border_colorCOLUMNコラム

どこを見ればいいの?レントロール確認時の基本テクニック!

「購入を検討している物件、すでに住んでいる人がどんな人なのか気になる……」

不動産投資をはじめようと物件を探していると、すでに入居者がいる物件をすすめられることがあります。そんな時、入居者がどんな人なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、入居者のチェックに使う「レントロール」について紹介していきます。

レントロールとは?

レントロールは、部屋ごとの家賃・敷金や契約日・契約期間などの賃貸条件が記載されている資料です。職業や年収など、入居者の属性が記載されている場合もあります。

1枚の用紙にまとめられていることが多く、不動産の購入前に不動産業者へ依頼をすると見ることができます。

一棟まるごと購入する場合は全部屋の情報が、ワンルームの区分所有であれば購入を検討している部屋の情報を取り寄せることができるでしょう。

なぜチェックした方がよいの?

不動産投資をする上で、「入居者」の情報は重要な要素のひとつです。

購入前に確認をすることで、その物件の収益力や抱えているリスクについて、ある程度予測をたてることができます。物件選びで失敗しないためにも、レントロールは必ずチェックしてみましょう。

チェックすべきポイント

それでは、レントロールの見方について紹介していきます。

①契約名義

契約の名義が個人ではなく法人だとしたら、注意が必要です。法人が借り上げ社宅として利用している場合、経営方針の変更などにより、急に退去されてしまうケースも実在します。また、社員間で利用者が頻繁に入れ替わる可能性もあり、その場合のデメリットについても想定しておきましょう。

②家賃

近隣の家賃相場と比べて適正かどうかを確認しておきましょう。相場からかけ離れている場合は、何かしらの理由があると考えられます。

③敷金や礼金

物件探しのポータルサイトを事前にチェックしておき、まわりにある同条件の物件の敷金などを確認しておきましょう。まわりの物件よりも敷金・礼金の設定が低いのに空室となっているようならば、その物件の競争力が低いと考えられます。

④入居時期

入居時期が直近である場合、売主が売りやすくするために知人などを住まわせている場合もあるようです。家賃相場より高い家賃なのにもかかわらず入居の日付が直近ならば、疑ってみたほうが良いかもしれません。

・過去記事「見せかけの入居者……高利回り物件に潜む落とし穴!?」
https://ft-academy.jp/2018/03/07/high_yield_risk/

⑤入居期間

ワンルームマンションの入居者で大部分を占めるシングルの入居期間は、一般的に4年と言われています。3年以上、もしくは4年を超えている場合は近いうちに引っ越してしまうリスクを想定しておかなければなりません。
長年住んでいた入居者が退去する場合、原状回復にかかる費用と次の入居者募集のための広告費に加え、今までより家賃を下げることも視野に入れる必要があります。

⑥費用

オーナーが負担する費用が記載されている場合があるので、ここもチェックしておきましょう。具体的には町内会費などで、レントロール内に記載がなくても支払いが発生する場合があります。

レントロール以外にも目を向ける

シンプルな内容であるレントロールですが、見方を知っていればさまざまな情報を得ることができます。注意点として、売主にとって都合のいいポイントのみ記載されていることも多いようなので、客観的かつ正確な事実のみが記載されている「物件概要書」もチェックしておくとよいでしょう。また、書類だけでなく実際に物件を見にいくことで、得られる情報もあります。

目の前にある不安をひとつずつ解消し、有利な不動産投資をスタートさせましょう!

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 豊かなドクターが必ず持っている金融リテラシーとは?
  2. 40代 循環器内科 勤務医 年収2,000万円
  3. 投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 郊外の築古ワンルームマンション編…
  4. もううんざり……不動産投資の電話営業
  5. 40代、勤務医、Uさん(年収2400万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. コラム

    資産形成は40代からでも間に合う! そのためには何を選択すべきか?

    資産形成のスタートは早いほどリスクが低くなります。とはいえ、一般的…

  2. コラム

    ふるさと納税の手順を解説

    自治体からの返礼品が豪華になり、総務省から各自治体に「返礼品の比率を寄…

  3. コラム

    アパート経営に投資することのメリット

    投資家は各々の興味やリターン率の良さ、その投資に見出した駆け引きの奥深…

  4. コラム

    医師が投資に失敗するパターンを紹介

    「こんなはずじゃなかった……」。資産を増やそうと思ってはじめた医師が投…

  5. 豊かなドクターが必ず持っている金融リテラシーとは?

    コラム

    豊かなドクターが必ず持っている金融リテラシーとは?

    医師のなかでも豊かな人とそうでない人とに二極化していることは、「医師=…

  6. コラム

    相続税を不動産投資によって節税する方法

    個人・法人に関わらず、所得がある場合は国や市町村に対して税金を納めなけ…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 期限ギリギリ…駆け込み申告で大失敗!確定申告でやりがちなミス…
  2. 勤務医が今からできる資産形成とは? 税理士法人代表×不動産会…
  3. 「私はコレでキャッシュを残しました」不動産投資で大幅節税に成…
  4. 地震、火災…「災害」が起きた場合、投資した不動産はどうなる?…
  5. 重い税負担も…開業医は税務調査で「何を」調べられるのか?
keyboard_arrow_up