border_colorCOLUMNコラム

独立・開業する準備金、他の医師はどうやって集めている?

独立・開業する準備金、他の医師はどうやって集めている?

医師にとって「独立・開業」とは、自身の目指す医療を実現するための大きな夢の一つといえるでしょう。しかし、準備金が膨大にかかるのがボトルネックです。ここでは、一般的にどういった方法で独立・開業の準備金を医師が集めているのか紹介しましょう。

開業資金の平均はどれくらい?

他の業界と比べても、医師の開業には多額の資金が必要とされます。
医院開業支援を行なっているFPサービス株式会社によると、診療科目別の開業資金の目安は以下のとおりです。

  • 内科クリニック  土地・建物で約3000万円〜、設備で約2500万〜3500万円
  • 皮膚科クリニック  土地・建物で約1500万円〜、設備で約500万円(ただし各種レーザー機器を導入しない場合)
  • 心療内科・精神科クリニック  土地・建物で約1000万円〜、設備で約400万円〜
  • 小児科クリニック  土地・建物で約3000万円〜、設備で約1000万円
  • 産婦人科クリニック  土地・建物で約3000万円〜、設備で約2000万円
  • 眼科クリニック  土地・建物で約3000万円〜、設備で約2000万〜4500万円
  • 耳鼻咽喉科クリニック  土地・建物で約3000万円〜、設備で約2000万〜2500万円
  • 整形外科クリニック  土地・建物で約3000万円〜、設備で約1900万〜2500万円
  • 外科クリニック  土地・建物で約3000万円〜、設備で約1500万円

参考:https://www.doctorsupportnet.jp/kamoku/

いまだに預貯金するドクターが大半の現実

日本人は他国と比べて「現金・貯金」志向が強いといえます。
日本銀行調査統計局の「資産循環の日米欧比較」によると、日本人の資産構成は現金・預金は52.4%。これはアメリカの13.8%、ユーロ圏の34.4%を大きく上回る数字です。

この現金・貯金志向は、医師でも変わりません。
リクルートドクターズキャリアの「医師のお金大調査」によると、「資産のうち投資額の割合」を聞いたところ、「0円」と回答した医師は、なんと「41.3%」でした。
回答のなかには、「投資してみたいがどんなものが初心者に向くか分からない」「投資の勉強をしたいが難しい」「貯蓄しても増えることはないが、投資は怖い」など、投資に対して関心があるものの知識不足に悩んでいたり、漠然と恐れていたりする人がいることがわかります。
参考:https://www.recruit-dc.co.jp/contents_feature/no1608a/

ここから、独立・開業の準備資金も多くは預貯金から捻出したのではないかと推察できます。年収が高い医師ならではといえるでしょう。

預貯金は必ずしも安全ではない

しかし、預貯金をしているだけでは、現在の日本の超低金利を考えると、お金は増えていきません。ほとんどの銀行では、普通預金の金利は0.01〜0.02%です。これでは、たとえ1000万円を預けていても年間で100円しか利子がつかないことになります。

また、預貯金の不安材料はほかにもあります。
それは「インフレ(物価上昇)リスク」です。仮に10000円で買えていた物が15000円に値上がりすると、10000円の価値が3分の2に目減りすることになります。つまり、預金していれば、額面上の元本割れは起こしませんが、物価が値上がりした分だけ事実上は元本割れしていることになります。

インフレに対して最も脆弱な資産は、預貯金といわれています。
たとえば、これが「不動産」であれば、インフレに合わせて価格が上昇していきますが、定期預金の金利は増えることはありません。
したがって、インフレリスクの観点から見ても預貯金はおすすめできないのです。

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 30代、勤務医、女性Rさん(年収1300万円)の不動産投資事例
  2. 40代、勤務医、女性Pさん(年収2000万円)の不動産投資事例
  3. 【ワンルーム投資の視点で見る用語解説】不動産投資でかかる税金編
  4. この入居者、大丈夫かな……家賃滞納に潜む落とし穴
  5. 10年後も管理して貰いたいけど……管理会社倒産に対する不安を解消

関連記事

  1. コラム

    医師ならではの年金制度を解説!老後の備えは万全に

    老後のことは考えずに毎日楽しく生きていきたいものですが、避けては通れな…

  2. コラム

    投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 郊外の中古ワンルームマンション編

    「郊外エリアの中古物件が気になるけど、都心エリアとの違いはどうなんだろ…

  3. コラム

    子どもの習い事はいつから始めて何を習わせればいい?

    どんな習い事をさせるかを考える前に、まずは何歳から始めたら良いのかを考…

  4. コラム

    【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.4

    医師の方と一緒に資産形成や税金対策を学んでいくスペシャルコンテンツ。…

  5. コラム

    【ワンルーム投資の視点でみる法律や条例】借地借家法編

    不動産投資を行うにあたり、法律や条例の知識も必要となります。不動産…

  6. コラム

    税理士が解説!勤務医の確定申告の基礎

    医師の中でも勤務医は一般のサラリーマンと同じく、勤め先の病院やクリニッ…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師連載コラム】輪島市の新生児死亡、防ぐためにできる事…
  2. 【現役医師の投資履歴】最初の物件購入~現在 ≪後編≫
  3. 【現役医師の投資履歴】初期研修医〜後期研修医 ≪前編≫
  4. 将来への投資?富裕層である医師が力を入れている子どもの習い事…
  5. 【現役医師連載コラム】なぜ不動産が相続税対策になるのか?
keyboard_arrow_up