【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合わないと思う勤務医 | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

いくら年収が高いといっても激務で割が合わないと思う勤務医

【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合わないと思う勤務医

現在医師人気が高く医師人口は増えてきております。また、国も医師の絶対数を増やすために新規の医学部を増設したりなどの制作をしている今日この頃です。

人気の理由としては医師という仕事は平均給与が高い職業であるというのがまずは大きいでしょう。

しかし、そんな中でも医師という職業は「大変そう」、「まったく寝ていなさそう」などというイメージがある方も多いと思います。では時給換算するとどうでしょうか?

おそらく、医師(勤務医)の方で激務の方は一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

医師という職業は年収はだいたい1000万~2000万くらいに収まっている方が多いと思います。

しかし、時給換算で見てみたら働き方によっては雲泥の差があると思います。

医師は勤務先によって時給が全く異なってくるので今回はこの「時給」という観点からコメントしていきたいと思います。

時給が高ければ少ない時間でも高収入になるので、それだけQOLが高くなるため非常に気にされる方も多いと思います。

今後医師になる方でこの記事を読んでくれる方にはその辺が参考になればと思います。

大学病院に勤務する医師の時給

まず圧倒的に時給が低いのは何を言おう、大学病院です

実は現在、私は某大学病院に勤務しています。そこは他の大学病院よりは給料が高い部類に入りますがそれでもこんなもんなのかという感じで見ていただければと思います。

まず、時給を低くさせている理由の一つはそもそも勤務時間に制限がないことです。

現在、働き方改革により医師も勤務時間が管理される流れになってきている中で、まだ導入していない病院もあります。

もともと給料が他の市中病院などに比べて低いのにさらに勤務時間に制限がなければ時給もどんどん低くなります。さらに土日も普通に出勤します。もうなんとなくとんでもない時給になるのは予想できますよね(笑)

で、具体的な数値は公表できませんがざっくり計算した一ヶ月の給料で出した時給としては1300円くらいですね(笑)多分、普通のサラリーマンより低いんじゃないですかね?

ちなみに、当直は1回1万円ですがこれも時給換算すると800円くらいです。病院にあるファミリーマートで働いたほうが高いです(笑)

こうやって考えると何でそんなところで働くの?って疑問がもちろん生まれますよね。

そう、大学病院は設備が整っているし、貴重でまれな症例が集まってきやすいのでやりがいがあるんです。それ以外で大学にいる意味はないです。

正直僕ももう少し医療を楽しんだら、すぐにでも大学病院はやめようと思っています。さすがにこんな給料では人生医者で終わってしまいますからね(笑)

勤務医のアルバイト、フリーランスとしての働き方

では、そんな大学病院の医者たちは他に抜け道はないのでしょうか?

あるんです。それがよく言うバイトというやつですね。

非常勤で行く仕事は給料が高く時給もそこそこ高いです。さらに勤務時間も必ず決まっているので残業という二文字は絶対にありません!

実際のところ時給1万円くらいの仕事がほとんどだと思います。

正直バイトだけの生活でも十分裕福な生活はできますし、むしろその方がQOLはずっと高いです。

実際にどこの病院にも所属しないフリーランスの医者が存在するのも確かですし、そういった働き方も今の時代はありだと思っています。

現在、芸能界の方々も事務所をやめてYou Tubeを始める人も増えてる時代ですからね。

勤務医として働く医師の行き着く先に市中病院

さて、そんなこんなで若い時に給料・時給についての事情がわかった医師が行き着くところがやはり市中病院が多いですね。

さらにもっとゆったり過ごしたいという方であれば療養型病院に勤務される方も多いです。

この手の病院であれば、まずもって1800万くらいの年収かつ勤務時間がしっかり守られているところが多いので時給換算してもそれなりの高時給になってきます。

勤務医のライフワークバランス

このように勤務先を変えるのを考慮し始めるのはだいたい結婚して子供ができたタイミングが多いかと思います。

いままで、バリバリ働いて時給なんぞ気にしなかった者も、子供ができると時給という言葉を意識し始めるんですね。

実際、私も現在子供が2人います。

朝7時には家をでて帰ってくるのは夜21時過ぎがほとんどです。土日も変わらずいつも仕事です。休みは月にあって2日。

正直パパが育休とる世の中になってきている中でこれはやばいですよね。

早く職場を変えなきゃと日々思っています(笑)

最後に

医師は仕事につくのが最短でも24歳からです。

普通の職業より圧倒的に遅い分、働き始めは時間に関しては無頓着な人が多いですね。これからは時間を意識した働き方をしてきましょう。

どの仕事でも「時給」という概念は目の前の高収入というワードより非常に重要だと思っています。

人間には寿命があります。時間という縛りからは逃れる事ができないのです。

お金にも時間という概念を加えましょう。これからは時給を大事にしましょう。

余った時間で自分のスキルを磨くことでより時給の高い仕事にたどり着くことができますし、また、お金で買うことのできない貴重な時間を作ることができます。大事な人のために。

激務な勤務医から抜け出すために、まずは自分の時給が低いことに気付くことと大切なものを失っていることに気付くことが第一歩です!

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 融資は交渉できるの?融資交渉時の基本テクニック!
  2. 効果的な修繕方法って?リノベーション時の基本テクニック!
  3. 利回りはどうなるの?家賃の下落による不安を解消
  4. 30代、勤務医、女性Mさん(年収2700万円)の不動産投資事例
  5. 30代、勤務医、女性Rさん(年収1300万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. コラム

    不動産投資における「収益還元法」とは

    条件が整った投資向け不動産物件。大きな投資金額となるため、「これは良い…

  2. コラム

    北海道リレーインタビュー VOL.3 井上哲先生(北海道大学大学院歯学研究院 教授)

    北海道で活躍されている医師の方にインタビューを行い、ご自身の取り組まれ…

  3. コラム

    開業医が抱えやすい「患者が来ない!」という悩みをどう解決する?

    開業医として成功するためには、患者さんが来ない問題への対処を早めに講じ…

  4. コラム

    ギャンブル好きだった勤務医が「堅実な資産運用」に目覚めたワケ

    病院に勤務する医師の平均年収は、1200万円~1400万円ほどといわれ…

  5. コラム

    不動産投資における地震のリスクと地震保険

    日本で不動産投資を検討する際に気になるのは地震の問題ではないでしょうか…

  6. コラム

    時間がない勤務医はいかに資産形成をすべきか?

    多忙な医師が将来を見越して資産を形成しようと考えたとき、実際にどんな方…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【後編/地方在住20代医師インタビュー】「この人なら頼れる」…
  2. 【前編/地方在住20代医師インタビュー】常に学び続け自分に合…
  3. 勤務医と開業医で異なる?節税方法の基本とは
  4. 医療M&Aのメリットと買い手が付くためのポイントは?
  5. 勤務医にとっての銀行とは?これからの正しい付き合い方と不動産…
keyboard_arrow_up