border_colorCOLUMNコラム

多忙を極める医師のワークライフバランスについて考える

「働き方改革」が提唱されている影響か、ワークライフバランスを重視する人が増えています。医師は高収入を得られる職種ですが、絶えず緊張しながらの長時間労働など、肉体的にも精神的にも負担が大きいというイメージもあります。働き続けるためには、患者のことはもちろん、自分の生活を確立させ、心身ともに健康であることが重要です。いま一度医師のワークバランスについて考えてみます。

ワークライフバランスとは?

内閣府は「仕事と生活の調和」推進サイト上で「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」を記載しています。そこから一部抜粋すると下記の通りです。

「我が国の社会は、人々の働き方に関する意識や環境が社会経済構造の変化に必ずしも適応しきれず、仕事と生活が両立しにくい現実に直面している。(中略)仕事と生活の調和と経済成長は車の両輪であり、若者が経済的に自立し、性や年齢などに関わらず誰もが意欲と能力を発揮して労働市場に参加することは、我が国の活力と成長力を高め、ひいては、少子化の流れを変え、持続可能な社会の実現にも資することとなる。」

要は、仕事と生活の両方を充実させることができる社会を目指すということですね。「仕事と生活の両立」と言っても、ハードワークの医師には簡単なことではありませんが、ここでワークライフバランスの取れた医師のAさんと、苦労している医師のBさんのケースを見てみましょう。
Aさんの病院は1人の患者に対して複数のメディカルスタッフが連携して治療にあたる「チーム医療」を導入・実践しています。包括診療医として主治医をサポートする立場で働くAさんは9時から5時まで働き、ほぼ残業もなく、深夜に呼び出されることもありません。そのため、夕方以降や休日は家族と共に過ごす時間を楽しみ、日々充実した生活を送っています。
一方、女医のBさんは夫も医師の夫婦医師であり、子育てもしているため多忙を極めています。夜勤や休日出勤もあるうえ、家事や育児をさぼることもできないため、ほぼ“自分の時間”はありません。そのため、いつも疲れていて、口癖は「あぁ疲れた……」。Bさんはワークライフバランスを考える時期かもしれません。

転職する、または開業するという選択肢

具体的にBさんがワークライフバランスを考えて、現在の生活を改善しようとした場合、どのような選択肢があるのでしょうか? ここでいくつか考えてみましょう。
1つは「転職する」という方法です。病院にもそれぞれ個性があり、Aさんのようにチーム医療を導入して、メディカルスタッフ一人一人の負担を軽減しようと努めている病院もあります。また、保育園施設を付属している病院や育児と両立するため時短制度を導入している病院もあるため、そういう病院に転職できれば「育児」の負担は減る可能性があります。
厚生労働省は女性医師向けの相談窓口も設けているため、ワークライフバランスに悩んでいる方は一度、窓口に相談してみるという方法もあります。
他にも、「開業する」という方法もあります。勤務している病院を辞めて、自分でクリニックを開業すれば、働く時間や病院内の制度は全て自分で決めることができます。そのため、ワークライフバランスも自分が思い描く通りに実現しやすいでしょう。ただ、開業は多額の資金がかかる“ハイリスク”な方法のため、事前にしっかり検討することが不可欠です。

病院以外で、医師としての経験を生かす

転職にしても、「他の病院に移る」だけではなく、他の選択肢もあります。たとえば、メディカルドクター(MD)。主に製薬会社やCRO (Contract Research Organization=開発業務受託機関)の専門職医師であるMDは、常に一定の需要があり、医師免許を活用することができます。福利厚生も完備されているケースが多く、制度が整っているため、ワークライフバランスを描きやすい職場の1つと言えるでしょう。ただし、MDの場合は英語力やマネジメント能力を求められる場合があるので、転職を考える際には自分の能力や適性を冷静に分析してから動くことをおすすめします。
保険会社の社医という選択肢もあります。生命保険会社に所属して保険を引き受ける際の診断・査定や保険金支払い時の査定などを行う医師であり、主な業務は保険申込者との面談、保険金請求書診断用紙の確認などです。オンコールもなく、制度が整っている場合があるので、MDと同様にワークライフバランスは取りやすいものの、病院と違ってサブ的なポジションとなるため、一長一短ですが、立場はがらりと変わります。
また、産業医になることも考えられます。事業場において労働者の健康管理などを専門的な立場から指導・助言する医師で、労働安全衛生法により一定の規模の事業場には産業医の選任が義務付けられているのでニーズがあります。ただ、医療行為は行えないため、医師として活躍してきた人にとってはやりがいを感じられないこともあるようです。

まとめ

ワークライフバランスを考えることは人生を充実させるうえで重要なことです。医師としての仕事にやりがいを感じ、第一線で働くことがすべてと考えている人も多いと思います。しかし、何か違う、しんどいと感じ始めたときは、一度立ち止まり、自分のワークライフバランスを考えてみることも必要です。医師にも選択肢はいろいろあり、働き方は多様化しています。

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 融資は交渉できるの?融資交渉時の基本テクニック!
  2. 10年後も管理して貰いたいけど……管理会社倒産に対する不安を解消
  3. 大地震がきたらどうしよう……天災に対する不安を解消
  4. 節税効果はどれだけあるの?不動産投資1年目の確定申告をシミュレーション!
  5. 50代、勤務医、Sさん(年収3600万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. コラム

    不動産投資の融資を受けるための審査のポイント

    不動産投資を行う場合、100%自己資金で不動産を購入することはおすすめ…

  2. コラム

    勤務医が節税するための方法

    総合病院などで働く勤務医は年収も高く、源泉徴収票をみると多額の所得税・…

  3. コラム

    不動産投資が医師におすすめな理由と注意すべきこと

    数ある投資のなかでも、特に医師におすすめなのが不動産投資です。医師…

  4. コラム

    株、FX、太陽光発電……メジャーな投資に潜むリスクとは?

    不動産以外にも株、FX、太陽光発電など投資対象はさまざまです。しかし、…

  5. コラム

    不動産投資における節税の仕組みと効果

    不動産投資を行う上で、多くの目的は「収益を得ること」が一番となりますが…

  6. コラム

    医師が不動産投資で失敗しないために知っておくべきこと

    不動産投資で成果をあげることができる人は、そこに存在する「リスク」も知…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 知っておいて損はない、初めての海外不動産投資
  2. なぜ医師の資産形成には不動産投資が向いているのか?
  3. 開業を考える勤務医向け 「家族経営」の節税メリット 
  4. 勤務医をしながら社長に! 法人化で狙える節税効果
  5. 50代 整形外科 クリニック院長 年収2,700万円
keyboard_arrow_up