【現役医師執筆コラム】将来の収入に危機感をもつ医師が急増中 | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

将来に収入に危機感をもつ医師が急増中

【現役医師執筆コラム】将来の収入に危機感をもつ医師が急増中

近年、医師不足が問題視され早急に医師の絶対数を増やすべく処置が取られています。

その結果医師の数は年々増えて来ている一方、日本は高齢化社会が進行し徐々に人口は減少傾向をたどっています。つまり今後、医者一人あたりの平均患者数は徐々に減少傾向をたどります。

その結果起こり得るのは医師の平均年収の減少でしょう。

タイトルにあるように、今現在、収入に危機感を持つ医者が急増しています。社会一般的に医者は高収入で、一度なってしまったら将来お金に困ることはない、という考えはすでに消えつつあります。

これからは医者も資産形成に関して早くに対策していく必要があるのです。

学校の必修科目に「お金」

とはいえ、収入・資産について危機感を持ちはじめるのは医者として数年働いてから持ち始めるのが現状です。

まだまだ、医者になったらお金に関しては考える必要ないでしょ!だって高収入だし!っという考えを持ってる人がほとんどです。

しかし、その後税金という呪いを目の当たりにする頃から少しずつ危機感を持つようになってきます。医者だけでなくお金に関してまったく知識がないのは日本の教育のせいでしょう。

小さいときからお金の稼ぎ方・扱い方・歴史など勉強してこなかったから大人になってお金に困る人が増えるのです。

国語・数学・理科・社会・英語に加えて「お金」という科目が本当はないといけないと思っています。少なくとも国家が日本という国を経済的に伸ばしていきたいと思うなら尚さら必要でしょう。

高収入の医師だからこそ「お金」について勉強を

最近は医者の中でもいち早く、お金について知りましょう!という医師が出てきています。

実際に本として執筆されている方もいます。Dr.Kのお金シリーズの本が特におすすめで是非是非研修医になったらまず一番始めに読んでもらいたい本です。数千円だして読むか読まないかで恐らくですが数百~数千万単位の無駄を防ぐことができると思います。

医学部6年間の中で医学は十分勉強したんだから、とりあえず一旦お金について勉強してほしいです!

資産形成で変わってくる生活の余裕

実際、私の場合はどのようにお金についての知識をつけていったかというと、研修医になりたての頃は全くもって知識はなかったです。むしろ、医者になったからこれからはお金がじゃんじゃか入ってくるぜ!いぇーい!って思っていました。

そんな中で研修医1年目のときに結婚し一人の息子を授かりました。自らお小遣い制を志願しお金を浪費しないように気をつけました。そして翌年二人目の娘を授かりました。お小遣い制でほとんどお金を使っていないのにも関わらず、あまり貯金が貯まっていかないことに気づきました。

あれ、医者ってもっと裕福な生活できるんじゃないの?

って思い始め少しずつ不安が生まれてきました。そのうち年数が経てば給料も増えるし大丈夫だろうと考えていましたが、むしろ貯金が削れていく事態が発生しました。

さすがにこれはやばいと思いとりあえず本屋に行き資産形成についての本を探しに行きました。

そこには多数の本が並んでおり、どこから手を付けていいかわかりませんでした。しかし、何冊も読むうちになんとなく法則を見いだせるようになりました。そこからはとにかく節税・固定費削減をし、いままで貯金していたお金も投資へ回すようになりました。

特に大きかったのは節税・固定費削減により年間で数十万のお金が浮くようになりました。正直なんていままでは無駄な生活をしていたんだろうと思いました。

身近なところからできるポイントを利用した節約

お金が貯まる第一歩目として、まずおすすめするのがなんと言っても楽天カードをつくることでしょう。

そして楽天銀行の口座開設と楽天証券も開設しちゃいましょう。最近はもうキャッシュレスの時代に突入しています。現金で払っていては時代遅れです。しかも何の特典もありません。この記事を読んでくれているあなた!今すぐ楽天カードを作ってすべて楽天カードで支払う癖をつけなさい。Youtubeに楽天ポイントの効率のいいポイントのため方を解説した動画がたくさんあるので参考にするといいでしょう。

必要な物はだいたい楽天でまとめ買いして、日用品はほとんど還元率のいいふるさと納税で揃えなさい。気づいたら楽天ポイントがじゃんじゃん貯まってます。貯まったポイントは投資に回せるので(通常ポイントのみ)そこでまたお金を増やしましょう。

さらに期間限定ポイントはコンビニや飲食店で使えるのでそこらへんで消費しましょう。しかも2020年7月からポイント支払いしても1%のポイント還元までつきます。ポイント支払いでまたポイントがつくポイントって他にありますか?笑。

さらに固定費削減に一番つながるのは携帯代じゃないでしょうか。格安SIMといってとにかく月額が安い携帯会社の中で楽天モバイルに切り替えるだけでポイントがより一層貯まりやすくなりますし、月額料金も使い放題で2000円程度になります。だいたいキャンペーンがあるのでもっと安くなりますが。料金は期間限定ポイントで支払うことができるので私は買い物して貯まったポイントで毎月支払っています。

楽天モバイルに切り替えてから月5000円は浮くようになりました。なんだかこの話を聞いていたらお金が貯まりそうな気がしませんか?

最後に

まず始めに楽天カードを作っていろいろ楽天にしましょうという話をざっとしましたが、これはお金を貯める技術のほんの一部です。

やれることはもっとありますしこの記事を読んでいただいた方にはもっとDr.Kさんの本を読んで介入できることがないかを探求していってほしいです。

最初にも言いましたが、医師の給料はこれから減っていくことは目に見えています。だからこそ自分の身を守るためにもお金の勉強はしましょう。

特に医師はお金に対しては稼ぐ以外の方法しか考えてない人がほんとにほんとに多いので!この記事を読んでくれたあなたはもう周りの医師よりは一歩リードしています。

まずは楽天カードを!

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 豊かなドクターが必ず持っている金融リテラシーとは?
  2. 50代、勤務医、Kさん(年収1750万円)の不動産投資事例
  3. 40代、勤務医Kさん(年収1760万円)の不動産投資事例
  4. 40代、勤務医、Iさん(年収1800万円)の不動産投資事例
  5. 投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 郊外の中古ワンルームマンション編…

関連記事

  1. コラム

    賃料はあげられる?賃料値上げの基本テクニック

    「管理物件の賃料、なんとか上げる方法はないのだろうか……」不動…

  2. コラム

    開業医が抱えやすい「患者が来ない!」という悩みをどう解決する?

    開業医として成功するためには、患者さんが来ない問題への対処を早めに講じ…

  3. コラム

    勤務医をしながら社長に! 法人化で狙える節税効果

    日本の累進課税制度では、高収入の勤務医には高い税金が課せられます。しか…

  4. コラム

    経費はどこまで計上できるか?基本を押さえて賢く節税を

    「経費で落とす」「経費にする」という言葉をよく耳にします。でも、“どこ…

  5. コラム

    投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 郊外の中古ワンルームマンション編

    「郊外エリアの中古物件が気になるけど、都心エリアとの違いはどうなんだろ…

  6. コラム

    勤務医は何故「いつまでもお金を貯められない」のか?

    勤務医の平均年収は1200万円~1500万円といわれています。世間一般…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合…
  2. 【現役医師執筆コラム】コロナ禍で変わった医療業界の今後
  3. 後悔しない承継開業…高値案件こそ狙い目
  4. 集患とコスト面に優れる承継開業とは
  5. 【現役医師執筆コラム】将来の収入に危機感をもつ医師が急増中
keyboard_arrow_up