初心者でも安心! 区分所有のメリットとは? | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

初心者でも安心! 区分所有のメリットとは?

「節税目的だから規模は小さくてもいい」「キャッシュフローがたくさん出なくても将来の年金代わりになればいい」「いきなり億単位の借金を抱えるのは怖い」……そんな人にとって、区分所有は非常におすすめの投資法です。ここでは、具体的にどのようなメリットがあるのか解説していきましょう。

メリット1 少額からはじめることができる

区分所有のメリットといえば、何と言っても「一棟よりも少額ではじめられる」ことです。医師や高年収のサラリーマンなど本業で十分な収入がある人であれば数億円単位の融資を受けることも可能ですが、それでも初心者がいきなり手を出すのにはリスキーです。区分の場合、都心の駅近・築浅物件でも、中古のワンルームであれば1000万〜2000万円ほどで購入することができます。

メリット2 融資のハードルが低い

区分は一棟よりも物件価格が低いため、融資のハードルが低いといえます。とくに年収が高い方の場合、自己資金をほぼ出さずに30〜35年といった長期間の融資を組むことも可能です。

メリット3 管理の手間がかからない

不動産投資の魅力の一つは「購入後に手間がかからない」こと。区分所有の場合、共有部分の管理はその物件の管理組合や管理会社などが行うのが原則なので、毎月の管理費さえしっかり払っていれば、オーナーが清掃や修理などの作業をする必要はありません。また、一棟のように細かい修繕で悩まされることがないのです。

メリット4 各種リスクが低い

区分所有であれば、都心部や駅近などの需要が高いエリアの物件を狙えるため、空室リスクが少なく、長期的に安定した家賃収入が期待できます。また、家賃下落、火事や地震などの災害、金利上昇などリスクも一棟よりも投資金額が少ないので、ダメージを抑えることができます。

メリット5 リスク分散しやすい

一棟物件の場合、近くに工場ができて新築の競合物件が乱立し家賃相場が急落する、地震が起きて住民が一斉退去するなど、一つの出来事で収益性が大きく下がるリスクがあります。しかし区分所有の場合、投資金額は安く済みますから、複数エリアで購入しておけば、こういったリスクに備えることができます。同じエリア(物件)で複数持つにせよ、階数を変える、単身向けとファミリー向けで持つ、大型マンションと小規模アパートで持つなど、ターゲットや物件種別を変えて持つことでリスクは避けられる可能性が高くなります。

メリット6 流動性が高い

一棟の場合は物件価格が1億円以上になることも多く、購入資金を個人で用意できる人は少数派です。そのため区分所有は、一棟よりも流動性が高いといえます。また、投資家だけでなく実需用としても買い手を見つけやすいので、売りたいと思ったときに素早く売れる可能性が高いのです。

以上、区分所有のメリットを6つに分けて紹介しました。
次の記事では、区分所有のデメリットを紹介します。
メリットをデメリット、いずれをも確認した上で不動産投資を始めましょう。


不動産投資セミナーTOPはこちら
不動産運用セミナーTOP

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. こんなに安くてだいじょうぶかな……修繕積立金に潜む落とし穴
  2. 30代、勤務医、女性Rさん(年収1300万円)の不動産投資事例
  3. 30代、勤務医、Dさん(年収1050万円)の不動産投資事例
  4. 売りたい時にいくらで売れるの?売却価格下落の不安を解消
  5. 大地震がきたらどうしよう……天災に対する不安を解消

関連記事

  1. IoTで変わる不動産投資

    コラム

    IoTで変わる不動産投資

    世の中の旬な情報を不動産投資の目線で見ると、別の側面が見えてきます。…

  2. コラム

    勤務医は何故「いつまでもお金を貯められない」のか?

    勤務医として働いている医師の平均年収は1200万円~1500万円といわ…

  3. コラム

    地方勤務医による不動産投資実践④ 私がはじめて不動産投資を行ったときの話:後編

    『地方勤務医の不動産投資ブログ』のt-nakaです。今回は前編からの続…

  4. コラム

    地方勤務医による不動産投資実践③ 私がはじめて不動産投資を行ったときの話:前編

    こんにちは、地方在住アラサー勤務医のt-nakaです。本業のかたわ…

  5. コラム

    医師が不動産投資で節税を行うなら減価償却がキーポイント

    勤務医として働いている医師の節税対策を考える際、「不動産投資が最適」と…

  6. コラム

    不動産投資を始めた医師が「今が一番充実している」と語る理由 

    大学病院の医局を飛び出し、フリーランスの訪問診療の医師となった渡邊譲さ…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師連載コラム】医師×不動産投資、相性が良い理由
  2. 【税理士連載コラム】医師も知っておきたい税務調査の実態「勤務…
  3. 医師に対する「副業」に関する調査
  4. 【税理士連載コラム】医師も知っておきたい税務調査の実態「税務…
  5. 【後編/20代医師×担当営業対談】一生に一度あるかないかの買…
keyboard_arrow_up