なぜ、不動産投資を行う医師が多いのか? | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

なぜ、不動産投資を行う医師が多いのか?

なぜ、不動産投資を行う医師が多いのか?

株、FX、太陽光発電など、投資手法はさまざまですが、医師にとって最も理想的な資産形成術は「不動産投資」です。実際、近年不動産投資を行う医師が急増しています。
それはなぜなのか。
人気の秘密に迫ります。

手間がかからない

大半の医師は、「本業が多忙すぎて投資どころじゃない」と考えています。たしかに、株やFXなど、しっかりとチャートを見て売りどきと買いどきを見極めていく必要がある投資とは、相性が悪いといえます。
しかし、不動産投資であれば、手間がかかりません。物件購入して管理会社に任せてしまえば、他にすることはほとんどないほどです。管理会社に委託していれば、入居者からのクレームが直接来ることはありませんし、物件のメンテナンスも自分の手を動かすことはありません。
また確定申告なども、業者や税理士に依頼すれば手間にならないでしょう。
つまり極論をいえば、「購入後は通帳に入ってくるお金を眺めているだけでいい」といえるのです。

融資を受けやすい

不動産投資のメリットの一つに「レバレッジ」というものがあります。これは「てこの原理」を意味しており、「少ない資金で大きなお金を動かす」ことです。自分のお金を出さずとも、金融機関からの融資を受けることで、何千万〜億円単位の物件を買うことができるのです。

医師は、一般の会社員と比較して圧倒的に収入が高く、専門職であるため将来的に収入が大きく下がることも考えにくいといえます。そのため、金融機関からの信用力が極めて高く、好条件で融資を受けることが可能です。

“融資を制するものが不動産投資を制する”という言葉もあるほど、世の中の不動産投資家は「どうにか良い条件で融資を引けないか」と四苦八苦しています。
そんななか、特権階級である医師は、すでにスタート地点で大きく差をつけて勝負の土俵に立つことができるのです。

節税効果がある

不動産投資は「節税対策にもなる」というメリットもあります。不動産投資の収入は不動産所得として計算されますが、経費などがかさんで赤字が出た際には、所得税を減らすことができるのです。しかもローン金利や建物管理費など実にさまざまなものが経費扱いされるので、効果的に節税を行っていくことができます。
本業の給料明細を見て「こんなに税金を払っているのか」とショックを受ける医師も多くいます。そんな医師にとって、不動産投資による節税は非常に有益だといえます。

相続税対策にもなる

相続税は2015年1月1日から改正となり、課税対象が倍近くに増えました。医師をはじめとする高所得者の場合、相続する資産が1億円を超えることも多々あり、頭を悩ませている人が多いのが現状です。

不動産投資は、相続対策としても活用できます。購入時の金額の5分の1前後に相続評価額を圧縮することができるのです。現金や株などで資産を保有しておくよりも、投資用不動産に変えておくほうが節税につながりやすく、医師に人気の理由の一つとなっています。


不動産投資セミナーTOPはこちら
不動産運用セミナーTOP

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 40代、勤務医、Wさん(年収3000万円)の不動産投資事例
  2. 【ワンルーム投資の視点で見る法律や条例】失火責任法
  3. 融資は交渉できるの?融資交渉時の基本テクニック!
  4. 仮想通貨はやっぱりリスキー?不動産投資との比較
  5. 50代勤務医Bさん(年収2600万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. ワンルーム投資の視点でみる法律や条例【民泊新法編】

    コラム

    ワンルーム投資の視点でみる法律や条例【民泊新法編】

    不動産投資を行うにあたり、法律や条例の知識も必要となります。不動産…

  2. ビフォーコロナ/アフターコロナ…変わらない都心の不動産価値の強み

    コラム

    ビフォーコロナ/アフターコロナ…変わらない都心の不動産価値の強み

    コロナが不動産の価値に影響を与えていそう…と考えている人の中には、これ…

  3. コラム

    経費はどこまで計上できるか?基本を押さえて賢く節税を

    「経費で落とす」「経費にする」という言葉をよく耳にします。でも、“どこ…

  4. コラム

    若い医師こそ知っておくべき投資についての考え方を解説!

    将来のための貯蓄や、開業のための資金対策を行うのは「早ければ早いほどよ…

  5. コラム

    【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.4

    医師の方と一緒に資産形成や税金対策を学んでいくスペシャルコンテンツ。…

  6. コラム

    【ワンルーム投資の視点でみる法律や条例】借地借家法編

    不動産投資を行うにあたり、法律や条例の知識も必要となります。不動産…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【後編/地方在住20代医師インタビュー】「この人なら頼れる」…
  2. 【前編/地方在住20代医師インタビュー】常に学び続け自分に合…
  3. 勤務医と開業医で異なる?節税方法の基本とは
  4. 医療M&Aのメリットと買い手が付くためのポイントは?
  5. 勤務医にとっての銀行とは?これからの正しい付き合い方と不動産…
keyboard_arrow_up