【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.6 | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.6

医師の方と一緒に資産形成や税金対策を学んでいくスペシャルコンテンツ。
精神科医前田先生の連載最終回となる今回は、セミナーの参加者さまからもご相談が多い物件選びのポイントについて解説いたします。

空室リスクはエリア選びで大きく下げることができる


大内 今回は、先生が不安だとおっしゃった物件選びについてお話します。先生が以前提案された物件はどの辺りだったんですか?

前田先生 北区とか東京の北側が多かったですね。築浅で2500~3000万ぐらいだったと思います。それが見合った投資額なのか、購入額には不安がありました。

大内 山手線の外側という感じですね。そこのエリアの相場を考えるとちょっと高いかなと感じたってことですかね。

前田先生 そうですね。

大内 エリアに関しては、弊社は山手線の内側をメインで扱っているんですけど、会社によって強いエリアがあります。正直、空室リスクというのは場所さえ間違わなければ下げることができるんですよ。東京23区の主要の駅から10分以内の物件で、単身者向けであれば空室リスクを大きく下げることができます。

大内 ちなみに不動産の種類には一棟と区分がありますが、先生は区分のほうをお考えですか?

前田先生 最初はマンションやアパートの区分を探してましたけど、資産運用として増やしていくんだったら一棟がいいんじゃないかという気持ちもありましたね。

大内 なるほど。僕も以前は一棟を販売してたんですけど、地方のほうだと20部屋あるうちの5〜6部屋空いたらプラマイ0ぐらいという形だったんですけど、都心や立地のいいエリアだと2~3部屋空いた時点でマイナスに転じる可能性があるんですよね。その分リスクは高いというか。一棟で儲かるのは地方が主流で、都心の一棟だと保障作りのほうが強いかもしれないですね。

前田先生 そうですね。地方で持って、うまくいったら徐々に都心に近づいていくというようなイメージでしたね。まぁ、余裕も時間もなかったので実際はやってないですけど。地方だと管理も大変ですし。

大内 そうなんですよ。地方の管理会社に任せてると言っても目の届かないところなので、結果、買わなきゃよかったと思う方もいらっしゃいます。

前田先生 やっぱり問題はそこですよね。

中古物件でもエリアによっては家賃が上がる場合も


大内 物件を選ぶ際に新築がいいって思う方もいらっしゃるんですけど、いいエリアには新築が建ちにくいという現状があるんですよね。

前田先生 制限がかかってますよね。

大内 そうなんですよ。23区だと「ワンルーム条例」というのもあるので、もうワンルームは建てられないことになっています。というのと、そもそも土地がないんですよね。23区のいいエリアの土地は、ほとんど大手の会社さんが商業施設やホテルを建てますから。

前田先生 それがあったので、中古を探してたんですよ。リフォームをすると価値が上がるとか売りやすくなるのかなと思ったんですが、どうですか?

大内 減価償却としては、中古のリフォームしてない物件とリフォームした物件、どちらが経費計上として効果があるかというと、たぶんほとんど同じですね。あとはやはりエリアと物件が大事になってくるので、エリアの知識がある不動産会社の人と話したほうがいいですね。街そのものの属性なども大事になってきますので。

前田先生 たしかに街の雰囲気によって住む人の属性も変わってきそうですね。

大内 そうなんですよ。場所によっては家賃が下がる物件も多いんですけど、逆に上がる物件もあります。23区だからどこでもいいというわけでもないんです。代表的なところでいうと、渋谷は今築年数関係なしに上がってるんですよ。僕は新宿に住んでるんですけど、やっぱり家賃が25000円ぐらい上がってますね。家賃が下がるか上がるによって売却するときの金額にも影響しますで、やはり場所選びが大事ですね。

前田先生 そうですよね。

大内 以上が今回のお話になります。先生の年齢と年収に近い方のシミュレーションなどもお見せできるので、ご興味がありましたらまたお話できればと思います。

前田先生 はい。ありがとうございました。

【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.1 はこちら
【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.2 はこちら
【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.3 はこちら
【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.4 はこちら
【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.5 はこちら

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 大地震がきたらどうしよう……天災に対する不安を解消
  2. 辛すぎる仕事漬けの日々……大半の医師は不満を抱えている
  3. 効果的な修繕方法って?リノベーション時の基本テクニック!
  4. 30代、歯科医、Vさん(年収800万円)の不動産投資事例
  5. 40代、勤務医、Iさん(年収1800万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. 利回りはどうなるの?家賃の下落による不安を解消

    コラム

    利回りはどうなるの?家賃の下落による不安を解消

    「高利回りの物件が気になるけど、賃料はどれだけ下がってしまうのだろう……

  2. コラム

    不動産所得の節税に欠かせない「青色申告」

    不動産投資家が不動産所得を申告する場合には確定申告を行うことが一般的で…

  3. 区分マンション投資、東京都心の4%と地方の8%、どっちがお得?

    コラム

    区分マンション投資、東京都心の4%と地方の8%、どっちがお得?

    物件の収益性を示す重要な要素のひとつである、利回り。しかしこの利回りは…

  4. コラム

    多忙を極める医師のワークライフバランスについて考える

    「働き方改革」が提唱されている影響か、ワークライフバランスを重視する人…

  5. コラム

    2020年東京オリンピックと不動産投資

    世の中の旬な情報を不動産投資の目線で見ると、別の側面が見えてきます。…

  6. コラム

    不動産投資における金利の相場はどれぐらい?

    不動産投資を始める場合、不動産投資ローン(アパートローンとも言われる)…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合…
  2. 【現役医師執筆コラム】コロナ禍で変わった医療業界の今後
  3. 後悔しない承継開業…高値案件こそ狙い目
  4. 集患とコスト面に優れる承継開業とは
  5. 【現役医師執筆コラム】将来の収入に危機感をもつ医師が急増中
keyboard_arrow_up