辛すぎる仕事漬けの日々……大半の医師は不満を抱えている | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

辛すぎる仕事漬けの日々……大半の医師は不満を抱えている

辛すぎる仕事漬けの日々……大半の医師は不満を抱えている

医師のなかで、仕事漬けの日々を送っていない人(あるいは送った経験がない人)はまずいないのではないでしょうか。当然、過酷な労働環境であれば、さまざまな不満も出てきます。ここでは厳しすぎる医師の仕事事情を紹介します。

医師になることを子どもに「全く勧めない」という医師の本音

医師のなかには、「医師は、この世でもっとも必要とされている職業だ」「大きなやりがいのある仕事だ」と思っている人が大勢います。
しかし一方で、「医師になったことを後悔している」という人が少なくありません。

その証拠に、以下のような報告がなされています。
医師向けポータルサイト「m3.com」によると、医師に「もし子供がいたら医療従事者という職業を勧めるか」と質問したところ、「とても勧めたい」と回答した人の割合は全体の10.2%しかおらず、「全く勧めない」(12.3%)を上回る結果となっています。
参考:https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/549130/

なかには「辛いことや悲しいことも多く、体力・精神力を要する」「医師として生きてきて、金儲けを第一に考えることの卑しさに気付いた」「儲けるつもりなら、他の職業の方がいいと思います」など、医師という職業の負の側面について語られているコメントも出ています。

過労死ラインを超える劣悪な労働環境

では実際に、医師の仕事がどれほど過酷なのか見ていきましょう。
「勤務医の就労実態と意識に関する調査」によると、勤務医の1週間当たりの労働時間は平均46.6時間です。労働基準法で定められている法定労働時間は1週間40時間なので、勤務医の働いている時間は法定労働時間を超えているということがわかります。

また、勤務医のなかには複数の勤務先で働いている人もいます。
同調査によると、複数の病院に勤務する医師の平均労働時間は53・2時間、2割以上の勤務医が主たる勤務先において60時間以上働いています。
労働時間と過労死との関係性について調べた各種調査によると、週に60時間以上働いている場合に、過労死の可能性が高まると示されています。つまり、勤務医の多くは過労死ラインを超えた長時間労働を余儀なくされているのです。

過酷な労働環境からリタイヤするための唯一の方法

厳しすぎる労働環境に強い不満を覚えている人は医師だけではありません。今では「ブラック企業」という言葉がメジャーになりましたが、一般のビジネスパーソンであっても、「いつまで働けばいいのか?」「早くリタイヤしたい」と考えている方は多くいます。
そんななか、インターネットが発達して個々人が気軽に情報発信できるようになり、仕事のストレスから解放された人たちをブログなどで目にすることが容易になりました。

とりわけ、ここ数年、注目集めているのが不動産投資家の存在です。
年収500万円以下の会社員が不動産投資をはじめて、毎月100万円以上の不労所得を得るようになり、退職して海外で悠々自適に暮らす……そういう人も決して珍しくありません。

不動産投資は融資を受けてはじめることが大半です。融資はいかに借り手の信用力があるかがポイントですので、一般の会社員にできたということは、それよりもはるかに年収で上回る医師であれば、さらに有利な条件で融資を受けることができるということです。

医師という仕事に熱意を持てなくなった……それは決して恥ずべきことではありません。
むしろ家族を支えるため、自分の人生を充実させるため、「仕事しかない」という自分を捨てて「投資家」としての一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 【ワンルーム投資の視点でみる用語解説】構造編
  2. 40代 循環器内科 勤務医 年収2,000万円
  3. 売りたい時にいくらで売れるの?売却価格下落の不安を解消
  4. 投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション・都心の新築ワンルームマンション編…
  5. 10年後も管理して貰いたいけど……管理会社倒産に対する不安を解消

関連記事

  1. コラム

    確定申告の所得控除って具体的には何があるの?

    毎年3月15日に提出の期限を迎える「確定申告」。自営業者はもちろん、給…

  2. コラム

    医師のワークライフバランスと充実したセカンドキャリアの選び方

    ワークライフバランスのために職場を変えることもキャリア形成の一つの方法…

  3. コラム

    儲かる診療科は「〇〇科」! 開業のトレンドを解説

    内科、外科、整形外科、小児科、眼科、泌尿器など、さまざま科目が存在する…

  4. コラム

    開業医が必ず行う確定申告の仕組みとポイント

    開業医が必ず行わなければいけない手続きの一つに「確定申告」があります。…

  5. コラム

    経費はどこまで計上できるか?基本を押さえて賢く節税を

    「経費で落とす」「経費にする」という言葉をよく耳にします。でも、“どこ…

  6. コラム

    アパート経営に投資することのメリット

    投資家は各々の興味やリターン率の良さ、その投資に見出した駆け引きの奥深…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合…
  2. 【現役医師執筆コラム】コロナ禍で変わった医療業界の今後
  3. 後悔しない承継開業…高値案件こそ狙い目
  4. 集患とコスト面に優れる承継開業とは
  5. 【現役医師執筆コラム】将来の収入に危機感をもつ医師が急増中
keyboard_arrow_up