border_colorCOLUMNコラム

やっぱり株式投資が王道?不動産投資との比較

「株式と不動産、自分にはどちらの投資が向いているのかな……」

投資の手法には、不動産投資以外にもいくつか種類があります。
それぞれの特徴をおさえ、不動産投資と比較してみましょう。

今回は「株式投資」にスポットをあてます。

株式投資とは

企業が創業するとき、会社を大きくする時、何か新しいサービスを始めようとする時など、多くの資金が必要となります。それが手元にあるお金だけでまかなえない場合、投資家などへその企業のオーナ権利として「株」を発行し、買ってもらいます。こうして企業は必要資金を調達し、その見返りとして毎年利益の一部を「配当金」や「株主優待」として株主へ還元しているのです。

成長するか・安定的に利益を出し続けるかといった視点から企業を見極め、そこに出資するのが株式投資なのです。

株式投資の特徴は?

それでは株式投資の特徴をみていきましょう。

〈特徴〉
①株価が毎日変動する
②配当金・株主優待がある
③価値が0になる可能性がある

これらの特徴をもとに、メリットとデメリットもみてみましょう。

〈メリット〉
・少額から投資をすることが可能
・配当金による定期的な収入
・株主優待による付加価値の恩恵

〈デメリット〉
・外的要因の影響を受けやすい
・価格変動の幅が大きい
・企業の倒産により、価値が0になる

前回のFXと同様、株式投資も銘柄によっては比較的少額の資金でスタートすることができます。目安として5万円の用意があればいくつか選択肢も持てるでしょう。

過去記事:FXは玄人向け?不動産投資との比較
( https://ft-academy.jp/2018/05/11/fx/ )

しかし、株式投資では一度に売買できる数が定まっている場合があります。この制度を「単元株制度」といい、たとえば「売買単位100」といった記載がある株式は一度に最低100株の株式を売買する必要があります。一株あたり3000円であれば最低取引金額は「100円×3000株=30万円」となるのです。

これに対し、ネット証券数社が取引時の最低株式数を下回る数で取引ができるサービスを提供しており、「ミニ株」などの名称でよばれています。このサービスでは、最低1株から取引可能なものもあるため、初期投資額を低くスタートすることが可能となります。

株式投資でもレバレッジを効かせることができ、これを「信用取引」といいます。取引金額の30%を委託保証金として差し入れ、3倍までの取引ができるといった具合です。FXのレバレッジ効果が元金の最大25倍なので、こちらと比較するとその効果は小さくなっています。

流動性の面では、証券取引所が開いている平日の9〜15時のあいだが取引時間となり、ネット証券なら24時間注文を出すことも可能となっています。

株式投資の大きな特徴である「価格の変動」については、銘柄によって1日で2〜3割変動することもあるため、チャンスが大きい分、リスクも大きくなります。

不動産投資との比較

それでは、不動産投資の特徴と比較してみましょう。

不動産投資は投資する物件の1割を初期費用として見込んでおく必要があるため、スタートのしやすさといった点では株式投資のほうが低い金額で可能となります。

比較の上で注目すべき点はレバレッジです。株式投資やFX、仮想通貨へ投資をしたいといっても、銀行は融資をしてくれません。しかし投資の対象が株式で、その物件が収益性の見込めるものであれば、銀行から融資を受けることが可能となります。なんらかの投資をする際、リスクをとってレバレッジをかけようと思うのであれば、職業や収入など「属性」のアドバンテージも活かせる不動産投資が有利といえるでしょう。

大まかな視点でみたそれぞれの投資スタイルとしては、外的要因による金額の変動と流動性の観点からみて、FXと同じように株式投資のほうが日々の時間をかける必要性があるといえます。

自らの強みを活かせる投資手法選択を!

さまざまな投資手法において、「目的を明確にすること」は共通する重要事項です。また、それぞれの手法に合わせた情報の収集も必要不可欠となってくるでしょう。

投資をする目的に「利益をあげること」が含まれるのであれば、自らの強みを活かせる投資手法を選ぶことがより多くの利益を得ることにつながります。

自らの強みについてしっかりと把握し、それを最大限活かせる投資をスタートさせましょう!

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 20代歯科医Eさん(年収1300万円)の不動産投資事例
  2. 賃料はあげられる?賃料値上げの基本テクニック
  3. 売りたい時にいくらで売れるの?売却価格下落の不安を解消
  4. 仮想通貨はやっぱりリスキー?不動産投資との比較
  5. 支払総額はどうなるの?金利の上昇による不安を解消

関連記事

  1. コラム

    【ワンルーム 投資の視点で見る用語解説】媒介契約編

    不動産投資を行うにあたり、普段見慣れない専門的な用語を目にする機会が増…

  2. その物件、瑕疵物件かも……リノベーションに潜む落とし穴!?

    コラム

    その物件、瑕疵物件かも……リノベーションに潜む落とし穴!?

    不動産投資物件の購入を検討する際、事前の情報収集と合わせ購入を考えてい…

  3. コラム

    老後2,000万円問題は他人ごとではない! 不動産投資は老後資金作りにも有効

    「安心して老後を暮らしたい」というのは、誰もが思うことで、これは医師も…

  4. コラム

    医師に人気の資産形成の方法とは?

    医師の資産形成としてまず考えたいのは「投資」です。投資には、保険、証券…

  5. コラム

    【ワンルーム投資の視点で見る法律や条例】失火責任法

    不動産投資を行うにあたり、法律や条例の知識も必要となります。不動産…

  6. コラム

    医師が不動産投資プラスアルファで不労所得を得る方法

    不動産投資は医師に向いているといわれる資産運用法の一つです。今回はそれ…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 期限ギリギリ…駆け込み申告で大失敗!確定申告でやりがちなミス…
  2. 勤務医が今からできる資産形成とは? 税理士法人代表×不動産会…
  3. 「私はコレでキャッシュを残しました」不動産投資で大幅節税に成…
  4. 地震、火災…「災害」が起きた場合、投資した不動産はどうなる?…
  5. 重い税負担も…開業医は税務調査で「何を」調べられるのか?
keyboard_arrow_up