border_colorCOLUMNコラム

【現役医師連載コラム】モテる勤務医、モテない勤務医

同じ勤務医でも、モテる勤務医とモテない勤務医がいます。

一体なぜ…?

そもそもモテるの定義とは

そもそもの問題として「モテる」という言葉を、定義しておかないと話は進みません。ここでは「モテる」とは、「異性に困らない」という事と同義だとしておきます。

よく「モテる」という事の定義として

■ 何もしなくても異性が寄ってくる

という定義を提示するケースがあります。これは女性の「モテる」であって、男性の場合は少し話が違うと思います。

なぜなら恋愛の構造が異なるからです。男性は、基本的には女性に何回でも、何人でもアタックできます。しかし女性の場合は、基本的にはそんな数は打てませんし、基本はアタックされた男性の中から選択するというのが、女性の恋愛です。

この恋愛の構造は、生殖活動が異なる事に起因します。精子は卵子に何回でも、何匹でもアタックできますが、卵子は基本的にはアタックしてきた精子の中から選択する、というのが男女における有性生殖の基本です。

ですので、基本的に「モテる」という言葉を定義すると、強制的に男女を分けるしかありません。ここでは

女性的モテ=何もしなくても異性が寄ってくる状態
男性的モテ=異性に困らない状態(女性的モテの下位)

と定義しましょう。

バチバチにモテる勤務医の特徴=○+○○

この定義の中で、女性的なモテ、つまり「何もしなくても異性が寄ってくる状態」が発生し得るのが、顔と若さです。

■ ルックスが抜群(顔)
■ 若い

という、2要素を携えた勤務医です。元も子もないですが、これは1つの真実です。

これは女性でも男性でも同様です。ただ、中にはルックスが抜群で若い女医さんなのに、女性的なモテが発生していないケースも、たまーにあります。たまに

理由は単純で、環境が悪いです。言い寄ってくるような適正年齢の若い男が、職場に少ない場合です。地方の中でもへき地等は、該当します。この場合は、環境を変えればすぐに女性的モテを得る事ができます。

ちなみに、男性医師も若い方が有利です。当たり前ですが、女性から見ても異性が若いに越した事は、生物学的にはありません。若い方が生殖能力は高いですから。ただ単純に、人間社会において、若すぎると社会的なポジションを持っていなかったり、経済力が乏しかったりするので、それに女性側が適応調整しているに過ぎません。

また、若い方が男性も結婚している可能性が減ります。つまり「知らない間に不倫していた」みたいな、リーガルリスクをヘッジできます。そういう意味でも、男性医師でも若い方が有利です。

この話はこれくらいにしておきましょう。おそらく読者の方が知りたいのは

■ 顔がめちゃくちゃ良いわけではない
■ それほど若いわけではない
■ でもモテるにはどうしたら良いんだ?


という話でしょう。次に行きます。

異性に困らない程度にモテる、勤務医の特徴

定義上の男性的モテ、何もしなくても相手が寄ってくるほどモテるわけではないものの、異性に困らない程度にはモテる。それほど若くはない。ルックスも悪くはない、清潔感はある。努力の範囲内でのルックス向上措置は取っていそうではあるが、元がそれほど良いかと言われるとどうやらそれほどでも無い-。

そのような勤務医で、男性的なモテを得るにはどうしたら良いのでしょうか?

簡単です、試行回数を増やす事です。

とにかく連絡先を交換する、飲みに誘う。トライする。試行回数を重ねる事で、確率は同じでも結果を出す。

ただ、それだけです。

そのために必要なのは、ガッツとお金と時間です。

連絡先を交換して、飲みに誘うまで、ガッツが必要です。時には断れる事もあるでしょうし、折れない心も必要でしょう。

いざ飲みにいく、となってもそこには飲みにいくための時間とお金が必要で、ただでさえ忙しい勤務医は、少ないプライベートな時間を使う事になるので、ここに関しては結構シビアな戦いがあります。

ただ、1つ問題があります。

狭い職場で出会った人と、狭い人脈の中でドンドン連絡先を聞いて、飲みに誘う。なんてなかなか難しいですよね?変な噂が立つかもしれませんし、日常の仕事に差し支えるかもしれません。

そんな時は、どうしたら良いのでしょうか?

その状況から脱するための方法は、たった1つです。職場以外の人間関係を、多く作る事です。つまり顔が広い事です。

例えば、趣味でフットサルをやっているなら、フットサルの練習場の仲間と合コンをする。こちらは知り合いの看護師さんを紹介し、相手は知り合いのOLを紹介してもらう。

例えば、行きつけのカフェを作る。カフェの店員さんに声をかけても良いでしょう。

このように「多少声をかけても問題のない人間関係」を、職場の外にたくさん構築しておく事が、男性的モテには必要です。試行回数を重ねることができる、広い土壌が必要なんですね。

その土壌を作るべく、趣味や行きつけの店、友人関係を病院の外に広く構築していることが重要です。

何もしなくても相手が寄ってくるほどモテるわけではないものの、異性に困らない程度にはモテる。それほど若くはない。ルックスも悪くはない、清潔感はある。努力の範囲内でのルックス向上措置は取っていそうではあるが、元がそれほど良いかと言われるとどうやらそれほどでも無い-。

そんな勤務医が、そこそこにモテるようになるためには、病院の外に数多く飛び出すことが、重要だと僕は考えています。

現役医師連載シリーズ


▼著者
大石龍之介
株式会社ブルーストレージ代表取締役。医師としてクリニックに勤務しながら、不動産投資家としても活動している。

URL:https://bluestorage.co.jp/

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 30代、フリーランス、Kさん(年収1700万円)の不動産投資事例
  2. 50代勤務医Bさん(年収2600万円)の不動産投資事例
  3. 高すぎる所得税をなんとかしたい!30代の整形外科医Rさんの不動産投資事例
  4. 30代、勤務医、Dさん(年収1050万円)の不動産投資事例
  5. 利回りはどうなるの?家賃の下落による不安を解消

関連記事

  1. コラム

    地方医師と大都市圏医師の収入の違い

    高収入で知られる医師ですが、同じ医師でも“収入の差”は存在します。勤務…

  2. コラム

    【現役医師連載コラム】変化する時代と、キャリア別の「専門医」の価値

    医師にとって「専門医」という概念は、切っても切れない関係にありますよね…

  3. コラム

    東京で不動産投資をするメリットはあるか

    「不動産投資をするなら、地方より東京」といった指南が増えています。…

  4. IoTで変わる不動産投資

    コラム

    IoTで変わる不動産投資

    世の中の旬な情報を不動産投資の目線で見ると、別の側面が見えてきます。…

  5. コラム

    確定申告の肝となる控除額を最大限に増やすには?

    確定申告はシンプルに考えると「収入から経費と控除を差し引いた額」から算…

  6. コラム

    【現役医師連載コラム】医師は「不動産投資をする理由」を、見失うな

    最近、医師といえども日本という国の先行きの不透明感からか、それとも累進…

#
keyboard_arrow_up