仮想通貨はやっぱりリスキー?不動産投資との比較 | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

仮想通貨はやっぱりリスキー?不動産投資との比較

「仮想通貨と不動産投資、これから始めるならどちらが良いのかな……」

投資の手法には、不動産投資以外にもいくつか種類があります。
それぞれの特徴をおさえ、不動産投資と比較してみましょう。

今回は「仮想通貨」にスポットをあてます。

仮想通貨とは

仮想通貨(暗号通貨)とは、インターネット上で取引されるお金です。これだけ聞くと、「電子マネーも同じでは?」と感じるかもしれません。

両者の決定的な違いは、次の2つです。

仮想通貨 電子マネー
①発行元 なし あり
②発行方法 マイニング(採掘)という行為の対価として発行される。 現金をチャージした対価として発行される。

謎の開発者である「サトシ・ナカモト」氏により「ビットコイン」の仕組みが開発されたのをきっかけに、さまざまな仮想通貨が取引されるようになってきました。有名なところでは「ビットコイン」「リップル」「イーサリアム」、コインチェックの「NEM」流出ニュースも記憶に新しいです。

これら仮想通貨は「ブロックチェーン」と呼ばれる、銀行などの第三者機関を通さずに買い手と売り手が直接取引できる技術のもとに取引されています。

仮想通貨の特徴は?

仮想通貨へ投資する際の特徴として、次のような点があげられます。

〈特徴〉

①値動きの幅が大きい通貨が多い
②まだまだ普及段階
③発行上限が決まっている通貨が多く、出回るほど希少性が増す

これらの特徴をもとに、メリットとデメリットをみてみましょう。

〈メリット〉

・短期的なトレードに向いている
・参入者が少ないため、早めに所有しておくと価値が上がっていく
・誰でも始められる

〈デメリット〉

・値動きの予想が難しい
・取引所の整備が行き届いていない
・法律や税制面が不透明
・まだまだ情報が少ない

仮想通貨は新しい技術のためチャンスが多い反面、リスクも多いと言えるでしょう。また、ネット環境があれば誰でもすぐに始めることができ、金額も1,000円以内でスタートできるため、投資を始めるまでの敷居は低くなっています。

不動産投資との比較

では、不動産投資の特徴と比較してみましょう。

まず不動産投資は、長期的な視点が必要となってきます。

不動産は、所有期間が5年以下で売却する場合「短期譲渡所得」、5年を超える場合は「長期譲渡所得」となり、それぞれにかかる所得税・住民税は5年を境に約2倍となってきます。短期間で売却するとしても、5年以内には売却しない方が良いでしょう。

次に、不動産投資は初期費用が安くありません。目安として、購入総額の1割くらいを想定しておく必要があります。3,000万円の物件なら、初期費用はおよそ300万円となるため、ある程度元手を準備する必要があります。

そして、現時点での不動産投資と仮想通貨投資の1番大きな違いは、「情報の量」といえるでしょう。歴史の浅い仮想通貨は情報量が少ないため、ギャンブルの要素が大きくなっています。それに対して、不動産投資は歴史も長く、様々な情報を集めることができます。事前に情報収拾をしっかりしておくことで、リスクをコントロールすることができます。

また、職業や収入の面でアドバンテージがある場合、その属性の高さを活かして銀行から融資を受けられるため、不動産投資においてとても有利な条件となってきます。そのアドバンテージは活かすべきでしょう。

不動産投資と仮想通貨の関係

最近では、不動産投資を仮想通貨でおこなう人が増えています。仮想通貨で成功した場合、そのまま所持しているよりも不動産に変えた方が資産価値は高く、リスクの観点からも安定した投資にシフトすることができるからでしょう。

また、今後不動産投資にもブロックチェーンの技術が普及していく流れがあり、普及後は不動産業者を仲介とせず、直接取引が行われるようになっていくことが予想されます。

こういった世の中の流れにも目をむけつつ、自分のスタイルにあわせてじっくり資産を増やせる不動産投資を進めていきましょう!


不動産運用セミナーTOPはこちら

不動産運用セミナーTOP

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 30代、勤務医、Aさん(年収1700万円)の不動産投資事例
  2. ワンルーム投資の視点でみる法律や条例【民泊新法編】
  3. 利回りはどうなるの?家賃の下落による不安を解消
  4. 仮想通貨はやっぱりリスキー?不動産投資との比較
  5. 40代、勤務医、Wさん(年収3000万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. コラム

    投資物件の探し方|収益物件を見極めるポイントとは

    実際に不動産投資を始める際には、収益が見込める物件を見つけるところから…

  2. コラム

    資産の多い医師におすすめのプライベートバンク

    富裕層向けの「プライベートバンク」の勢いが日本でも活性化しています。皆…

  3. コラム

    節税方法としての確定拠出年金iDeCo

    節税を考えたことがある方であれば、一度は「iDeCo(イデコ)」という…

  4. コラム

    勤務医をしながら社長に! 法人化で狙える節税効果

    日本の累進課税制度では、高収入の医師(勤務医)には高い税金が課せられま…

  5. コラム

    「安易な不動産投資」で大損しないために…プロが語らない3つのポイント

    投資物件の購入をすすめる不動産業者は、いつも誠実に説明をしていますが、…

  6. コラム

    医師が不動産投資で節税を行うなら減価償却がキーポイント

    勤務医として働いている医師の節税対策を考える際、「不動産投資が最適」と…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 30代、フリーランス、Kさん(年収1700万円)の不動産投資…
  2. 知っておきたい、開業医の確定申告と節税対策
  3. なぜ医師は高所得なのにお金が残りにくいのか 出費をコントロー…
  4. 「医師と不動産投資の相性がよい」といわれる5つの理由とは
  5. 30代医師が50~60代になった時も、本当に高級取りで裕福な…
keyboard_arrow_up