【連載】医師と学ぶ資産形成|フリーランス医師 滝川先生 Part.6 | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

【連載】医師と学ぶ資産形成|フリーランス医師 滝川先生 Part.6

医師の方と一緒に資産形成や税金対策を学んでいくスペシャルコンテンツ。
今回は、フリーランスの放射線科専門医としてご活躍の滝川先生にインタビュー。
第6回目は、不動産投資についての先生の疑問にお答えしていきます。

不動産投資で生じる経費の内訳とは!?


滝川先生 不動産では経費がたくさん作れるという話でしたけど、具体的にはどういうものが経費になるんですか?

千田 例えば、銀行でローンを支払うと必ず利息が含まれているんですけど、この利息の部分は全額経費に入れることができます。ご自宅購入の時は経費に入れられないんですけど、投資用の不動産の場合にだけ経費にできるんですよ。あとは諸費用ですね。購入時にかかる銀行の手数料や行政書士の手数料などの初期費用も全額経費に入れることができます。さらに物件にかける火災保険や地震保険、毎年の固定資産税といったものもすべて経費計上できます。これはご自宅だと入れられないので、皆さん驚かれます。

滝川先生 自宅用か投資用かで違うんですね。

千田 そうなんですよ。あとは長く持っていて経年劣化で古くなった部分、例えばエアコンや給湯器の交換など。大きいのは減価償却ですね。ものには全部耐用年数というのが定められていて、例えば乗用車は6年なんですよ。6年以上経った車でも全然走ってると思うんですけど、あくまで経費計上のための耐用年数で決められてますので、600万円の車を買ったら6年間に分けて経費計上していってくださいねというものです。マンションの場合だと47年なので、物件の建物価格を47年間で分割して経費計上します。あとは、物件を見るための交通費や情報収集のための交際費、不動産関連の書籍代などの諸経費ですね。

滝川 物件は、海外のものでもいいんですか? 

千田 海外不動産は節税効果が高いと流行ってたんですが、今年ぐらいから規制がかかってしまったので、今後変わっていくのかなと思います。

今おすすめなのはワンルームマンション


滝川先生 買わないほうがいい物件の特徴はありますか?

千田 人口が減っているエリアの物件やファミリー用の物件はおすすめしません。今、人口は減少しているんですが、実は「世帯数」は上がってきているのです。それは離婚率と未婚率の増加が背景にあり、ファミリー用の物件を買ったところで住む方が減ってきてるんですよ。

滝川先生 単身者向けのワンルームがおすすめなんですね。ワンルームはファミリーよりも入れ替わりが早いイメージですが、それはリスクにはならないんですか?

千田 ワンルームに住む方ってだいたい4年間は住むことが多いんですよ。

滝川先生 ああ。1回は更新するってことですね。言われてみればそんなイメージはあります。

千田 はい。更新タイミングで毎回引っ越すと初期費用が大変なので。とすると4年に1回しか空室リスクが発生しない、と考えることができます。

滝川先生 安定感あるんですね。駐車場とかテナントも不動産投資ですよね。マンション以外の不動産投資ってどうなんですか?

千田 駐車場の場合、経費がほぼ出ないんですよ。駐車場収入が仮に100万あって、経費が50万しかないと50万プラスになってしまう。お医者様などすでに年収が高くて税率が上のステージにいらっしゃる方は、50万年収上がってそこから30%の税金をとられてしまうと考えると、メリットは小さいといえます。

滝川先生 たしかに、節税の観点からいくとそうですね。テナントはどうなんですか?

千田 テナントはまた特殊で、節税対策でテナントという方はほとんどいませんね。価格帯が高いこともありますし、店舗が入る確率と空室期間を考えると、難易度は高めです。テナントだと半年入らないということもざらにありますので。

滝川先生 なるほど。不動産といってもものによって全然違うのですね。おもしろいです。

千田 投資に興味が出てきましたか?

滝川先生 何かしたほうがいいと思うんですけど、性格的に難易度の高い投資は向いてないなっていうのが今のところの実感です。やるなら若いほうがいい、というのも改めて理解できた気がします。

千田 今回のお話が少しでもきっかけになればうれしいです。

【連載】医師と学ぶ資産形成|フリーランス医師 滝川先生 Part.1 はこちら
【連載】医師と学ぶ資産形成|フリーランス医師 滝川先生 Part.2 はこちら
【連載】医師と学ぶ資産形成|フリーランス医師 滝川先生 Part.3 はこちら
【連載】医師と学ぶ資産形成|フリーランス医師 滝川先生 Part.4 はこちら
【連載】医師と学ぶ資産形成|フリーランス医師 滝川先生 Part.5 はこちら

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 都心の築古ワンルームマンション編…
  2. 30代、歯科医、Vさん(年収800万円)の不動産投資事例
  3. 10年後も管理して貰いたいけど……管理会社倒産に対する不安を解消
  4. 家賃保証は魅力的だけど……サブリースに潜む落とし穴!?
  5. 【ワンルーム投資の視点で見る用語解説】不動産投資でかかる税金編

関連記事

  1. コラム

    確定申告の所得控除って具体的には何があるの?

    毎年3月15日に提出の期限を迎える「確定申告」。自営業者はもちろん、給…

  2. コラム

    課税証明書・納税証明書の取得方法と種類について詳しく解説

    住宅ローンや融資などの契約の際に必要になることが多い課税証明書や納税証…

  3. コラム

    「子どもを医学の道へ進ませたい」医学部の費用を捻出する方法は?

    子どもを医学部に入れるためには学費をはじめ、多くの資金が必要になります…

  4. コラム

    相続税を不動産投資によって節税する方法

    個人・法人に関わらず、所得がある場合は国や市町村に対して税金を納めなけ…

  5. コラム

    男性医師でも育休の取得は可能?

    女性対象の制度というイメージがある「育休」。子どもは男女のペアである両…

  6. コラム

    大地震がきたらどうしよう……天災に対する不安を解消

    「地震のリスクが気になるけど、どんな物件を選べば良いのだろう……」…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 住宅ローンと不動産投資ローンの違いとは
  2. 医師は住宅ローンなどの融資で優遇されるのか
  3. 【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合…
  4. 【現役医師執筆コラム】コロナ禍で変わった医療業界の今後
  5. 後悔しない承継開業…高値案件こそ狙い目
keyboard_arrow_up