投資を始める前に知っておきたい! 区分所有マンションのデメリット | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

投資を始める前に知っておきたい! 区分所有マンションのデメリット

前回は区分所有のメリットを紹介しましたが、もちろん投資である以上はリスクもあります。デメリットについても解説しましょう。

デメリット1 空室時に収入がゼロもしくはマイナスになる

区分所有の場合、一度退去されてしまうと、当然家賃収入はゼロになります。また、管理費や修繕費は継続して入金する必要がありますので、収支がマイナスになる可能性もあります。もちろん、都心の駅近物件など好立地であれば、次の入居者は早く決まるでしょう。しかし、それでも1カ月近くは持ち出し期間が発生する場合があるのです。
ただ、好立地物件に住む人は、少なくとも2〜3年は住むことを前提にしていることが多いといえます。ですから、一度入居者がつけば、長期間にわたって安定的に収入を得ることが可能です。

より需要が多いワンルームタイプを選んだり、新築や築浅の物件を選んだりすることにより、空室リスクは大きく減らすことができるでしょう。

デメリット2 利回りが低い

これは流動性が高いことの裏返しでもあるのですが、好立地の区分物件は投資家の需要も多いため、購入金額が高くなる傾向があります。結果、一棟物件や地方の物件よりも利回りが低くなってしまいます。ただ同じ区分でも、ファミリータイプよりもワンルームタイプのほうが利回りが高い傾向があります。

デメリット3 資産が増えるのに時間がかかる

デメリット2と重なる部分がありますが、毎月のキャッシュフローが2〜3万円が基本の区分所有の場合、本業をリタイヤするだけの収入には遠く及びません。何十戸も高利回り物件を所有すれば話は変わりますが、区分所有の家賃収入だけで生計を立てられるようになるには、時間と労力がかかるといえます。

デメリット4 オーナーの決裁権が限定的

区分所有の場合、建物全体の管理に関する権限が限定的になります。たとえば、リフォームや修繕工事、共有スペースの改良なども、所有者全員の承諾が必要になります。また、地震や火災が起きたときも、自由に建物の再建を行うことができず、一棟の木造物件のように更地にして売りに出すこともできません。

ただ、室内をはじめとする所有権の範囲であれば、特にファミリータイプの場合は間取りの変更なども可能です。

デメリット5 客付けが後回しになる可能性がある

空室が出たとき、1室所有するオーナーよりも、1棟丸ごと依頼してきたオーナーが優先されて客付けをされる可能性があります。

ただ、都心・駅近の物件であれば、客付けに労力はほとんどかかりませんので、このデメリットは不動産業者が少ない地方物件に限ってということになります。

デメリット6 建物が失われた場合、残される資産がわずかになる

これはあまり現実的な話ではないかもしれませんが、万が一天災や軍事的攻撃によって建築物が完全に損壊してしまった場合、残されるのは土地の持分だけになります。都心・駅近の区分所有の場合、土地よりも建物のほうが資産比率として大きいので、建物を失った場合のダメージは甚大といえるでしょう。

以上、区分所有のデメリットについて解説しました。
区分所有のデメリットとその対策を把握した上で、不動産投資を始めましょう。


不動産投資セミナーTOPはこちら
不動産投資セミナーTOP

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 30代、勤務医、Dさん(年収1050万円)の不動産投資事例
  2. 【ワンルーム投資の視点で見る用語解説】重要な書類編
  3. 見せかけの入居者……高利回り物件に潜む落とし穴!?
  4. 50代勤務医Bさん(年収2600万円)の不動産投資事例
  5. 20代歯科医Eさん(年収1300万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. コラム

    【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.2

    医師の方と一緒に資産形成や税金対策を学んでいくスペシャルコンテンツ。前…

  2. コラム

    忙しいけれど家事はしっかりやりたい!女性医師の時短家事術

    不規則でハードワークな医師という職業。結婚をしていたり、お子さんがいて…

  3. コラム

    【ワンルーム 投資の視点で見る用語解説】媒介契約編

    不動産投資を行うにあたり、普段見慣れない専門的な用語を目にする機会が増…

  4. コラム

    土地から探す不動産投資のメリット・デメリット

    近年、新興住宅地の開発が進んで来ました。「コンパクトシティ」「防災…

  5. コラム

    医師の生涯年収の実態とは?不安定な収入を安定させる方法

    世間一般のイメージでは、「医師=高収入」と認識されています。生涯年収は…

  6. コラム

    不動産投資に成功するために押さえたいポイント

    大きな資金を投じて家賃収入を得る「不動産投資」。他の投資と同様ビギナー…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. なぜ医師は高所得なのにお金が残りにくいのか 出費をコントロー…
  2. 「医師と不動産投資の相性がよい」といわれる5つの理由とは
  3. 30代医師が50~60代になった時も、本当に高級取りで裕福な…
  4. 忙しいドクターにピッタリな「ほったらかし投資」とは
  5. 勤務医や高収入会社員が上手に節税できるはじめてのプライベート…
keyboard_arrow_up