border_colorCOLUMNコラム

【現役医師連載コラム】クリニックでよくあるスタッフ間トラブルとその対処

院長の頭を最も悩ませるもの、それは「スタッフ間トラブル」です。言ってしまえば、人間関係のトラブル。

病気は治せるけど、人間関係を修復させるのが不得意な先生、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな、クリニックでよくあるスタッフ間トラブルと、その対処についてです。

クリニックでスタッフ間トラブルが起こったら…

スタッフ間のトラブルは

1.お互いに相手を悪いと言っている
2.片方が一方的に相手を悪いと言っている

の、どちらかです。発生確率は2の方が高いと思われます。

1の場合は、ほとんどが「どちらも同じくらい悪い」という結論に達しがちなので、省略致します。

2の場合、まず重要なのは、双方の意見をしっかりと否定せず聞いてあげる事です。

中には「院長に愚痴ったらスッキリした」と言って、カラッとしている人もいます。

お互いの意見をじっくりと聞いたら、ここから重要なのは事実の洗い出しです。

意見の中には「予想」が含まれる事も多く、何が事実で何が事実でないのか、話を聞いている中で不明瞭な事が多くあります。

与えられた情報が不明瞭なまま、話を進めていくと、手順が正しくても間違ったアウトプットになってしまうため、まずは正しい材料を集める事が大事です。

具体的な手順としては、お互いから話を聞いて、話の中で「意見なのか事実なのかわからない事象」が出現した際に、お互いにそれが事実なのかどうかを、個別で聞いてみましょう。

お互いの言い分が一致した場合、それは事実として扱いますが、齟齬が生じた場合、それは一旦「不明瞭な事実」として扱いましょう。

スタッフの「怒り」は、相手への願望の表れ

これは僕が思っている事ですが、誰かに「怒り」を感じた時は、それは相手に対して「もっとこうなってほしい、こうしてほしい」という願望の現れです。願望に即していない現実があって、それが耐えがたく、願望に則った進化を遂げてほしいけれども、それが成される気配のない今の相手に対して「怒り」という感情が生まれているだけ。

つまり怒りの感情は、願望を達成させるための手段として捏造された心理状態である、という話です。

これは「アドラー心理学」という心理学らしく、書籍を読むと詳しく書いてありますから、ぜひ読んでみて下さい。

僕はこれは、確かにそうかもな、と思っています。

スタッフが誰かに対して怒りの感情がある時、多くの場合は

「もっとこうなって欲しい!今はそれができていないし、できるようになる努力をしていない!」

という願望に対して、乖離した現実の相手に怒りを持っているように見えます。

逆に言えば「怒り」の感情の裏には、必ず願望があって、その願望の裏には「その願望が達成されていない現実」があるはずです。

話をじっくり聞いて、怒りの感情の源泉はどこなのか、その原因となっている現実は何なのか、つきとめてあげる必要があります。

病巣の原発を見つけるイメージです。

お互いの意見を聞いて、事実と感情を分離し、病巣の原発を見つけたら、今度はそれらを客観的に見て判断します。

特定の事実に対して、どちらが正しいか。要望のレベルが高すぎるのか、実行者のレベルが低すぎるのか。

その事実に対する感情は、妥当なのか。そこまで反応する必要があるのか。

これらを「あくまで中立な立場」で判断する事が重要です。

実際にあったクリニックでのスタッフ間トラブル

色々な先生と話してみて、実際に頭を悩ませるケースとしては、こんなケースのようです。

仕事がちょっとできないスタッフがいて、できるスタッフが、妥当な範囲内で不満と怒りを持っている。

言い分としては間違っていないけど、できないスタッフ本人の能力から見れば、十分頑張っている。努力の姿勢は見られる。けれども成長速度が遅く、結果がついてこない。

悩ましいですよねえ。できるスタッフからすれば、できないスタッフの「できなさ」に対して、できるようになって欲しくて、怒りの感情を持ってしまうといったところです。

このようなケースでは、基本的に「ある程度は成長を見守って、伸びが見られればオッケー、そうでなければ残念ながら」という方針を、そのできるスタッフに伝えて、実行するのが良さそうです。

具体的には

「確かに言い分はわかるが、人の能力には個人差があって、その成長速度にも個人差がある。」

「実際、仕事が全くできないスタッフがいて、本人もそれを自覚して、努力をし続けていたけれども中々できるようにならず、周りも諦めかけていたが、努力はものすごいしていて、メモを取るなど態度は良かった。その後少しずつ良くなって、最終的には誰よりも仕事ができるようになった、という話もあるそうだよ。元々色々とできなかったからこそ、細かいところまで仕事をメモして覚えたから、痒いところに手が届く、隅々までしっかりやってくれる、誰よりも信頼されるスタッフになったそう。」

と言ったように

●実際の事例を交えて説得
●ある程度の期限を明確に設ける

と、できるスタッフもうまく説得する事が多いように思います。

人間関係のトラブルは一筋縄ではいかないものですが、ぜひその時が来たら試してみて下さい。

現役医師連載シリーズ


▼著者
大石龍之介
株式会社ブルーストレージ代表取締役。医師としてクリニックに勤務しながら、不動産投資家としても活動している。

URL:https://bluestorage.co.jp/

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 郊外の中古ワンルームマンション編…
  2. 2020年東京オリンピックと不動産投資
  3. 30代、フリーランス、Kさん(年収1700万円)の不動産投資事例
  4. 家賃の下落と空室リスクに効く! テナントリテンションの基本テクニック
  5. 【ワンルーム投資の視点でみる法律や条例】借地借家法編

関連記事

  1. コラム

    医師におすすめの投資の方法とは

    ゼロ金利政策が続く今、医師の財産も貯蓄するばかりではもったいないと思い…

  2. 社会的信用が魅力!医師ならではの資産形成

    コラム

    社会的信用が魅力!医師ならではの資産形成

    医師は社会的信用が高い職業です。したがって、金融機関から融資を受けやす…

  3. コラム

    なぜ高収入の医師ほど退職後に「お金がなくなる」のか

    病院によっては退職金制度が定まっていなかったり、そもそも制度自体がなか…

  4. コラム

    【現役医師連載コラム】医師は「不動産投資をする理由」を、見失うな

    最近、医師といえども日本という国の先行きの不透明感からか、それとも累進…

  5. コラム

    大地震がきたらどうしよう……天災に対する不安を解消

    「地震のリスクが気になるけど、どんな物件を選べば良いのだろう……」…

  6. コラム

    不動産投資の融資を受けるための審査のポイント

    不動産投資を行う場合、100%自己資金で不動産を購入することはおすすめ…

#
keyboard_arrow_up