不動産投資入門 | 勤務医ドットコム - パート 5

border_color不動産投資入門

  1. 勤務医は何故「いつまでもお金を貯められない」のか?

    勤務医として働いている医師の平均年収は1200万円~1500万円といわれています。世間一般からすると高収入であることは間違いありませんが、実はこのあたりの年収が…

    続きを読む →
  2. 怪しい不動産営業マン「要注意フレーズ」3点

    「不動産営業マン」といっても様々。非常に親身になってアドバイスをしてくれるケースもあれば、ただ売りつけるだけで、あとは「ほったらかし」にされる場合もあります。後…

    続きを読む →
  3. 「安易な不動産投資」で大損しないために…プロが語らない3つのポイント

    投資物件の購入をすすめる不動産業者は、いつも誠実に説明をしていますが、実は顧客が契約を締結するまで“あえて語らない”事柄があります。彼らは、「我々プロに安心して…

    続きを読む →
  4. ギャンブル好きだった勤務医が「堅実な資産運用」に目覚めたワケ

    病院に勤務する医師の平均年収は、1200万円~1400万円ほどといわれています。一般的なサラリーマンと比べたら高給であることは間違いありませんが、その一方で、長…

    続きを読む →
  5. 知っておいて損はない、初めての海外不動産投資

    日本国内の不況という状況下において、最近は“リスク分散”のために海外投資を選ぶ投資家が増えているといいます。数ある海外投資対象のなかでも、金融商品よりも安定感の…

    続きを読む →
  6. なぜ医師の資産形成には不動産投資が向いているのか?

    医師は収入が多い職業ですが、子どもの教育費、家や車の高額ローンなど、支出も多いケースが少なくありません。そこで将来に備えて資産形成をする医師が多数います。資産形…

    続きを読む →
  7. 40代 循環器内科 勤務医 年収2,000万円

    物件種別RC構造 区分マンションRC構造 区分マンション築年数築13年築13年年間家賃収入約15…

    続きを読む →
  8. 30代 勤務医 呼吸器内科 年収1,800万円

    家族のために保険代わりとして始めようと思いました。まだ働き盛りですが、日々病床の患者さんと接する中で、自分もいつまで元気に働いていられるのだろうと考え…

    続きを読む →
  9. 時間がない勤務医はいかに資産形成をすべきか?

    多忙な医師が将来を見越して資産を形成しようと考えたとき、実際にどんな方法があるのでしょうか。また医師の中でも勤務医に向いている方法はあるのでしょうか。資産形成を…

    続きを読む →
  10. 年収1500万円の節税!医師が行うべき税金対策とは?

    年収1500万円以上を稼ぐ医師は、自分がどの程度税金を払っているのか把握していないという人も多いです。そこで、年収1500万円の場合に支払う税金額と、節税方法を…

    続きを読む →

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師連載コラム】医師が不動産投資で失敗するのは、どんな…
  2. 【現役医師連載コラム】医師の年収が高過ぎるから分配しようって…
  3. 【現役医師連載コラム】医師×不動産投資、個人所有で節税する方…
  4. 【現役医師連載コラム】医師×不動産投資、法人設立で節税するっ…
  5. 【現役医師連載コラム】医師×不動産投資、相性が良い理由
keyboard_arrow_up