コラム | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

  1. 【後編/地方在住20代医師インタビュー】「この人なら頼れる」。営業マンとの出会いが購入の決め手に

    都心部の投資用マンションを運用する地方在住オーナーにとっての不安要素は、運用するマンションと居住地が離れていること、土地勘を持っていないこと。安心を得るためには…

    続きを読む →
  2. 【前編/地方在住20代医師インタビュー】常に学び続け自分に合う投資スタイルを見極めること

    インターネットでどこにいてもあらゆる情報が手に入るこの時代。地方に暮らしながら利回りのいい都心のマンションのオーナーとなり資産運用を行う人が増えています。愛媛県…

    続きを読む →
  3. 勤務医と開業医で異なる?節税方法の基本とは

    現在の日本では、所得税や贈与税そして相続税において「累進課税制度」が採用されています。この累進課税制度とは、多くの収入を得ている人や相続する資産の多い人ほど、税…

    続きを読む →
  4. 医療M&Aのメリットと買い手が付くためのポイントは?

    病院の経営立て直しや後継者不在の中で事業承継を実現する方法の一つに「医療M&A」があります。医療M&Aは、買い手にも売却する側にもメリットが多い方法です。地域の…

    続きを読む →
  5. 勤務医にとっての銀行とは?これからの正しい付き合い方と不動産投資のススメ

    銀行と言えば、お金を預けるところ、お金を運用するところ、そしてお金を借りるところと言ったように、私たちのマネーライフに深く関わる存在です。その地位はとても長く続…

    続きを読む →
  6. 【後編/30代医師夫婦×担当営業対談】購入の決め手は還付金の多さ?確定申告で節税効果を実感

    高額所得者の医師にとって不動産投資は節税メリットが大きい投資法です。しかし、金額が大きかったり、リスクに対する不安が拭い去れなかったりと、二の足を踏んでしまう方…

    続きを読む →
  7. 【前編/30代医師夫婦×担当営業対談】30代医師夫婦が子育てしながら不動産投資を始めたワケ

    資産形成や税金対策に有益な不動産投資。高額所得者の医師にとってメリットが大きい投資法であり、始めるタイミングは若ければ若いほうが有利です。とはいえ、仕事が多忙で…

    続きを読む →
  8. 勤務医に向いているマイクロカンパニーで節税する方法

    自分1人でも会社を興すことができる「マイクロカンパニー」が注目されています。高年収の勤務医にとっては「相性がよい」といわれていますがマイクロカンパニーを設立する…

    続きを読む →
  9. 2020年税改正 所得金額調整控除(子ども等)の創設による税負担への影響は?

    2020年分の所得税および住民税については、税制改正の影響を受けた変更点が多く見られます。給与所得者については、どれくらいの影響を受けるのでしょうか。申告の際に…

    続きを読む →
  10. 医療関連の株式銘柄5選

    医師が投資をするなら要チェック!医療関連の株式銘柄5選【2021年版】

    「テンバガー(一〇倍上がる株)を見つけるには、まず自分の家の近くから始めることだ」出典:ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜けこ…

    続きを読む →

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【後編/地方在住20代医師インタビュー】「この人なら頼れる」…
  2. 【前編/地方在住20代医師インタビュー】常に学び続け自分に合…
  3. 勤務医と開業医で異なる?節税方法の基本とは
  4. 医療M&Aのメリットと買い手が付くためのポイントは?
  5. 勤務医にとっての銀行とは?これからの正しい付き合い方と不動産…
keyboard_arrow_up