border_colorCOLUMNコラム

【現役医師連載コラム】スタグフレーションと、勤務医の取るべき投資行動

こんにちは、医師で投資家の大石です。

最近、物価が上がってきていますね。物の値段ももちろん上がっていますが、バイトなどの人件費も高騰しているようです。ロレックス、不動産など高級品の類も値上がりしており、色々な物の値段が上がり始めております。

物の値段が上がる、というとおそらく「インフレ」という言葉を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

今回起こるのはインフレなのか?本当に景気が良いのか?一体どうするべきなのか?勤務医が取るべき行動は?

考えていきたいと思います。

インフレーション、デフレーション、スタグフレーションの違い

いきなりですが、インフレーション、デフレーション、スタグフレーションの違いについて、ご存知でしょうか。

インフレーションとは、物価上昇という観点から考えれば、好景気による物価上昇の事です。

物やサービスがよく売れるので、物やサービスの値段が上がって、みなさんの給料も増えて、さらに物やサービスがよく売れて、という循環が生まれる状態です。まさに好景気という感じですね。

デフレーションとは、景気低迷による物価下落の事です。

物やサービスが売れなくなり、値段が下がり、利幅が取れないのでみなさんの給料も下がり、物やサービスはさらに売れなくなり、という循環が生まれる状態です。まさに景気低迷という感じです。

一方のスタグフレーションとは、物価上昇という観点からすると、物価は上がっているけれど、特別物やサービスがよく売れるわけではない状態のことです。

物やサービスの値段が上がるのですが、特別よく売れるわけではないので、利幅が取れず、給料は増えないので、別に何かを買おうという気にもならず、また売れず…という、なんだか最悪な感じですね。

今からはスタグフレーション?

実は、今は世界で物価上昇が起こっており、これを止めるべくFRB、ECBがこぞって金利上昇を行なっております。日本では日銀がそれを否定し、今のところ金利を上げる事はしていませんが、メガバンクが住宅ローン金利を上昇させました。

これは銀行が貸倒れリスクに備えて金利を上昇させ始めている可能性があり、景気は良くはならないだろうな、という印象です。

それでも物価上昇が止まらないのであれば、それはスタグフレーションになり得ます。もちろんこのまま物価が落ち着いて、単なるデフレである可能性も否定できませんが、デフレの場合は別に問題ないと思います。日本人はここ30年くらい、ずっとデフレであり、デフレの世界で生きる事には慣れているはずです。やれ貯金しろ、無駄遣いするな。そんな調子で、デフレの世界をさらにデフレにして生きていく事は、日本人は得意です。

一方で、困るとすればスタグフレーションになった時でしょう。

スタグフレーションになったら、勤務医はどのような投資行動を取るべきなのでしょうか?

スタグフレーションでの基本戦略1、現金を資産に変える

スタグフレーションでの基本戦略は、まず現金を持たない事です。現金の価値が薄まって、資産や物、サービスの価値が高まっていきます。サービスは保存する事ができませんから、基本は現金を資産や物に変えてしまうのが良いです。

具体的には、株や不動産、債券などです。

金利が上昇すれば株や不動産は下がりますが、それを吸収したなお大きな波として「現金の価値が薄まる」のが、スタグフレーションにおける物価上昇です。

ある程度の増減は見込んだ上で、現金を持たない。

この知識を携えた上で、勇気を持ち、実行に移す。これが必要になります。

スタグフレーションでの基本戦略2、借金を少なくする

次に大事なのは、なるべく借金を減らす、しても少額にするという事です。

インカムが増えないのに、金利だけ上がるという事は、借り入れそのものの価値が目減りするという事です。

ですから、銀行側も例えば「借り入れによって購入した不動産」の価値を、低く見積もらざるを得ません。

なるべく借金を減らしてしまう、つまり繰上げ返済や一括返済をしてしまうか、もし借りるとしても少額を借りて、あとはなるべく手元のキャッシュの範囲で資産ポートフォリオの再構築を行うべきです。

スタグフレーション下でバランスシートを無駄に拡大する事は、大きなリスクにつながります。

バランスシートはなるべくデフレ下で、余裕を持って潰れない程度に拡大し、あとは物価上昇を伴ったインフレを待つのが基本です。

スタグフレーション、何を見るべき?

では「スタグフレーションかどうか」を、どうやって見極めれば良いのでしょうか?

これには諸説ありますが、1つ確かな事として「政策金利」は大きなヒントです。

現状、FRBとECBは金利を上昇させていますが、これは間違いなくインフレかスタグフレーションか、どちらかが起こると予測しているからです。

デフレが起こると予測している局面では、中央銀行は金利を下げます。逆に中央銀行が金利を上げるという事は、デフレ以外のことを想定しているわけであり、それはインフレかスタグフレーションかのどちらかです。

つまり注目すべきは、日銀の動きと、日本の政策金利、各銀行の貸出金利でしょう。これらから目を離さず、常日頃見るクセを今のうちから身につけておけば、いざというときの初動で有利になるかもしれません。

現役医師連載シリーズ


▼著者
大石龍之介
株式会社ブルーストレージ代表取締役。医師としてクリニックに勤務しながら、不動産投資家としても活動している。

URL:https://bluestorage.co.jp/

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 40代、勤務医、Tさん(年収2500万円)の不動産投資事例
  2. 高すぎる所得税をなんとかしたい!30代の整形外科医Rさんの不動産投資事例
  3. 40代、勤務医、Fさん(年収2000万円)の不動産投資事例
  4. 30代、勤務医、Yさん(年収1800万円)の不動産投資事例
  5. 医師にとって節税につながる不動産投資とは

関連記事

  1. コラム

    「青色申告」で大幅節税!? 開業医なら知るべき確定申告の基礎知識

    医師の中でも勤務医の将来は大きく2つにわかれます。大学病院で働いている…

  2. コラム

    医師が相続税対策を行うなら、不動産投資が有効

    2015年1月に相続税法が改正され、基礎控除額が引き下げられました。…

  3. コラム

    土地から探す不動産投資のメリット・デメリット

    近年、新興住宅地の開発が進んで来ました。「コンパクトシティ」「防災…

  4. コラム

    【現役医師連載コラム】輪島市の新生児死亡、防ぐためにできる事

    今回は、ちょっとヘビーなニュースについて取り上げたいと思います。…

  5. コラム

    不動産投資におすすめの地域の特徴

    不動産投資の物件探しをする時に一番気にしたいのが「地域(エリア)」です…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師の投資履歴】2022年の繁忙期を終えて
  2. 【現役医師連載コラム】輪島市の新生児死亡、防ぐためにできる事…
  3. 【現役医師の投資履歴】最初の物件購入~現在 ≪後編≫
  4. 【現役医師の投資履歴】初期研修医〜後期研修医 ≪前編≫
  5. 将来への投資?富裕層である医師が力を入れている子どもの習い事…
keyboard_arrow_up