border_colorCOLUMNコラム

なぜ高収入の医師ほど退職後に「お金がなくなる」のか

病院によっては退職金制度が定まっていなかったり、そもそも制度自体がなかったりするところがあるなど、医師の“退職金事情”は安泰とはいえません。働いているときは所得が高く、社会的信用も高い医師だからこそ、若いうちから幅広い資産形成の方法を選べるメリットがあります。現役時代は所得が多く、医師という職業の社会的な信用の高さから融資が受けやすいため、医師は若いころから幅広い資産形成の方法を選ぶことができます。この特徴を上手に活かせば、自身の老後や子どもの将来のための資産を築くことが可能です。

医師の可処分所得は、退職で一気に減少

医師の平均年収はおよそ1,500万円程度といわれています。手取り額に換算すると1,000万円強になるものの、一般的なサラリーマンの平均年収が約400万円とされている時代に医師は「超高収入の職種」であることは間違いありません。

ただ、退職後もこの生活が続くとは限りません。むしろ、実際は「何も準備をしなければ」可処分所得は大幅に下がり、生活のレベルを落とさざるを得ない状況に陥るでしょう。

具体的に見ていきましょう。退職後の収入として「年金」があります。年金は目安として年間230万円程度と考えると、月額で20万円弱になります。現役時代は月に手取りで80万円以上の収入があったころと比べると、その差は歴然です。

また、医師が老後の資産形成を早くから考えたほうが良い理由としては、“医師の退職金事情”が大きく関係しています。医師は年収が高い職業のため退職金も高額と考えがちですが、実際はそうではありません。その額は1,000万~2,000万円程度で、年収から考えても、また一般の大手企業と比べても高額とはいえません。

医師の退職金が高くない理由は、退職金の制度と医師の働き方の関係性に理由があります。通常の退職金制度の場合、退職金の額はひとつの病院で働き続けるほど高額になります。でも、医師の場合は病院や局を異動するケースが少なくないため、退職金はどうしても抑えられてしまうのです。

医師の資産形成は早めの準備が鉄則

医師の退職金事情と年金の額を見てみると、現役時代と変わらない生活、または大幅にスケールダウンしないで生活を続けるためには、早い段階から手を打っておく必要があります。

医師の資産形成は「早めの準備が鉄則」です。その理由は上記の背景に加えて、医師という信頼性の高い職種だからこそ打てる手が多数存在するからです。例えば金融機関にしても、現役時代と、退職後ではその対応は異なるでしょう。

ただし「早い段階からコツコツ貯金を進めていく」という考え方は注意が必要です。なぜなら現在は低金利の時代のため、銀行にお金を預けているだけではほとんどお金は増えないからです。さらに“円”のみで貯金を進めていくと、インフレによって円の価値が下がってしまえば、貯金そのものの価値も下がるというリスクがあります。

では医師が資産形成をするためには何をすればよいのでしょうか。方法の一つとして、不動産投資があります。不動産投資は最初にマンションやアパートを購入する際に金融機関から融資を受けることが一般的ですが、そのときに“医師”の肩書が有利に働きます。

また、不動産投資は経年で劣化する建物の価値分を「減価償却費」を経費として計上できるため、節税面でも大いに有効です。さらに、不動産投資は多忙な医師でも常にかかりつけで運用に携わる必要がなく、基本的には信頼できる管理会社に任せられるので、「医師に向いている投資法」といわれています。

ほかにも資産形成の方法はありますが、「早い段階から準備すること」「医師に向いている方法を選ぶこと」、この二つのポイントを頭に入れておきながら準備を進めてください。

早期の資産形成開始で早期退職&自己実現も可能に

現在、日本人の寿命は延び続けていて、「人生100年時代」といわれるようになりました。これはつまり「100歳まで生きると仮定したときに、どのような人生を描くか」を一人ひとりが考える必要がある、ということを意味しています。

医師として死ぬまで働き続けたい、生まれ育った故郷でクリニックを開いて子どもに跡を継がせたいなど、人生設計はそれぞれ異なるでしょう。皆さんはどんな将来を設計しますか?

ここで一ついえることは、早い段階から資産形成を進めておけば、「将来の選択肢はより広がる」ということです。例えば、不動産投資をして成功すれば、自分が働かなくても不動産が収入を生み出してくれるようになるため、医師を早期退職して、夢の実現に向けて動き出すことができるかもしれません。

まとめ

早い段階から資産形成を行うことは、老後の不安を解消するだけではなく、将来をより自由に生きることができるなど、多くのメリットをもたらします。ぜひこの機会に資産形成について情報を収集し、少しずつ準備していってください。

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 20代歯科医Eさん(年収1300万円)の不動産投資事例
  2. 30代、勤務医、Oさん(年収1100万円)の不動産投資事例
  3. FXは玄人向け?不動産投資との比較
  4. 【ワンルーム投資の視点で見る法律や条例】失火責任法
  5. 40代、勤務医、Iさん(年収1800万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. 利回りはどうなるの?家賃の下落による不安を解消

    コラム

    利回りはどうなるの?家賃の下落による不安を解消

    「高利回りの物件が気になるけど、賃料はどれだけ下がってしまうのだろう……

  2. コラム

    資産管理会社(法人)の設立と不動産投資のメリット

    不動産投資における節税効果を最大化するために、資産管理会社を立ち上げる…

  3. コラム

    【現役医師連載コラム】勤務医がインフレに弱い理由と、その対策

    前回の「勤務医の弱点「円安」と、その対策」に続いて、今回はインフレのお…

  4. コラム

    「青色申告」で大幅節税!? 開業医なら知るべき確定申告の基礎知識

    医師の中でも勤務医の将来は大きく2つにわかれます。大学病院で働いている…

  5. コロナ禍で変わった医療業界の今後

    コラム

    【医師執筆】コロナ禍で変わった医療業界の今後

    東京都内では第2波で一日あたりの感染者数が次第に増えてきている現在です…

  6. 豊かなドクターが必ず持っている金融リテラシーとは?

    コラム

    豊かなドクターが必ず持っている金融リテラシーとは?

    医師のなかでも豊かな人とそうでない人とに二極化していることは、「医師=…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師連載コラム】輪島市の新生児死亡、防ぐためにできる事…
  2. 【現役医師の投資履歴】最初の物件購入~現在 ≪後編≫
  3. 【現役医師の投資履歴】初期研修医〜後期研修医 ≪前編≫
  4. 将来への投資?富裕層である医師が力を入れている子どもの習い事…
  5. 【現役医師連載コラム】なぜ不動産が相続税対策になるのか?
keyboard_arrow_up