【連載】医師と学ぶ資産形成|フリーランス医師 滝川先生 Part.1 | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

【連載】医師と学ぶ資産形成|フリーランス医師 滝川先生 Part.1

医師の方と一緒に資産形成や税金対策を学んでいくスペシャルコンテンツ。
今回は、フリーランスの放射線科専門医としてご活躍の滝川先生にインタビュー。
第1回目の今回は、先生のライフプランや資産形成に対するお悩みなどを伺いました。

フリーになってみて感じたメリット


千田 滝川先生は6年ほど大学病院に所属したのち、昨年9月にフリーランスになられたとか。フリーランスという働き方を選ばれた理由は?

滝川先生 フリーランスのほうが自由な時間が作れるのかなと思ったのがきっかけです。

千田 フリーと大学病院では待遇にも変化が出ると思いますが、迷いはありませんでしたか?

滝川先生 後ろ盾もないですし、1人でもやれるというのが過信だった場合、仕事がなくなってしまうかも…というのは考えました。あとは、情報弱者になる心配ですね。医療は常に変わっていきますし、専門医を継続するための条件についても、大きな病院にいたほうが「あれやった?」って誰かが言ってくれたりしますし。フリーになると研究会などの情報も自分から探しに行かないといけないというのもあります。

千田 実際フリーになってからはどのような働き方をされてるんですか?

滝川先生 曜日固定で定期的に勤務するものと不定期のものが複数カ所ありますが、どの職場からも大切に扱っていただいている実感があります。先輩方から「この仕事やらない?」という話もいくつかあって、だんだんと案件は増えていっています。1カ所は自宅でも作業をしていて、仕事量としては食いっぱぐれることはないなという実感です。

千田 ご自分の時間が欲しくてフリーになったことを考えると働き過ぎな気もしますが。

滝川先生 そうなんです。需要があるとうれしくて安請け合いしちゃうので、こんなに働いてたら本末転倒だなって思ってます(笑)。

千田 フリーになったメリットは感じていますか?

滝川先生 基本的にはよかったことばかりですね。仕事量は自分のさじ加減次第ですし、後ろ盾がなくなって勉強する機会が減るかもしれないという不安も、むしろ自分から勉強するようになりました。1人でやっている分、責任感が増したのかもしれません。

千田 収入も病院勤務の時に比べて上がってらっしゃるとか。

滝川先生 上がってるとは思います。でも収入は上がったかもしれませんが、税金などいろんなことを加味して最終的に上がっているのかは勉強不足で分かっていないんです。

千田 今回の確定申告でどれぐらい税金を払うことになるのか想定してない?

滝川先生 そうなんです。税理士の先生に任せてるんですが、いろいろ計算すると減っているのかもしれませんね。

その時々の暮らしに合わせて仕事を続けていきたい

千田 今後のライフプランをお伺いします。

滝川先生 結婚するかどうかで大幅に変わっちゃうと思うので、結婚した場合としなかった場合に分けないと答えようがないんですよね…。

千田 結婚によって大幅にということは、自分の働き方に合わせてくれる方を選ぶというよりは、相手の要望によって働き方を変えてもいいというお考えですか?

滝川先生 そうです。相手が希望するなら主婦になってもいいかなと思っています。仕事は細々とは続けたいんですけどね。やっぱり二馬力のほうが何かあった時に自分で稼ぐこともできますし、放射線科の画像診断という仕事が私は好きなんです。なので、収入源でもありますし、楽しみでもあるんですね。

千田 なるほど。では、例えばご結婚されてお子さんが生まれたら家庭のことをメインにされて、子育てが落ちついたら仕事の量も増やしたいという想定ですか?

滝川先生 その想定はいいですね(笑)。うまくいけばそうなりたいです。

千田 老後はどのように考えられていますか?

滝川先生 老後って何歳からのことを言うんですか?

千田 リタイアされたあとの生活というイメージでしょうか。

滝川先生 それも難しいですね。仕事に求められるスキルは変わっていくだろうと思っていて。20年、30年経っても、勉強してその時のスキルについていけるなら続けたいかも。リタイアということはせずに、細々とでも仕事はできる限りしてるかもしれません。

千田 本当にお仕事がお好きなんですね。資産について将来の不安はありますか?

滝川先生 それはありますね。この先、何が起きるかは分からないので。例えば交通事故に遭って仕事ができなくなったら、今の貯金だけでは生きていけないと思いますし。お金はあって困ることは絶対にないので、増やせるツールがあれば利用したほうが合理的かなと思います。

税金の仕組みや実態について勉強してみたい


千田 では具体的にされている資産運用のお話をお伺いします。現在、色々商品を試されているとか。

滝川先生 iDeCoとNISAを始めました。やってみてよかったと思います。最初に選んでからは放置してるだけなんですけど。放置しておいていいと聞いたので。

千田 そもそも始めたのは将来への不安からですか?

滝川先生 資産運用をしている先生たちはたくさんいるので、やったほうがいいんだろうなぁと薄々思っていたんです。それで、医局を辞めて自分の時間ができたタイミングで始めてみました。運用好きの方たちに聞いたら「iDeCoとNISAは絶対でしょ」と言われて。金融庁も「年金は当てにならないから自分で資産形成してね」みたいなこと言ってるじゃないですか。その金融庁の人が勧めているものであれば問題ないかなと思いまして。

千田 先ほど確定申告は税理士先生にお任せだというお話でしたが、節税したいという希望はありますか?

滝川先生 節税はぜひしたいですね。税務処理はプロである税理士さんに任せるのが安心だと思ってきましたが、これまではあまりに不勉強で税金の仕組みや実態が見えてなかったんです。できる節税はしたいけれど、どういうことが可能で税理士さんが実際にどういった工夫をしてくれているかわからない。自由な時間ができた今、まとまった勉強をしたいという気持ちがあります。

千田 なるほど。それで投資も始めてみようと。不動産投資にも興味あるとか。

滝川先生 投資もいろいろあるじゃないですか。どれがいいかよく分からないんですけど、不動産投資はしてる人も多いですよね。なので不動産に興味があるというよりは、投資の1つの選択肢として不動産投資を勉強するのもいいかなと。

千田 基本的な情報をまずは知りたいということですね。実際、周りにやってる方はいらっしゃるんですか?

滝川先生 けっこういっぱいいるんじゃないですかね。やめたという話は聞かないので、続けているということは悪くないんじゃないかと想像しています。

千田 不動産投資について気になるポイントはありますか?

滝川先生 軍資金がいくらあればいいのか、何年を目安に考えればいいのかというのは気になりますね。あとは、いったん始めたらやめれないのか、期待収支をどういうふうに考えるのかなども興味あります。

千田 分かりました。では、次回はまず資産運用についての基本的なお話からさせていただきますね。

【連載】医師と学ぶ資産形成|フリーランス医師 滝川先生 はこちらPart.2

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 高すぎる所得税をなんとかしたい!30代の整形外科医Rさんの不動産投資事例
  2. こんなに安くてだいじょうぶかな……修繕積立金に潜む落とし穴
  3. 40代 循環器内科 勤務医 年収2,000万円
  4. 30代、勤務医、Yさん(年収1800万円)の不動産投資事例
  5. 40代、勤務医Mさん(年収1140万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. コラム

    不動産投資において都心と地方で迷った時のポイント

    賃貸経営を目的とした不動産投資を行う場合、その不動産の立地の見定めはと…

  2. コラム

    副業をしている医師必見!給与所得以外の所得について学ぶ

    医師が主に得ている収入の1つとして「給与所得」があります。給与所得はイ…

  3. コラム

    子どもの習い事はいつから始めて何を習わせればいい?

    どんな習い事をさせるかを考える前に、まずは何歳から始めたら良いのかを考…

  4. コラム

    税理士が解説!勤務医の確定申告の基礎

    医師の中でも勤務医は一般のサラリーマンと同じく、勤め先の病院やクリニッ…

  5. コラム

    勤務医「不動産投資を始めたいけど忙しい」…実際の時間的コストはいかほど?

    高額所得者の医師(勤務医)にとって、働けば働くほど支払額が増えてゆく税…

  6. コラム

    医師がはじめての不動産投資を行うなら区分所有マンションがおすすめ

    目次 不動産投資の種類はどのようなものがあるのか…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 30代、フリーランス、Kさん(年収1700万円)の不動産投資…
  2. 知っておきたい、開業医の確定申告と節税対策
  3. なぜ医師は高所得なのにお金が残りにくいのか 出費をコントロー…
  4. 「医師と不動産投資の相性がよい」といわれる5つの理由とは
  5. 30代医師が50~60代になった時も、本当に高級取りで裕福な…
keyboard_arrow_up