医師に対する「副業」に関する調査 | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

医師に対する「副業」に関する調査

株式会社ブルーストレージ(静岡県静岡市)は、Webアンケートを用いて、医師に対する「副業」に関する調査を行いました(有効回答798名)。

<調査概要>
調査方法:アンケート
調査媒体:SNS
調査対象:医師
調査主体:株式会社ブルーストレージ、Webマーケティングチーム

アンケート内容「医師の方にお尋ねします、バイト以外で副業を」

1.既に始めた
2.始めたい
3.始めるつもりはない

択一回答方式。

■医師の8割「副業」に興味


(画像=株式会社ブルーストレージ 医師の8割「副業」に興味より引用)

割合で見ると「既に始めた」と回答した医師は、全体の26%程度になりました。

中でも「始めたい」と回答した医師が全体の57%で、最も多い事がわかりました。

一方で「始めるつもりはない」と答えた医師は、全体の17%程度に止まりました。

副業を始めていない医師も、意欲が十分あるという事がわかりました。

■高まる医師の「副業」への興味

世間一般に副業への興味関心が高まっている昨今ですが、今回のアンケート結果から、医師にも同様の事が言えそうです。

まだ「副業を始めていない」医師が全体の74%いる中、全体の57%は「始めたい」という意欲があり、これは「副業を始めていない」医師の77%が「副業を始めたい」と思っている事を表しています(57%/74%×100=77%)。

今回のアンケート結果では、収益性や継続性については、加味されていません。

副業を始めた医師でも、収益が無い場合や、少し前に始めたがあまり続いていない、という場合も「既に始めた」の回答に含まれていると思われます。

また、中には投資行為を「副業」とみなして「既に始めた」に回答した医師もいたようです。

■医師の副業、課題も

医師の副業に対する興味関心が高まっている事は明らかになった一方で、課題も聞こえてきました。

関連コメントとしては

・「とりあえずブログを書き始めてみたが、収益化していない」
・「YouTubeが思ったより難しい」

と、副業を始めたものの収益化がうまくいっていない事例や

・「せどりはやってみたが、時間がないので辞めた」
・「副業するだけの時間が取れないのが悩みのタネ」

と、忙しい医師が副業のために時間を割くのが非常に困難であるという意見が、ありました。
また

・「医師のバイト以外に稼げる副業は、なかなか無い」

と、医師の給料が高いゆえに、相対的に副業の収益性が小さくなってしまう、医師ならではの副業に関する悩みもあるようです。

副業が手軽になった昨今、挑戦する医師はある程度いるようですが、その収益性や継続性が、医師の副業には課題として残りそうです。


記事引用元:株式会社ブルーストレージ 医師の8割「副業」に興味
https://bluestorage.co.jp/newsroom/drfuku1/

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 50代勤務医Bさん(年収2600万円)の不動産投資事例
  2. 30代、勤務医、Yさん(年収1800万円)の不動産投資事例
  3. 株、FX、太陽光発電……メジャーな投資に潜むリスクとは?
  4. 辛すぎる仕事漬けの日々……大半の医師は不満を抱えている
  5. この入居者、大丈夫かな……家賃滞納に潜む落とし穴

関連記事

  1. コラム

    高収入の医師も注意が必要! 高額所得者が投資に失敗する理由

    高収入の医師は投資をして資産運用を行っている人も少なくありません。でも…

  2. コラム

    【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.6

    医師の方と一緒に資産形成や税金対策を学んでいくスペシャルコンテンツ。…

  3. コラム

    不動産投資で税金対策|経費としてどこまで計上可能か

    預貯金を不動産に替え、家賃収入を得る不動産事業を始める投資家が増えてい…

  4. コラム

    2020年東京オリンピックと不動産投資

    世の中の旬な情報を不動産投資の目線で見ると、別の側面が見えてきます。…

  5. コラム

    医師が不動産投資を行う場合、中古物件と新築物件のどちらを選べば良い?

    不動産投資を始めるにあたり、購入する物件の選定は投資の成否を左右する非…

  6. コラム

    独立・開業するために医師が知っておくべき不動産の知識

    勤務医として働く医師にとって一つの夢である自身のクリニックの開業。ただ…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師連載コラム】医師×不動産投資、相性が良い理由
  2. 【税理士連載コラム】医師も知っておきたい税務調査の実態「勤務…
  3. 医師に対する「副業」に関する調査
  4. 【税理士連載コラム】医師も知っておきたい税務調査の実態「税務…
  5. 【後編/20代医師×担当営業対談】一生に一度あるかないかの買…
keyboard_arrow_up