やす方向へお金を投資しなければ、この国は持続可能ではありません。

この医療費削減の波は避けられない、そして不可効力的な現象です。止める事はできません。根底にある問題が人口動態で、人口動態は必ず訪れる未来なので、避けようが無いからです。

つまり、医療費削減は必然であり、それによる開業医の収入減少も必然というわけですね。

実際のところ、以前は

開業=お金持ち

だったのですが、今となってはその法則は成り立ちません。

特にその傾向は、都心部で顕著です。

都心は過剰傾向、開業医の失敗案件が多数あり

実際のところ都心部では、開業医の失敗案件が散見されます。

開業して3ヶ月しか経過していないのに、クリニックの承継に出てくる。

そんな「開業して間も無い承継案件」が、グッと最近は増えてきました。

今のところ地方ではあまりその傾向はありませんが、やはり医師が相対的に多い都心部、特に東京ではこの傾向が如実に現れ始めています。

開業すれば勝ち組、お金持ち。

そんな時代は、少なくとも東京に限って言えば、終わりを迎えたと言っても過言ではありません。

銀行も開業医にお金をあまり貸さなくなってきた

事実、銀行も開業医に対しての目線が、シビアになりつつあるようです。

友人の銀行マン曰く、依然として信用の高い医師ですが、それでも昔ほど銀行からみた時の信用余力は、担保されないようです。

結論、昔ほど開業に対する融資が積極的ではないようです。

もちろん、融資条件は相対的なもので、例えば今の時代金利1%で借り入れができて、20年前は金利4%だったなんて話は、意味がありません。金利は時代によって変わるものですから、同じ時間軸の他融資と比べた際にどれだけ優遇されるか、という軸で判断するべきです。

しかしその目線で見た時も、昔ほど特別待遇はされなくなってきた。これが事実のようです。

銀行からすれば、将来的に儲けられる可能性が少なくなってきているならば、取れるリスクも減ってくるのは、仕方が無い事。

仕方がない事といはいえ…なかなか寂しいですね。

これからの開業医は、自由診療とマーケティングが必須

そうなると、もうこれからの開業医は保険診療の外での収益を出すしか、ありません。

具体的には

自由診療

が第一候補でしょう。

自由診療は、保険が効かないため割高になりがちで、場合によっては治療必要性に切迫感が無い(必ずしも必要ではない)場合があります。見た目をよくする美容系は、その筆頭です。

そうなると、重要なのはマーケティングです。

必ずしも買う必要のない、割高のサービスをどうやったら買ってもらえるのか。

そこを勉強し実装しなければ、開業医としては生き残る事はできないでしょう。

この話を聞いて

「そんなのは医療じゃない、あくまで求められる事だけやるんだ」

とおっしゃる先生も、いらっしゃるでしょう。

おっしゃる事はよく分かりますし、まさにその通りだと思いますが、残念ながら日本はもう「そのステージではない」のだと思います。

そんな事を言っていても、メシが食えなければ話になりません。

従業員を雇い、給料を支払う事ができなければ、意味がありません。

この問題の根本は、人口構造です。誰のせいでもありません。自然現象です。

自然現象によって、医療の道徳感も危ぶまれつつある。

この状況を受け入れた上で、どのようなキャリアを歩み、医師として人間として生きていくのか、よく考えなければならない時代に突入した、という事なのでしょう。

最後に

開業すれば勝ち組、という時代は終わりました。

と同時に、安易に開業する事が憚れる時代になりました。

今までの価値観で「開業」を考えると、これからの日本では痛い目にあってしまうかもしれません。

自分の頭でしっかりと考えて、決断し、人生を開拓していく。

これからの医師には、それが求められていると思います。

現役医師連載シリーズ


▼著者
大石龍之介
株式会社ブルーストレージ代表取締役。医師としてクリニックに勤務しながら、不動産投資家としても活動している。

URL:https://bluestorage.co.jp/

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 新築物件で節税効果を狙う!30代勤務医Cさんの不動産投資事例
  2. 40代、勤務医Mさん(年収1140万円)の不動産投資事例
  3. 50代勤務医Bさん(年収2600万円)の不動産投資事例
  4. 投資物件はどう選ぶ? 10年運用シミュレーション・都心の中古ワンルームマンション…
  5. 支払総額はどうなるの?金利の上昇による不安を解消

関連記事

  1. コラム

    不動産投資のやり方・始め方

    不動産投資は時間がかかるの?契約まで手間が多い?初めて不動産投資を…

  2. コラム

    開業以外の道もある! 最近増えている医師の起業とは

    インターネットの普及により勤務医同士の情報交換が容易にできる近頃では、…

  3. コラム

    キャリア? 子育て? 女性医師の働き方を考える

    高度専門職である医師。最近は女性医師の割合が増加傾向にあります。し…

  4. コラム

    東京で不動産投資をするメリットはあるか

    「不動産投資をするなら、地方より東京」といった指南が増えています。…

  5. コラム

    「投資の勧誘電話」をしてくる営業マンは、どこで連絡先を知ったのか?

    不動産・証券などの投資会社から、資産運用を促す「迷惑電話」が来たことは…

  6. コラム

    10年後も管理して貰いたいけど……管理会社倒産に対する不安を解消

    「なるべく長く管理してもらいたいけど、大丈夫だろうか……」不動…

#
keyboard_arrow_up