border_colorCOLUMNコラム

早いほど有利!医師が20代で不動産投資を始める4つのメリット

20代の医師が資産形成をしていく中で以下のようなことを考えることはないでしょうか?

・ 早いうちに資産形成をしてFIREしたい
・ 貯金が少ないためまとまった投資ができない
・ 20代に最も有利な資産形成の方法を知りたい

不動産投資は、20代だからこそ得られるメリットがありまとまった資金がなくても始められる資産形成の一つです。本記事では、20代で不動産投資を始める4つのメリットについて資産形成やFIRE達成の具体的なシミュレーションを交えて解説していきます。

20代で不動産投資を始める4つのメリット

20代で不動産投資を始めるメリットは、以下の4つです。

・ FIREできる可能性が高い
・ 老後に向けて着実に資産形成ができる
・ 長期の融資を受けやすい
・ 損失が出てもリカバリーしやすい

一言で述べるなら「時間をかけて着実かつ安全に資産形成ができる」というメリットがあります。

FIREできる可能性が高い

20代で不動産投資を始める場合、運用状況によっては30~40代でFIREを達成できる可能性があります。なぜなら金融機関からの融資を受けて物件を購入し運用期間中にローンを全額繰り上げ返済したりローン完済まで物件を運用し続けたりすることで早ければ30代の間に無借金の状態で物件を保有することができるからです。

実質家賃収入を全額手元に残すことができれば生活水準によっては、FIREを達成できる可能性はおおいにあるでしょう。具体的に20代で不動産投資を始めた場合のシミュレーションをしてみます。

<設定条件>

物件条件 融資条件
物件価格 3,000万円 借入金額※ 3,000万円
表面利回り 10% 借入期間 20年
空室率 10% 金利(固定) 2%
諸経費率 15%  

※購入時の諸費用(仲介手数料、登記費用等)は自己資金から支払い、フルローンを想定

<キャッシュフローシミュレーション>

年間支出 年間収入
ローン返済 183万円 家賃収入 300万円
空室控除・諸経費 75万円 合計 300万円
合計 258万円 キャッシュフロー **42万円**

<借入残高シミュレーション>

経過年数 借入残高 経過年数までの
年間必要貯蓄額※
5年 2,358万3,954円 471万6,791円
7年 2,083万2,572円 297万6,082円
10年 1,649万3,720円 164万9,372円
15年 865万8,451円 57万7,230円
16年 699万5,240円 43万7,203円
17年 529万8,462円 31万1,674円
18年 356万7,433円 19万8,191円
19年 180万1,466円 9万4,814円
20年 0円 0円

※当該経過年数時点で借入残高を全額繰り上げ返済するために必要な年間貯蓄額

本シミュレーションの場合、ローンの完済後は空室率および諸経費を控除しても年間225万円(月間約18万7,500円)のキャッシュフローを得ることができます。そのため生活水準や家族構成によっては30~40代でFIREを達成することも十分に可能です。20年間でローンを組んだとしても30~40代でのFIREが視野に入る点は、20代で不動産投資を始めるメリットの一つといえます。

老後に向けて着実に資産形成ができる

老後を60歳以降と設定して見据えた場合、20代で不動産投資を始めれば資産形成に充てることができる時間が約40年もあります。そのため着実に経済的基盤を築くことが可能です。一般的に投資におけるリスクとリターンは比例関係にあるため、少ない資金から短期間で大きな資産を形成しようとすると高いリターンを狙うために高いリスクをとらなければいけません。

不動産投資であれば賃貸需要が見込めないエリアの物件や適切な維持管理がされていない築古物件などハイリスク・ハイリターンな物件に投資をするといった具合です。20代からのスタートであれば賃貸需要が多く適切な維持管理が行き届いた都心部の物件に投資をするローリスク・ローリターンの方法を選択しても時間をかけて盤石な資産形成が期待できます。

長期の融資を受けやすい

金融機関からの融資を受けて物件を購入する場合、融資審査を受けることが必要です。融資審査では、借入時の年齢や完済時の年齢を加味する金融機関が多いため、長期の融資を受けるにあたっては返済期間を長くとれる20代が最も有利といえるでしょう。長期で融資を受ける最大のメリットは、毎月の返済額を低く抑えられかつキャッシュフローを確保しやすくなることです。

借入期間の長短でキャッシュフローにどれほどの差が出るかシミュレーションしてみましょう。

<設定条件>

物件条件 融資条件
物件価格 3,000万円 借入金額※ 3,000万円
表面利回り 10% 金利(固定) 2%
空室率 10%
諸経費率 15%

※購入時の諸費用(仲介手数料、登記費用等)は自己資金から支払い、フルローンを想定

本条件において、入期間を15年・20年・25年・30年・35年としてキャッシュフローを算出します。

<キャッシュフローシミュレーション>

借入期間 15年 20年 25年 30年 35年
年間キャッシュフロー -7万円 42万円 72万円 91万円 105万円

キャッシュフローの最大化を重視した不動産投資では、借入期間を長くとることが有効な選択肢の一つです。そのため長期で融資を受けやすい点は、20代で不動産投資を始めるメリットの一つといえます。

損失が出てもリカバリーしやすい

不動産投資も投資のため、物件価格の変動や空室期間の長期化、修繕費の発生などの要因で損失が出てしまうリスクがあります。「損失のリカバリー」という観点からも20代で不動産投資を始めることは、以下2つの点においてメリットがあるといえるでしょう。

* 労働収入を得られる期間が長い
* 損切りをしてリスタートできる時間的な余裕がある

20代は、自らが働いてお金を稼ぐことが長期間可能です。そのため空室による一時的なキャッシュフローの悪化や突発的な修繕費が発生したとしても労働収入から補てんできる可能性が高いといえます。自分の投資方針に合わない物件を購入し損失が出ている場合には、一度損切り(物件売却)をして仕切り直し(物件の再購入)する選択もできるでしょう。

50~60代で不動産投資の軌道修正をする場合、年齢が原因で融資を受けられなかったりリスク許容度が低くなっていたりする可能性がありスムーズな投資活動ができない可能性もあります。しかし20代であれば一度失敗したとしても軌道修正をしてリスタートを切るための時間的な余裕があるため、リカバリーをしやすいといえるでしょう。

早く始めるほど時間を味方につけられる

不動産投資を20代という早い時期に始めることで時間を味方につけた資産形成が行えます。具体的に時間を味方につけた資産形成のメリットは、以下の2点です。

* 投資期間を長くとることができる
* 複利効果を最大化できる

不動産投資において投資期間を長くとることができると長期の融資を受けてキャッシュフローを高めたり借入金の繰り上げ返済に向けた資金を貯蓄したりすることが可能です。そのためあえてハイリスク・ハイリターンな投資をしなくても十分な資産形成が期待できます。複利とは、利息を元本に組み入れ増えた元本に対してさらに利息が付くことです。

利息を元本に組み入れない状態を「単利」といいます。複利効果によって資産の増加を加速度的に行うことが期待できるでしょう。不動産投資における複利運用とは、得られたキャッシュフローで新規物件を追加購入してキャッシュフローをさらに高める運用のことです。以下の条件で25年間にわたって物件を運用した場合、複利と単利運用で資産額にどの程度の差が出るかをシミュレーションしてみます。

<設定条件>

物件条件 融資条件
物件価格 5,000万円 借入金額 5,000万円
表面利回り 10% 借入期間 25年
空室率 10% 金利(固定) 2%
諸経費率 15%

<キャッシュフロー>

年間支出 年間収入
ローン返済 255万円 家賃収入 500万円
空室控除・諸経費 125万円 合計 500万円
合計 380万円 キャッシュフロー **120万円**

<複利運用時の物件追加購入>

* 8年に1度、1,000万円の物件を1件キャッシュで追加購入
* 購入の翌年から追加購入分のキャッシュフローを合算
* 追加購入物件の諸条件(価格以外)は1件目の物件と同様

<資産増加シミュレーション(累計)>

運用期間 10年目 15年目 20年目 25年目
単利運用 1,200万円 1,800万円 2,400万円 3,000万円
複利運用 1,350万円 2,325万円 3,600万円 5,025万円
差額 **150万円** **525万円** **1,200万円** **2,025万円**

※上記でシミュレーションした金額は手元に残る金額とは限りません。

本シミュレーションから貯まったキャッシュフローで物件を追加購入することで資産規模とキャッシュフローの増加ペースを早められることが分かります。運用期間を長くとるほど複利効果の恩恵を多く享受できるため、20代で不動産投資を始めることで時間を味方につけた資産形成ができるといえるでしょう。

計画的な不動産投資で盤石な資産形成を

20代という早い時期に不動産投資を始めることでリスクを抑えつつ時間を味方につけながら資産形成をしやすくなります。盤石な資産を構築することで30~40代という若くて健康な時期のFIRE達成を狙いつつ老後の経済的な安心を得ることが期待できるでしょう。不動産投資は、まとまった資金を用意するのが簡単ではない20代でも優位性をもって行うことができます。

そのため20代から不動産投資で資産形成を始めることは合理的な選択肢の一つといえるでしょう。


不動産運用セミナーTOPはこちら

不動産運用セミナーTOP

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 都心の築古ワンルームマンション編…
  2. 20代歯科医Eさん(年収1300万円)の不動産投資事例
  3. 30代 勤務医 呼吸器内科 年収1,800万円
  4. 投資を始める前に知っておきたい! 区分所有マンションのデメリット
  5. ワンルーム投資の視点でみる法律や条例【区分所有法編】

関連記事

  1. コラム

    【後編/30代医師夫婦×担当営業対談】購入の決め手は還付金の多さ?確定申告で節税効果を実感

    高額所得者の医師にとって不動産投資は節税メリットが大きい投資法です。し…

  2. コラム

    おすすめの資産形成ランキング 本業が忙しい人は何をすべき?

    「人生100年時代」という言葉が一般的になってきました。寿命が伸びるこ…

  3. 家賃の下落と空室リスクに効く! テナントリテンションの基本テクニック!

    コラム

    家賃の下落と空室リスクに効く! テナントリテンションの基本テクニック

    「不動産投資で安定した利益を出したいけど、購入後のリスクが気になる………

  4. コラム

    融資に大きく影響する個人信用情報と開示方法

    融資に大きく影響するものとして、個人信用情報があります。ここでは、個人…

  5. コラム

    仕事ばかりはNG! 家庭を顧みる時間を作ろう

    ハードワークな医師のみなさんは、日々の業務に追われて、どうしても家庭を…

  6. コラム

    医師の診療科別年収ランキング 高収入は診療科で決まるのか?

    診療科による医師の年収の違いが気になる方もいるかもしれませんが、必ずし…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師連載コラム】医師の不動産投資は「新築」が良い理由
  2. 早いほど有利!医師が20代で不動産投資を始める4つのメリット…
  3. 【現役医師連載コラム】家族に給料、親を扶養に…「個人を使い分…
  4. 高年収の医師におすすめしたい趣味10選!アウトドア・インドア…
  5. 【現役医師連載コラム】医師が法人を持つ、メリットとデメリット…
keyboard_arrow_up