border_colorCOLUMNコラム

IoTで変わる不動産投資

IoTで変わる不動産投資

世の中の旬な情報を不動産投資の目線で見ると、別の側面が見えてきます。

今回は「IoT」にスポットを当て、不動産投資への影響について掘り下げていきましょう。

IoT

「IoT」という言葉、最近メディアなどで見かけることが増えてきています。このIoTとは、「Internet of Things」の頭文字を取った言葉で、「モノのインターネット」すなわち、色々なモノがインターネットにつながるという意味。

家庭用ゲーム機やテレビ、冷蔵庫などの家電から靴や洋服、珍しいところでは「雨が降りそうな日に光で教えてくれる傘立て」といったモノまで登場しています。
その中でも、ニュースでよく取り上げられている「スマートスピーカー」に注目してみましょう。

スマートスピーカー

スマートスピーカーとは、音声によって操作が可能なスピーカーです。
AIアシスタントを利用できることから、「AIスピーカー」と呼ばれることもあります。
Amazonの「Amazon Echo」、Googleの「Google Home」、LINEからは「LINE Clova WAVE」が販売されており、Appleも「HomePod」を2018年2月9日にアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売するというニュースが発表されました。

スピーカーに直接話しかけることで音楽鑑賞や調べ物をしたり、家電を操作したりすることができます。手で入力するよりも手間がかからないため、手軽に目的を達成できるのです。
スマートスピーカーの普及に合わせて、それに対応する「スマートホームデバイス」も増えてきています。

人がスマートスピーカに話しかけている図

スマートホームデバイス

リビングや寝室にある家電がインターネットに繋がることにより、外から家の中の状態を確認したり、機器を操作したりすることが可能になり、私たちの生活が便利になってきました。

具体的なものとして、「声で操作する照明」、「家の外から操作できるエアコン」などがあります。
朝起きた時に「電気をつけて」と声を発するだけで部屋の電気がつき、家の外からスマートフォンのアプリでエアコンを起動し、帰宅時間に合わせて部屋を温めておく、といった便利な使い方が広がりはじめています。

そんな便利な機器の一つに、「スマートロック」というものがあります。

スマートロック

スマートロックとはスマートフォンなどで開閉の操作や管理を行う機器およびシステムの総称です。
外出時に鍵をかけるのを忘れてしまった時に鍵を閉めたり、家事で手が離せない時などに声で鍵をあけたりすることができます。

このシステムは不動産管理業者も注目をしており、「QrioSmartLock」、「NinjaLock」、「Akerun」などが既に開発・利用されています。
業者側が内見希望者に「内見時間のみ有効な鍵のデータ」を渡すことで、内見をセルフ化することも可能となるのです。

スマートロックのイメージ図

IoT×不動産

先述したスマートロックに加え、VR技術を使った「VR内見」の登場により、探す側・提供する側双方の効率化が進んでいます。
めざましい技術の進歩と普及により、物件全体がインターネットに繋がるという未来も予想できます。

そんなマンション管理業界では「入居者の高齢化」「建物の老朽化」及び「管理人の人手不足」が大きな課題としてあげられます。

床や壁、目に見えない配管など建物の老朽化具合をリアルタイムで確認したり、入居者の要望に遠隔操作で応えたりといったことが可能になると、次のようなメリットに繋がります。

  1. 物件売却時の価格を高めること
  2. 設備老朽化による事故などのトラブルを事前に回避
  3. 入居者満足度向上による空室リスクの軽減

このように、ワンランク上の物件管理が可能となります。

こうした新しいサービスや製品は多くのメリットをもたらしてくれますが、そこには新しく生じるリスクも含まれてきます。
スマートホームデバイスにおいては、情報漏洩などセキュリティ面が大きなリスクと言えるでしょう。
実例も出始めているようなので、メリットと合わせてしっかりと抑えておきたい部分です。

このように、あまり不動産投資に関係ないトレンド情報も合わせて蓄えていくことで、あなたの不動産投資をより有利なものにしていきましょう!

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. IoTで変わる不動産投資
  2. 40代、勤務医Mさん(年収1140万円)の不動産投資事例
  3. ワンルーム投資の視点でみる法律や条例【区分所有法編】
  4. FXは玄人向け?不動産投資との比較
  5. 利回りはどうなるの?家賃の下落による不安を解消

関連記事

  1. コラム

    家庭の事情? ハードワーク? 医師が転職を決断する理由とは

    社会的地位が高く、患者さんから感謝されることの多い医師も、決して“万能…

  2. コラム

    儲かる診療科は「〇〇科」! 開業のトレンドを解説

    内科、外科、整形外科、小児科、眼科、泌尿器など、さまざま科目が存在する…

  3. コラム

    医師が不動産投資で失敗しないために知っておくべきこと

    不動産投資で成果をあげることができる人は、そこに存在する「リスク」も知…

  4. コラム

    「青色申告」で大幅節税!? 開業医なら知るべき確定申告の基礎知識

    勤務医の将来は大きく2つにわかれます。大学病院で働いている場合、勤続し…

  5. コラム

    もううんざり……不動産投資の電話営業

    「また不動産投資の電話営業……なぜこんなにかかってくるのだろう」…

  6. コラム

    医師のワークライフバランスと充実したセカンドキャリアの選び方

    ワークライフバランスのために職場を変えることもキャリア形成の一つの方法…

知らないだけで3,000万円も損をする?

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 勤務医「不動産投資を始めたいけど忙しい」…実際の時間的コスト…
  2. 外国人投資家も台頭…「2020年東京オリンピック」で不動産投…
  3. 地方都市「中古マンション」が値上がり中! 高利回り期待のエリ…
  4. 勤務医のキャッシュフローを大公開!年収1000万超え富裕層の…
  5. 逃れられない税務…勤務医が「不動産投資」を始めるワケ
keyboard_arrow_up