東京都心の新築区分マンションと中古区分マンション、メリットとデメリット | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

東京都心の新築区分マンションと中古区分マンション、メリットとデメリット

東京都心の新築区分マンションと中古区分マンション、メリットとデメリット

投資用のマンションを購入するとき、中古と新築ではどちらが「お得」なのかご存知ですか?実は、新築と中古にはそれぞれ特徴があり、その良さを活かすことで大きな利益を得ることができるのです。

ここでは、東京都心の新築区分マンションと中古区分マンションはどちらがお得なのか、メリットとデメリットについて解説していきます。

1.マンション投資の種類4つと区分マンション投資の利点

マンション投資には、「新築区分マンション」「中古区分マンション」「1棟新築マンション」「1棟中古マンション」の4通りの投資方法があります。

そもそも、区分とはマンション1室のこと。そして、区分投資とは1部屋を購入し運用するため、1棟マンションを購入するよりも、少ない資産で始められるため手軽さがあります。また、区分マンション運用から始め、慣れてきたら同マンションの空室を購入するなど、徐々に投資範囲を広げることができる、低リスクな投資運用方法でもあります。

2.新築と中古の区分マンションのメリット・デメリットの比較

新築マンションと中古マンションの違いというと、「購入費用」「修繕費用の有無」を真っ先に思い浮かべると思います。しかし、違いはそれだけではありません。購入時の保証や税金面で「差」が出てくるのです。

まずは、新築マンションと中古マンションのメリットとデメリットを比較してみましょう。

新築中古マンション比較

上記の表をみてわかるように、新築と中古、いずれも一長一短であることがわかります。マンションは内装や外装ともに新品であるため、資産価値が高いというメリットがあります。しかし、新築物件は共有戸数が少なく購入できる物件に限りがあるうえ、購入費用が高いというデメリットもあるのです。

一方で、中古マンションは購入費用が安く、物件数が豊富です。しかし、築年数によっては修繕費用がかさんだり、購入後に劣化や故障が見つかったりすることもあります。

3.新築区分マンションと中古区分マンションどちらがお得?

では、新築と中古では、最終的にどちらがお得なのでしょうか。マンションを選ぶときのポイントについて紹介していきます。

① 安心も買いたいなら新築マンション

外観・内装・設備、すべてにおいて新しい新築マンションは、購入してから不具合があることは、ほぼありません。また、現行法の耐震基準に基づいて設計されているため、災害にも強いという特徴があります。

また、隣人も未入居であるため、新しいコミュニティを形成することも可能。過去の住人とのトラブルを心配する必要がないため、余計なストレスを感じる必要もありません。

「安心」も同時に買いたいのであれば、新築マンションがおすすめです。

② 立地にこだわるなら中古マンション

すでに建築されている中古マンションは、新築よりも共有戸数が多い特徴があります。そのため、希望するエリア内で物件を見つけやすく、周辺環境や駅からの距離など立地にこだわることが可能です。

また、中古マンションはすでに周辺環境が整っていることも大きなメリット。新築マンションの場合は、周辺環境も未完成なことが多く、購入してから「展望が悪くなってしまった」「購入後に周辺環境が変わってしまった」という事態に陥ることも考えられるからです。

4.マンションを「お得」に購入するコツ

新築物件とは「築年数1年未満かつ誰も居住したことのない物件」を指します。築年数が1年以上経過すると、誰も住んだことがなくても中古物件として販売されるのです。

もちろん、築年数が浅ければそれだけ購入費用も高くなりますが「新築」というブランドが外れる分、物件価格は安くなります。

このように「新築」にこだわらなければ、お得な物件はいくらでもあります。お得に物件を購入したいのであれば、築年数が浅い物件を購入することも検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

新築にも中古にも、それぞれメリットとデメリットが存在します。いずれも一長一短ですので、どちらがお得か考えるよりは「何を重視したいのか」を考えた方が得策です。

もし新築ブランドにこだわりがなければ、築浅の中古物件を購入するのもおすすめ。諸経費が安く済む分、他の投資に回したり、運用費用にあてたりすることも可能です。

いずれにせよ、まずは「どのように投資をしていきたいのか」という、運用計画を立てることが大切です。目的と予算に合った投資計画を立てていきましょう。

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 新築物件で節税効果を狙う!30代勤務医Cさんの不動産投資事例
  2. 50代、勤務医、Kさん(年収1750万円)の不動産投資事例
  3. 株、FX、太陽光発電……メジャーな投資に潜むリスクとは?
  4. 50代勤務医Bさん(年収2600万円)の不動産投資事例
  5. 利回りはどうなるの?家賃の下落による不安を解消

関連記事

  1. コラム

    アパート経営に投資することのメリット

    投資家は各々の興味やリターン率の良さ、その投資に見出した駆け引きの奥深…

  2. コラム

    不動産投資における頭金の相場はどのぐらい?

    「頭金0円から不動産投資ができる」とはいわれていますが、はたして本当に…

  3. コラム

    勤務医が節税するための方法

    総合病院などで働く勤務医は年収も高く、源泉徴収票をみると多額の所得税・…

  4. コラム

    期限ギリギリ…駆け込み申告で大失敗!確定申告でやりがちなミスとは?

    控除が適用されるにも関わらず、申告し忘れたり、経費のつけ方を間違えて税…

  5. コラム

    開業医が抱えやすい「患者が来ない!」という悩みをどう解決する?

    開業医として成功するためには、患者さんが来ない問題への対処を早めに講じ…

  6. コラム

    2020年東京オリンピックと不動産投資

    世の中の旬な情報を不動産投資の目線で見ると、別の側面が見えてきます。…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合…
  2. 【現役医師執筆コラム】コロナ禍で変わった医療業界の今後
  3. 後悔しない承継開業…高値案件こそ狙い目
  4. 集患とコスト面に優れる承継開業とは
  5. 【現役医師執筆コラム】将来の収入に危機感をもつ医師が急増中
keyboard_arrow_up