医師が投資に失敗するパターンを紹介 | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

医師が投資に失敗するパターンを紹介

「こんなはずじゃなかった……」。資産を増やそうと思ってはじめた医師が投資に失敗するケースは少なくありません。そもそも投資は確実にお金が増える方法ではないので、失敗する可能性はもちろんあるわけですが、誰もがしっかり増やしたいと思っているものですよね。そこで今回は、他人のふり見て我がふりを直すために、「医師が投資に失敗するパターン」を紹介します。

返済比率が高い

医師の投資と聞いて、多くの人が思い浮かべるものに「不動産投資」があります。不動産投資とはアパートやマンションを購入し、他の人に住んでもらって運用益を得て、さらに経費を計上することで支払う税金を少なくする節税対策の面もある投資法です。

医師が不動産投資で失敗する原因のひとつが「返済比率が高いこと」です。不動産投資で物件を購入することは、一般的に住宅を購入することと同様に「住宅ローンが発生」します。自己資金一括で物件を買うとローン控除のメリットが受けられないため、医師が不動産投資をする場合も、自己資金+融資(借金)で投資をはじめます。

不動産投資の物件のローンを返すのは、物件を購入した医師ですが、実際に返しているのは「マンションを借りた人」です。その人が毎月家賃としてオーナーに支払い、それをオーナーがローンとして返済するという流れです。

ただ、返済比率(年収のうち返済が占める割合)が高くなると、リスクが発生しやすくなります。不動産物件を購入してすぐに借り手が現れたり、その人が引っ越しをしても絶え間なく入居希望者が出てくれば問題はありませんが、アパートやマンションは空室ができる可能性がゼロではありません。

また、空室だけでなく購入エリアの家賃相場が下がる可能性も捨てきれません。最初は15万円で設定していた物件の家賃が数年後には10万円にしなければ入居希望者が現れなくなったとします。そうなると、毎月15万円の返済でプランを組んでいたローンは自己資金をプラスしなければならなくなります。返済比率が高いと、これは死活問題に繋がります。

何かトラブルがあっても問題のない返済比率かどうかを、不動産のプロと相談しながら事前に検討することをおすすめします。

赤字物件補てんのために新たな物件を購入

不動産投資の失敗で他にもよくあるのは、赤字物件を補填するために、新たな物件を購入するというケースです。医師は年収が高額のため、住宅ローンを組むことは世の中の多くのサラリーマンよりも簡単です。

しかし、最初は少額と思ってはじめた住宅ローンも、数が増えていけば当然ながら高額になります。物件を増やせば運用益が増える可能性はありますが、同時に、確実に返済比率が上がるということも忘れてはいけません。

また、当初の赤字物件もそのままにしておくわけにはいきません。運用益を出すためには、そこにも入居者を入れなければならないので、そのための努力も必要です。部屋の原状回復費用、リフォーム費用、さらには入居者を集めるために多額の広告費を支払うことも考えられます。

それでも入居希望者が現れない場合は、損することを覚悟で物件を売却することになります。不動産投資は失敗だったと白旗をあげるわけですが、世間は簡単に白旗をあげさせてはくれません。どういうことかというと、不動産のプロは赤字物件であることを見抜いているので購入されづらいことがあり、販売希望額から大幅に下げられる可能性もあります。

不動産投資をはじめる際は、さまざまなリスクがあることを知ったうえで、万が一トラブルが発生したらどのようにするかというプランを立てたうえで実行したほうがよいでしょう。

多忙で確定申告が疎かになる

勤務医であれば、病院が年末調整を毎年行ってくれるため、確定申告をする必要はないことがほとんどです。しかし、不動産投資をはじめとする投資を行い、運用益を得るようになると、年末調整とは別に確定申告をする必要が出てきます。

確定申告とは、年間の所得にかかる税金を算出し、支払う手続きのことを指します。年間所得の期間は、毎年1月1日から12月31日までで、必要書類を揃えたうえで2月16日から3月15日までに税務署に申告・納税をしなければなりません。

確定申告を行わないと、支払うべき税金に加算税や延滞税が上乗せされるというペナルティがあるので、確定申告をするべき人は確実に行う必要があります。投資をはじめたばかりの勤務医もその例外ではありません。

それまで確定申告とは無縁で生きてきた勤務医は、多忙で確定申告を忘れてしまったり、その内容が疎かになったりすることも十分に考えられます。本業だけでも忙しい医師が、投資もはじめると、さらに忙しくなるのは必然です。それでも確定申告は忘れないように注意しましょう。

まとめ

不動産投資は医師と同様に専門知識が求められる分野です。投資で失敗しないためにも本を読んだりセミナーに参加するなどして不動産に対する知見を深めることが重要です。

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 40代、勤務医、女性Pさん(年収2000万円)の不動産投資事例
  2. 40代、勤務医Kさん(年収1760万円)の不動産投資事例
  3. 50代、勤務医、Kさん(年収1750万円)の不動産投資事例
  4. 【ワンルーム投資の視点でみる法律や条例】借地借家法編
  5. 気になる税制改正……改正による影響をシミュレーション!

関連記事

  1. コラム

    相続税を不動産投資によって節税する方法

    個人・法人に関わらず、所得がある場合は国や市町村に対して税金を納めなけ…

  2. 支払総額はどうなるの? 金利の上昇による不安を解消

    コラム

    支払総額はどうなるの?金利の上昇による不安を解消

    不動産投資への興味を持ちつつも、不安があるせいでなかなか最初の一歩が踏…

  3. コラム

    不動産投資において一括払いにリスクはないのか?

    不動産投資において、ローンと一括払いでどのような違いが生じるのでしょう…

  4. 区分マンション投資、東京都心の4%と地方の8%、どっちがお得?

    コラム

    区分マンション投資、東京都心の4%と地方の8%、どっちがお得?

    物件の収益性を示す重要な要素のひとつである、利回り。しかしこの利回りは…

  5. コラム

    医師が不動産投資プラスアルファで不労所得を得る方法

    不動産投資は医師に向いているといわれる資産運用法の一つです。今回はそれ…

  6. コラム

    節税目的のマンション経営にはどんなリスクがあるのか

    マンション経営は、所得税や相続税などの節税が見込めるため、節税目的で行…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合…
  2. 【現役医師執筆コラム】コロナ禍で変わった医療業界の今後
  3. 後悔しない承継開業…高値案件こそ狙い目
  4. 集患とコスト面に優れる承継開業とは
  5. 【現役医師執筆コラム】将来の収入に危機感をもつ医師が急増中
keyboard_arrow_up