border_colorCOLUMNコラム

気になる税制改正……改正による影響をシミュレーション!

気になる税制改正……改正による影響をシミュレーション!

ニュースで取り上げられていた税制改革、自分の税金はどう変わるのだろう

ニュースなどで少し前から報じられている「年収850万円超で増税」というフレーズ。
自分へどう影響してくるのか、気になっているひとも多いのではないでしょうか。

本記事では税制改革のポイントと、給与所得控除のシミュレーションについてみていきます。

税制改革のポイント

まずは今回のテーマである「2018年度の与党税制改正」について、6つのポイントを紹介します。

  1. 給与所得控除を一律に10万円減額する
  2. 基礎控除を一律10万円引き上げる(38万円→48万円)
  3. 控除の上限を年収850万円の195万円へ(現在は年収1,000万円の控除220万円)
  4. 同一生計内に「22歳以下の子供」や「介護を必要とする人」がいる人は増税の対象から外す
  5. 基礎控除を所得2,400万円超の高所得者から縮小する
  6. 2020年1月から実施する

給与所得控除が①年収に関わらず一律に10万円引き下げられ、
その代わりとして②会社員・自営業全員が受けられる基礎控除を同時に一律10万円引き上げます。

これだけであれば会社員にとっての税負担は変わらないのですが、
③給与所得控除の上限が220万円→195万円と縮小するため、年収850万を超える人は実質的に所得税が増税となります。

給与所得控除とは、会社員が所得税・住民税を計算する際、ある程度必要な経費があるとみなし、給与収入から差し引くことです。

現在給与所得控除の計算は、以下の表によってもとめられます。

給与 給与所得控除額
180万円以下 収入金額 × 40%
65万円に満たない場合には65万円
360万円以下 収入金額 × 30% + 18万円
660万円以下 収入金額 × 20% + 54万円
1,000万円以下 収入金額 × 10% + 120万円
1,000万円超え 220万円(上限)

給与をもらっているすべての人は給与所得控除の対象となっており、収入が180万円以下の場合は全ての人に対し65万円分の控除が受けられます。
この給与所得控除に加え、基礎控除の38万円(一律)を足した103万円が無課税となります。

給与所得控除のシミュレーション

それでは年収が1,000万円の人をモデルケースとし、給与所得控除の計算をしてみましょう。

給与所得控除額 = 1,000万円 × 10% + 120万円 = 220万円

今までは上限の220万円が給与所得控除額となっていました。
税制改正によりこの上限額が195万となるため、基礎控除が10万円引き上げになる分を差し引いても税額は増額となります。

下の表は財務省の試算によるものです。

年間収入額 年間増税額
850万円 0
900万円 1.5万円
950万円 3万円
1,000万円 4.5万円
1,500万円 6.5万円
2,000万円 6.5万円
3,000万円 31万円

目安として、年収が1,000万円の人は4.5万円の増額となるようです。
また、年収が3,000万円を超えると基礎控除が廃止されるため、増税額が一気に跳ね上がるという点にも注目しておきましょう。

今後も給与所得控除額は縮小していく?

給与所得控除はここ数年、縮小しています。

平成24年度の税制改正にて、それまでは年収がどれだけあってもその5%分が給与所得控除となっていましたが、そこに上限が設けられました。(245万円)

その後、段階的に上限額が縮小されていき、現在の220万円となっています。

今後もこの縮小は継続される可能性があり、その場合、高所得者はじわりじわりと影響をうけることになるでしょう。

こうした時代の変化へ対応するため、今からできる対策として不動産投資は有効な手段のひとつです。
世の中の情報に日頃からアンテナをはりつつ、不動産投資に対してもしっかりと知識をつけたうえで、未来の資産を築いていきましょう!


不動産運用セミナーTOPはこちら

不動産運用セミナーTOP

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. こんなに安くてだいじょうぶかな……修繕積立金に潜む落とし穴
  2. 40代、勤務医、Iさん(年収1800万円)の不動産投資事例
  3. 融資は交渉できるの?融資交渉時の基本テクニック!
  4. FXは玄人向け?不動産投資との比較
  5. 2020年東京オリンピックと不動産投資

関連記事

  1. コラム

    税理士が解説!勤務医の確定申告の基礎

    医師の中でも勤務医は一般のサラリーマンと同じく、勤め先の病院やクリニッ…

  2. コラム

    【現役医師連載コラム】変化する時代と、キャリア別の「専門医」の価値

    医師にとって「専門医」という概念は、切っても切れない関係にありますよね…

  3. コラム

    FXは玄人向け?不動産投資との比較

    「FXと不動産投資、どちらが難しいのだろう……」投資の手法には…

  4. コラム

    節税方法としての確定拠出年金iDeCo

    節税を考えたことがある方であれば、一度は「iDeCo(イデコ)」という…

  5. コラム

    勤務医は何故「いつまでもお金を貯められない」のか?

    勤務医として働いている医師の平均年収は1200万円~1500万円といわ…

  6. コラム

    投資の成功者の共通点とは

    カリスマトレーダーがネットで取り沙汰される他、本業をこなしながらいくつ…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師連載コラム】輪島市の新生児死亡、防ぐためにできる事…
  2. 【現役医師の投資履歴】最初の物件購入~現在 ≪後編≫
  3. 【現役医師の投資履歴】初期研修医〜後期研修医 ≪前編≫
  4. 将来への投資?富裕層である医師が力を入れている子どもの習い事…
  5. 【現役医師連載コラム】なぜ不動産が相続税対策になるのか?
keyboard_arrow_up