地方医師と大都市圏医師の収入の違い | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

地方医師と大都市圏医師の収入の違い

高収入で知られる医師ですが、同じ医師でも“収入の差”は存在します。勤務医か、開業医か、診療科は何か……。収入の差を生むのはさまざまな要素が存在します。また、一般の職種でも地方と大都市では給与水準が異なるものですが、医師の世界にもそれは当てはまるのでしょうか。そこで今回は、地方医師と大都市圏医師の収入についてそれぞれのケースを解説します。

医師の収入の現状について(勤務医、開業医の収入の違い)

厚生労働省が平成28年に公表したデータによると、職種別の年収ランキングで「医師」は2位に入っています。詳細を見ると、1位:航空機操縦士、2位:医師、3位:大学教授、4位:公認会計士・税理士、5位:歯科医師と続きます。
ただ、医師の中でも「勤務医」と「開業医」では“収入格差”が見られます。同様に、厚生労働省の調査によれば、病院勤務医は平均年収約1,400万円、開業医(診療所院長)は約2,800万円、2倍もの差があることがわかります。
どうして、ここまでの差が生まれるのでしょうか? 厚生労働省はこの差について、「開業医は、診療所を建築するために借り入れた借金(元本)の返済、診療所の老朽化に備えた建て替えや修繕のための準備金、病気やけがにより休業した場合の所得補償のための費用(休業した場合に収入は激減)、老後のための退職金相当の積立て(サラリーマンのような退職金はない)といったものが含まれるものであり、勤務医の「給与」とは内容や性質が異なるものである」と見解を示しています。
また、開業医は勤務医よりも多くのリスクを抱えています。真面目に働いていれば毎月の固定給が支払われる勤務医と違い、さまざまな返済を行いながら、患者を集める努力をし、診療をして、健全な経営まで行わなければなりません。収入の差だけで「開業医の方がメリットがある」とはいえないでしょう。

地方医師の収入の現状について

今回の本題の「地方医師」と「大都市圏医師」の収入の違いを見ていきます。結論から書くと、一般の職種の給与水準とは異なり、医師の世界では「地方のほうが都会よりも収入が高い」現実があることがわかります。
厚生労働省の「平成28年 賃金構造基本統計調査の統計データ」によると、年収の高い都道府県ランキングは、男性医師の場合、<35~40歳>1位:山形、2位:奈良、3位:鳥取、<40~45歳>1位:宮城、2位:兵庫、3位:大阪、<45歳~>1位:滋賀、2位:福島、3位:青森、女性医師の場合、<~35歳>1位:山形、2位:三重、3位:京都、<35~40歳>1位:宮城、2位:香川、3位:広島、<40~45歳>1位:新潟、2位:山口、3位:埼玉、<45歳~>1位:高知、2位:長崎、3位:青森となっています。
これを見る限り、大都市圏は男性医師の40~45歳の3位にランクインしている大阪ぐらいで、東京や名古屋、福岡は入っていません。一般職種では“東京一極集中化”が進んでいる日本でも、医師の世界に関しては「都市よりも地方のほうが年収が高い」というのはデータで証明されています。
このような収入格差が生まれる原因は“需要と供給”のバランスに他なりません。東京は人口が多いぶん、患者の数は多くても、医師の数も地方よりも圧倒的に多いため、給与が抑えられる傾向にあるようです。一方、地方は「医師が貴重な存在」なので、需要が増え、給与も高くなるというわけです。
ただ、地方の医師は貴重な存在であるぶん、求められる機会が当然多くなり、労働時間は長くなります。こう考えると、長く働いた分が給与に反映されているという考え方もできるかもしれません。

大都市圏医師の収入の現状について

大都市圏医師の収入状況も見てみましょう。上記のデータによれば、東京や大阪の全世代の医師の平均年収は、<東京>男性1,040万円、女性983万円、<大阪>男性1,487万円、女性1,020万円です。一方で地方を見ると、<宮城>男性:1,868万円、女性:1,627万円、<青森>男性:1,774万円、女性:1,505万円と、大きな差がついています。
やはり、大都市圏よりも地方で働いたほうがいいのかというと、そうともいい切れないかもしれません。勤務年数が増えていけば、地方と大都市圏の医師の収入格差はなくなるというデータもあります。
また、大都市圏であろうと、地方であろうと、高収入を得られる方法はあります。それは“スペシャリティ”を身につけることです。その医師にしかできない手術、圧倒的な専門知識などがあれば、場所には関係なく、高収入が約束されるでしょう。
さらにいえば、年収だけを目安にして勤務地を考えると、思わぬ落とし穴がある可能性もあります。働き甲斐は収入だけではなく、環境、人間関係など、さまざまな要素が関係するので、収入もそのうちのひとつと捉えて勤務先を検討してみることをおすすめします。

まとめ

地方医師、大都市圏医師の収入の差に加え、勤務医、開業医によっても収入は大きく異なります。そのような現状がありつつも、収入だけでなく、自分の働き甲斐は何か、やりたいことは何かを考えることも、医師生活を続けるうえで重要な要素でしょう。

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 30代、勤務医、女性Rさん(年収1300万円)の不動産投資事例
  2. 融資は交渉できるの?融資交渉時の基本テクニック!
  3. 50代勤務医Bさん(年収2600万円)の不動産投資事例
  4. 投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 都心の築古ワンルームマンション編…
  5. 30代、勤務医、Dさん(年収1050万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. コラム

    女性医師が働き続けるためのヒント

    女性医師は、男性医師よりも、結婚や出産・育児によって“キャリアの中断”…

  2. コラム

    医師が投資に失敗するパターンを紹介

    「こんなはずじゃなかった……」。資産を増やそうと思ってはじめた医師が投…

  3. コラム

    不動産投資における「収益還元法」とは

    条件が整った投資向け不動産物件。大きな投資金額となるため、「これは良い…

  4. コラム

    不動産投資のやり方・始め方

    不動産投資は時間がかかるの?契約まで手間が多い?初めて不動産投資を…

  5. コラム

    不動産投資は生命保険代わりになる?ならない?

    不動産投資には高額な資金を伴います。不動産収入を期待し、融資を受け…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師連載コラム】医師×不動産投資、相性が良い理由
  2. 【税理士連載コラム】医師も知っておきたい税務調査の実態「勤務…
  3. 医師に対する「副業」に関する調査
  4. 【税理士連載コラム】医師も知っておきたい税務調査の実態「税務…
  5. 【後編/20代医師×担当営業対談】一生に一度あるかないかの買…
keyboard_arrow_up