border_color節税/税金対策

  1. 勤務医をしながら社長に! 法人化で狙える節税効果

    日本の累進課税制度では、高収入の勤務医には高い税金が課せられます。しかし、勤務医のままでは節税策にも限界があり、悩ましい問題です。そこで節税策の一つとしてお…

    続きを読む →
  2. 抜群の節税効果 親子間のクリニック生前承継

    多くの開業医が考えるテーマの一つに「事業承継」があります。事業承継というと、年老いて働く気力や能力が下がってから行うものというイメージがありますが、早い段階から…

    続きを読む →
  3. 時間がない勤務医はいかに資産形成をすべきか?

    多忙な医師が将来を見越して資産を形成しようと考えたとき、実際にどんな方法があるのでしょうか。また勤務医に向いている方法はあるのでしょうか。資産形成を焦り、知人か…

    続きを読む →
  4. なぜ高収入の医師ほど退職後に「お金がなくなる」のか

    病院によっては退職金制度が定まっていなかったり、そもそも制度自体がなかったりするところがあるなど、医師の“退職金事情”は安泰とはいえません。働いているときは所得…

    続きを読む →
  5. 年収1500万円の節税!医師が行うべき税金対策とは?

    年収1500万円以上を稼ぐ医師は、自分がどの程度税金を払っているのか把握していないという人も多いです。そこで、年収1500万円の場合に支払う税金額と、節税方法を…

    続きを読む →
  6. 課税証明書・納税証明書の取得方法と種類について詳しく解説

    住宅ローンや融資などの契約の際に必要になることが多い課税証明書や納税証明書。勤務医の収入は給与所得なので、基本的に税金に関する手続きは勤務先の病院で行われている…

    続きを読む →
  7. 医師なら知っておきたい優遇税制 ~措置法第26条~の基礎知識

    医師の方は開業すれば収入がアップしますが、税金も増えるのが悩ましいところです。医業従事者の所得に関して高い節税効果が期待できると言われているのが、「租税特別措置…

    続きを読む →
  8. 医師でも車の購入を節税に生かすことができる!

    賢い経営者は、車などをはじめとする個人的なもののように思える物品も、節税に利用しています。これは「経営者=事業主」のみが行える節税の手法ですが、医師でも「開業医…

    続きを読む →
  9. 資産の多い医師が知っておくべき生前贈与の基礎知識

    医師は、一般の人よりも高収入であるため、当然ながら資産がたまりやすい傾向にあります。厚生労働省が公表しているデータによると、医師の平均年収は1,200万円を超え…

    続きを読む →
  10. 資産が多い医師なら必要不可欠な知識! 相続の基本的なルール

    誰かが亡くなった時に、その人の財産を受け継ぐことを「相続」と言います。相続には、法律で決められたルールがあり、それに従って財産が分割されます。いざ相続する立…

    続きを読む →

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 知っておいて損はない、初めての海外不動産投資
  2. なぜ医師の資産形成には不動産投資が向いているのか?
  3. 開業を考える勤務医向け 「家族経営」の節税メリット 
  4. 勤務医をしながら社長に! 法人化で狙える節税効果
  5. 50代 整形外科 クリニック院長 年収2,700万円
keyboard_arrow_up