border_colorCOLUMNコラム

開業以外の道もある! 最近増えている医師の起業とは

インターネットの普及により勤務医同士の情報交換が容易にできる近頃では、医師が起業をすることで、社会に好循環をもたらそうとする動きが非常に多く見受けられるようになりました。

医師の起業には、勤務医にとって「開業以外の道」という新たなキャリアを生み出すメリットもあると考えられます。

そこで今回は、理想と現実のギャップが生じやすい医療現場の実情をご紹介しながら、そんな環境下で働く医師だからこそできる起業の特徴を徹底解説していきます。

世間のイメージと実際の現場とのギャップに悩む医師も多い

病院という閉鎖的な環境で働く勤務医には、次のように多くの悩みやジレンマが生じやすい実情があります。

・ワーク・ライフ・バランスの問題
一般社会と比べて1日の就労時間が非常に長い勤務医は、プライベートと仕事のやりがいの両立に関するジレンマが起こりやすい傾向にあります。某調査会社によるアンケート結果で全体の4割以上の人が「ある」と答えたオンコールや当直などの勤務状況を鑑みれば、この職業における負担感から見た年収の高さは当然と言える部分もあるでしょう。

しかし、ワーク・ライフ・バランスを保つ上で欠かせない今後のキャリアや家族との時間、子育てなどに目を向けると、勤務医自身の価値観に合った理想像はなかなか定まりにくい実情があります。

・患者さんや社会との間に生じる問題
高齢化社会に伴う認知症や、食生活の欧米化による生活習慣病の増加といった健康問題の増える近頃では、病気の予防につながる情報提供や患者さんとのコミュニケーションに悩む医師も少なくない実情があります。

また、悪質なメディアによる誤った医療情報がネット上に溢れる近頃では、こうした内容への盲信をする一般社会に問題意識を持つドクターも多いようです。

医師だからこその知識を活かして起業するケースが多く見られる

このように理想と現実のギャップに悩む医師の間で、起業を通して一般社会と医療界の溝を埋める動きが活発になっています。ちなみに産婦人科医の宋美玄氏によると、古い時代における医師の起業家とは、ドロップアウト組という少しネガティブなイメージが強かったそうです。

一方で、ここ数年で急増している起業には、高い学歴とキャリアを持ち、医療業界に対して問題意識をしっかり持った医師による能動的な活動というポジティブな特徴があります。

医師の起業は、どんな業界に多いのか?

自身の抱える問題意識や経験をビジネスに活かそうとする医師たちは、次の分野や業界で起業を成功させています。

・医療情報サイト
2016年秋に起きた医療キュレーションメディアの炎上問題により、昔で例える「家庭の医学」のように確かな情報を発信するサイトの重要性に着目するドクターが増加傾向にあります。監修医師の実名も掲載するこうしたサイトには、専門家の集う医療業界からも幅広い信頼が集まっています。

また、正確さとわかりやすさを兼ね備えた医師監修の情報には、専門用語のわからない一般読者にも欲しい内容を容易に得やすい特徴があるようです。

・ヘルスケア
人々の健康をサポートするヘルスケアも、多くの医師起業家が注目する市場です。例えば、今話題の健康保険組合向けのサービスには、加入者の通院状況や検診データに対して医師が助言をおこなうことにより、病気の重症化を防げるメリットがあります。

また、元気な従業員の増加は休職率や保険料率を下げることから、企業経営に好循環をもたらす目的でこのサービスに関心を示す事業主は非常に多い実情があると考えられています。

・コミュニティサイト
10万人以上の医師が登録する大手のコミュニティサービスも、起業家ドクターによって生み出されたものです。サイト内で共有される薬剤の口コミや手術動画は、患者さんの治療や医療サービス向上に役立てられる大事な情報となります。

また、こうしたサイトで生まれるつながりが各ドクターの抱える悩みの解消や、開業・起業のきっかけになり得るとも考えられています。

そのため、一般の人とは直接的に関係のないコミュニティサイトの誕生が、将来的な国内の健康促進や病気予防などに役立つ可能性は十分にあると捉えて良いでしょう。

起業する場合でも、本業の手を抜かないように常に心がけることが重要!

臨床医としての経験や信頼がビジネスに好循環をもたらす医師の起業の場合、絶対に本業をおろそかにしてはならないという注意点があります。

また、「人命を救うこと」という医師本来の目的を大事にするドクター起業家の多くは、起業を一般社会や医療業界の問題を解決する手段と捉える傾向が高いです。したがって医師という特性を活かしたビジネスを考える際には、勤務医や開業医としての顔や、本業を大事にする仕組みづくりも必要となります。

まとめ

コンビニエンスストアや飲食店など、街を歩けば多くの外国人が日本で働いていることが分かります。以前のように日本人だけに対応していればよかった時代は終わりつつあり、確実に変化しています。問診表や院内表示の多言語化などの環境づくりや英会話レッスンなど、できるところから始めておきましょう。地域の支援機関との連携なども、準備しておくと心強いですね。

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 50代 整形外科 クリニック院長 年収2,700万円
  2. 高すぎる所得税をなんとかしたい!30代の整形外科医Rさんの不動産投資事例
  3. 10年後も管理して貰いたいけど……管理会社倒産に対する不安を解消
  4. 30代 勤務医 呼吸器内科 年収1,800万円
  5. その物件、瑕疵物件かも……リノベーションに潜む落とし穴!?

関連記事

  1. コラム

    激務=長時間労働とは限らない? 医師が激務と感じる要因

    人はいつ何時、病に倒れるかわかりません。医師の仕事は時間を選べないため…

  2. コラム

    働き方改革が進む現在、注目される「産業医」という働き方

    少子高齢化や労働スタイルの多様化など、働き方の変化の過渡期にある日本。…

  3. コラム

    北海道リレーインタビュー VOL.1小林範子先生(北海道大学病院婦人科 講師)

    北海道で活躍されている医師の方にインタビューを行い、ご自身の取り組まれ…

  4. コラム

    医師の不動産投資で失敗しないために知っておくべきこと

    不動産投資に節税効果があると耳にしたことがある方も多いのではないでしょ…

  5. コラム

    進化を続けるAIは医療現場にどのような影響を及ぼす?

    アメリカでAI(人工知能)による臨床実験が進み、「将来は医師の仕事が減…

  6. コラム

    時間がない勤務医はいかに資産形成をすべきか?

    多忙な医師が将来を見越して資産を形成しようと考えたとき、実際にどんな方…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 知っておいて損はない、初めての海外不動産投資
  2. なぜ医師の資産形成には不動産投資が向いているのか?
  3. 開業を考える勤務医向け 「家族経営」の節税メリット 
  4. 勤務医をしながら社長に! 法人化で狙える節税効果
  5. 50代 整形外科 クリニック院長 年収2,700万円
keyboard_arrow_up