株、FX、太陽光発電……メジャーな投資に潜むリスクとは? | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

株、FX、太陽光発電……メジャーな投資に潜むリスクとは?

不動産以外にも株、FX、太陽光発電など投資対象はさまざまです。しかし、これらは資産防衛の観点から見るとリスクが大きくおすすめできません。代表的なリスクを個別に見ていきましょう。

株式投資のリスク

リスク1「価値がゼロになる可能性がある」

万が一、投資先の企業が倒産した場合、所有していた株の価値はゼロになります。JAL(日本航空)の倒産時もそうでしたし、最近だとエアバッグメーカーのタカタが民事再生手続きに踏み切ったことで上場廃止となり、同社の株は価値を失いました。

リスク2「大手企業でも大暴落する可能性がある」

東芝や電通、数年前だとシャープなどがわかりやすい例ですが、大手企業であっても株価が大暴落する可能性はあります。その後に回復する可能性ももちろんありますが、時間を要することになるでしょう。

リスク3「換金に日数を要する」

よく「株は流動性が高い」と言われますが、実は間違っています。もちろん不動産と比べると流動性は高いですが、株の場合、売買が極端に少なくなると取引が成立しなくなり、売りたいときに売れなくなります。上場廃止が原因でその企業の株式の出来高が極端に減少し、値がつかず売却できないリスクもあるのです。

FXのリスク

リスク1「時間を取られる」

為替レートは24時間、金利も日々変動しており、画面に向き合う時間をできるだけ多く工面しなければプロの投資家に勝てないため、本業が忙しい人には向いていません。

リスク2「大きな損失を被る可能性がある」

不動産投資にもあるレバレッジですが、FXは現物資産ではないため、そのリスクが大きくなります。基本的には投資額の最大25倍まで取引ができるようになりますが、それ以上の損失を被る可能性もあるのです。

リスク3「強制決済」

証拠金維持率が100%を下回ったとき、FX会社に預けている証拠金の額が保持する外貨の実質価値の4%未満のとき、強制決済となります。不動産投資の場合、いくら赤字になってもこのリスクはありませんし、むしろ少しずつ物件のデメリットを改善することもできます。

リスク4「電子取引における事故」

ネット回線、サーバーなどがダウンすることで、売買が一時的に停止します。2015年7月にも大手FX会社で8時間も取引ができなくなる事故がありました。また、パスワードが盗まれて、勝手に取引をされてしまうケースもあるので注意が必要です。

太陽光発電投資のリスク

リスク1「経年劣化」

太陽光発電で使用する設備は、不動産投資において外観や内装、設備の修繕が必要になるのと同様に、経年劣化が生じます。加えて、製造国によってパネルの劣化に差があり、年月が経つにつれて発電量が落ちていきます。

リスク2「災害による故障・破損」

地震、火災、台風、雪害などの災害によって、太陽光パネルが破損・故障するリスクがあります。天災の場合、いずれも事前に予測することは難しく、被害にあった場合は長期間収益がなくなります。

リスク3「日射量・時間の減少」

たとえ太陽光発電に適した土地でも、異常気象によって日照量が激減する可能性は否定できません。日射量、日射時間などによって発電量が減った結果、想定していた収益が得られない可能性もあるのです。

以上、株式投資、FX、太陽光発電投資のリスクについて解説しました。
投資の種類はさまざまありますので、それぞれのメリット・デメリットを把握した上で選ぶようにしましょう。

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 50代勤務医Dさん(年収3000万円)の不動産投資事例
  2. 豊かなドクターが必ず持っている金融リテラシーとは?
  3. 50代、勤務医、Qさん(年収3500万円)の不動産投資事例
  4. 【ワンルーム投資の視点で見る用語解説】不動産投資でかかる税金編
  5. こんなに安くてだいじょうぶかな……修繕積立金に潜む落とし穴

関連記事

  1. 医師の住宅ローン

    コラム

    医師は住宅ローンなどの融資で優遇されるのか

    一般的な会社員よりも収入が高いといわれている医師。住宅ローンを組む時も…

  2. コラム

    投資初心者の医師必見!経験者もおさらいしておこう 不動産投資の基本的な考え方

    単なる資産形成の手段としてだけでなく、収入の多い医師の節税対策として注…

  3. コラム

    多忙な医師が実践すべき簡単健康術

    患者の健康のために、日々ハードワークを続ける医師。多くの人から感謝され…

  4. コラム

    不動産投資における管理会社の選び方

    本業を持ちながら並行して不動産投資を行う場合、管理会社に建物管理や入居…

  5. コラム

    土地から探す不動産投資のメリット・デメリット

    近年、新興住宅地の開発が進んで来ました。「コンパクトシティ」「防災…

  6. コラム

    医師が不動産投資で節税を行うなら減価償却がキーポイント

    勤務医の節税対策を考える際、「不動産投資が最適」と言われます。その理由…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 住宅ローンと不動産投資ローンの違いとは
  2. 医師は住宅ローンなどの融資で優遇されるのか
  3. 【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合…
  4. 【現役医師執筆コラム】コロナ禍で変わった医療業界の今後
  5. 後悔しない承継開業…高値案件こそ狙い目
keyboard_arrow_up