border_colorCOLUMNコラム

医師だからこそおすすめな投資方法とは

上手に投資をして資産を増やし、生活のクオリティを向上させている医師がいます。その一方で、投資に全く興味がなく、「資産形成が思うようにできない」と悩んでいる医師もいます。両者の違いは何でしょうか? 大きなポイントは“投資の実態”を知っているかどうかでしょう。そこで今回は、医師におすすめな投資方法についてご紹介します。

資産は「増やす」ことと「守る」ことを組み合わせて運用するのが正解

医師は世の中の数ある職業の中でも高収入を得ています。お金がたくさん入ってくると聞くと、「上手に資産を運用してさらに増やしているんだろうな」と思ってしまいますが、実際はそうとは限らないようです。

ハッキリと言ってしまえば、「投資や資産運用に興味のない医師のほうが多い」というのが現状でしょう。医師の本業は投資ではなく医療行為なので、本業そっちのけで投資のことばかり考えられては患者も困ってしまいます。しかし、あまりに無関心すぎると“損”をしている場合がかなりあるのです。

というのは、支払う税金は収入が高くなればなるほど増えるので、高収入の医師は何も対策をとらなければ常に多額の税金を支払うことになります。でも、投資や資産運用などで「税金対策」も併せてしっかりと行えば、自分の資産を守り、さらに増やすことができる可能性も出てくるのです。

投資や資産運用と聞くと、今もっている資産を「増やす」ことにばかり目がいきがちですが、それだけではなく節税などで資産を「守る」こともできる、ということを押さえておいてください。

運用のプロに任せるヘッジファンドがおすすめ

これから投資を少しずつ始めようと考えている“投資初心者”の医師の方におすすめの投資方法があります。それは、患者が医療行為をその道のプロである医師に託すように、資産運用のプロに資産を預けて自分の代わりに投資を行ってもらう「ヘッジファンド」というサービスです。

単に「プロにお任せして投資ができるから医師におすすめ」というわけではありません。そのほかにも2点、医師だからこそおすすめする理由があります。

医師は高収入のため、ある程度まとまった資産をもっている人が多いため、「質の高い運用」を受けられる可能性が高いことです。ヘッジファンドは少額からも運用を行うことができる「公募形式」のサービスを実施していますが、これは「小規模からもはじめられる」というメリットがある一方で、国がさまざまな規制をかけているため、質の高い運用が妨げられる可能性があります。

ヘッジファンドには「公募」以外に「私募形式」があり、私募は最低金額が高額に設定されているケースが多くなります。最初のハードルが高いぶん、ハイリスクハイリターンで、運用の質が高くなると考えられています。医師は資産があるため、私募にチャレンジできる可能性がある、ということがメリットになるのです。

ヘッジファンドはデメリットを理解したうえで利用しよう

ヘッジファンドの利用法はファンドのホームページから問い合わせる方法、知人から紹介してもらう方法など、さまざまなものがあります。医師が参加しやすい「私募」の場合は出資者に対して個別に相談する機会があるため、相手を見極めたうえで利用することができます。

面談の際は、ファンドマネージャーに対していろいろと質問をしましょう。実績、ファンドの社員数、申し込みや解約の方法、手数料など、気になるポイントは残さずに聞いておくべきです。

特にヘッジファンドは手数料が高めに設定されているものです。これはヘッジファンドのデメリットでもありますが、他人であるプロに運用してもらう方法という点を踏まえて、検討しましょう。他にも、解約できる期間が決まっているためすぐに換金できない、ヘッジファンド自体が破綻する可能性がある、というデメリットがあることも覚えておいてください。

少額から始められる不動産投資「REIT」を知っていますか?

最後に、医師にもう1つのおすすめの投資方法「REIT」(REAL ESTATE INVESTMENT TRUST/不動産投資信託」を紹介します。REITは複数の投資家から集めた資金で不動産を購入し、賃貸収入や売買益を投資家に分配する投資商品のことです。

勤務医ドットコムでは、自分がオーナーになって行う「不動産投資」について、いくつかのコラムでご紹介してきましたが、不動産投資は最初に物件を購入するためのまとまった費用が必要になりますが、REITは数万円から数十万円から投資をはじめることができます。

REITは、運用を不動産のプロである不動産投資法人に任せることができる、売買がしやすいなどのメリットがあります。

REITではなく、実際の物件を購入して行う不動産投資に関しては以下のコラムで解説していますので、ぜひご覧になってください。

投資初心者の医師必見!経験者もおさらいしておこう 不動産投資の基本的な考え方
節税だけじゃない!不動産投資で医師が得られるメリットとは
不動産投資が医師におすすめな理由と注意すべきこと

まとめ

収入の多い医師とはいえ、最初から多額の投資をしてしまうと取り返しのつかない失敗をしてしまう可能性があります。そうならないように投資について学びながら、少しずつはじめていきましょう。

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 【ワンルーム投資の視点でみる用語解説】新規賃料を求める鑑定評価手法編
  2. 医師にとって節税につながる不動産投資とは
  3. 【ワンルーム投資の視点で見る法律や条例】失火責任法
  4. 【ワンルーム投資の視点でみる法律や条例】借地借家法編
  5. 10年後も管理して貰いたいけど……管理会社倒産に対する不安を解消

関連記事

  1. コラム

    勤務医でも確定申告が必要なケースとは?

    毎年2~3月になると、「確定申告」という言葉をよく聞くようになります。…

  2. コラム

    老後2,000万円問題は他人ごとではない! 不動産投資は老後資金作りにも有効

    「安心して老後を暮らしたい」というのは、誰もが思うことで、これは医師も…

  3. コラム

    【ワンルーム投資の視点でみる法律や条例】借地借家法編

    不動産投資を行うにあたり、法律や条例の知識も必要となります。不動産…

  4. コラム

    これからの不動産投資に必須? ホームインスペクター

    利害関係なく冷静に分析してくれる第三者の意見は重要なもので、これは不動…

  5. 豊かなドクターが必ず持っている金融リテラシーとは?

    コラム

    豊かなドクターが必ず持っている金融リテラシーとは?

    医師のなかでも豊かな人とそうでない人とに二極化していることは、「医師=…

  6. 効果的な修繕方法って?リノベーション時の基本テクニック!

    コラム

    効果的な修繕方法って?リノベーション時の基本テクニック!

    「中古物件購入時にリノベーションをしたいけれど、効率良くするにはどうし…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 知っておいて損はない、初めての海外不動産投資
  2. なぜ医師の資産形成には不動産投資が向いているのか?
  3. 開業を考える勤務医向け 「家族経営」の節税メリット 
  4. 勤務医をしながら社長に! 法人化で狙える節税効果
  5. 50代 整形外科 クリニック院長 年収2,700万円
keyboard_arrow_up