border_colorCOLUMNコラム

「医師=お金持ち」はウソ!? 二極化する医師の収入実態

「医師=お金持ち」はウソ!? 二極化する医師の収入実態

医師といえば「高年収」というイメージがあります。もちろんサラリーマンの平均年収よりは稼いでいる医師が多数派を占めますが、一方で同じ職業とは思えないほどの年収の医師もいます。ここでは二極化する医師の実態を紹介します。

年収600万円の医師も珍しくはない

医師と聞くと、多くの人が「高年収」というイメージを抱くのではないでしょうか。
たしかに、その想像は間違っていません。
平成27年に厚生労働省が発表した「第20回医療経済実態調査」によると、医師の平均年収は、国立病院で約1425万円、公立病院で約1494万円、公的機関で約1387万円、社会保険関係法人で約1324万円です。

一般的なサラリーマンの平均年収は、「民間給与の実態調査結果」(平成27年・国税局)によると、男性で511万円、女性で272万円ですから、やはり相当差があることになります。

しかし、医師のなかにもサラリーマンと同じくらいの年収の人は珍しくありません。
特に大学病院の勤務医の場合、医学の研究で多額の運営費がかかるため、平均的な医師よりも年収が低くなる傾向があります。実際、身を粉にして働き続けているのにもかかわらず、年収600万円台という方もいらっしゃいます。特に超有名大学の医学部ではブランド力があるため、さらに薄給になることも珍しくないようです。

医療ニーズが増える一方、医師の給料は増えていない

高齢化が進む日本において、医療ニーズは増える一方です。
2025年には、団塊の世代と呼ばれる1947〜1949年生まれの人たちが全員、「後期高齢者」(75歳以上)になります。これは、後期高齢者が全人口の18%を占めることを意味しています。

すでに、医療・介護の保険料は増大しています。厚生労働省の発表(平成25年『国民医療費の概況』)によると、2025年には医療費が2013年の1・5倍の54兆円、介護給付費は2・4倍の19兆8000億円に達する見込みです。
とはいえ、これだけの医療・介護費を日本政府が賄えるかというと、現実的ではありません。一説によると、現在の借金を抱えながら増え続ける医療・介護費などの社会報償費をすべて消費税で賄おうとすると、税率は20%以上に引き上げなければならないそうです。

そうなった場合、医療業界の経営合理化という建前で、医師の人件費が削減されることは間違いありません。ですから、医師にとっては「患者数が増えるが給料は増えない」という悲惨な未来が待っているともいえるのです。

給料に期待できない分、定期的な収入になる投資を行う

上述のとおり、たとえ医師であっても、今後も安定的に高収入が得られるとは限りません。
ただ、すでに勘の鋭い医師は、その不安を払拭するため、さまざまな投資に関心を持っています。

なかでも注目集めているのが、「不動産投資」です。
仕事が多忙すぎるので投資にかけられる時間がない、多額の税金をなんとかしたい、できるだけリスクを避けたい……こうしたニーズに応えられる投資は「不動産投資」だけだからです。

なぜ医師に不動産投資が向いているのか、物件を選ぶときはどうすればいいのかなどお話は「なぜ、不動産投資を行う医師が多いのか?」の記事で詳しく解説しています。「投資って、なんだか怪しい」と思っている方も、まずはぜひご一読いただければと思います。

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. IoTで変わる不動産投資
  2. 30代 勤務医 呼吸器内科 年収1,800万円
  3. 50代 整形外科 クリニック院長 年収2,700万円
  4. 投資を始める前に知っておきたい! 区分所有マンションのデメリット
  5. どこを見ればいいの?レントロール確認時の基本テクニック!

関連記事

  1. コラム

    医師のワークライフバランスと充実したセカンドキャリアの選び方

    ワークライフバランスのために職場を変えることもキャリア形成の一つの方法…

  2. コラム

    30代の医師は資産形成をすべき! その理由と重要な意識改革について

    医師は安定した高収入が得られると考えられています。しかし、高収入だから…

  3. コラム

    不動産投資に失敗する人の特徴や傾向とは

    全ての投資にいえることですが、不動産投資にも向き不向きがあります。…

  4. コラム

    【ワンルーム投資の視点で見る法律や条例】失火責任法

    不動産投資を行うにあたり、法律や条例の知識も必要となります。不動産…

  5. コラム

    キャリアアップのため海外へ行くメリットとデメリット

    「日本だけでなく、世界の医療の現場も見てみたい」、このような熱い思いを…

  6. コラム

    将来は医学部に? 今から始める子どものお受験

    開業医が考えることの一つに「跡継ぎ問題」があります。ゆくゆくは自分の子…

知らないだけで3,000万円も損をする?

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. フリーランス医師の働き方と開業届による節税効果
  2. 非常勤先が複数ある勤務医は特に注意! 修正申告が必要なケース…
  3. 医師の懐事情と老後資金形成のための資産運用
  4. 知っておいて損はない、初めての海外不動産投資
  5. なぜ医師の資産形成には不動産投資が向いているのか?
keyboard_arrow_up