border_colorCOLUMNコラム

相続税を不動産投資によって節税する方法

個人・法人に関わらず、所得がある場合は国や市町村に対して税金を納めなければなりません。
特に、大きな財産を相続すると、最大で55%も相続税が課税されることになります。

相続税の負担は思った以上に大きなものですが、不動産投資によって相続税やその他の税金に対し節税する方法があります。

不動産投資によってどのような税金が節税できるのか

そもそも、不動産投資によってどんな税金が節税対象になるのでしょうか。
個人、会社ともに、所得税や相続税、場合によっては市県民税や法人税なども節税できることがあります。

・法人税以外の節税の仕組み

法人税とその他の税金とでは、節税の仕組みが異なります。
まずは法人税以外の節税の仕組みについて見ていきましょう。

不動産投資をする際には、購入費用がかかったり、賃貸するための設備投資をしたりといった経費がかかります。
そういった経費は、年末調整や確定申告のときに所得の総額から控除できるため、課税対象額の金額を減らすことができるというわけです。

例を挙げてみましょう。
例えば、不動産投資前の年間所得が2,000万円、仕事上での必要経費が800万円かかっていたとします。
単純に計算すると、課税対象額(所得税や市県民税の計算の元となる金額)は1,200万円です。(わかりやすくするために、いろいろな控除額を度外視しています)

しかし、仮に不動産投資を始めて不動産所得が100万、不動産投資にかかった経費が300万だとすると、課税対象額は総所得2,100万—経費1,100万=1,000万円となるのです。

もちろんどこかの時点で不動産投資はプラスに転じる必要がありますが、赤字が出てしまった年はこのように節税を見込むことが可能です。

・相続税の節税の仕組み

一方相続税の節税の仕組みはこれとは異なります。
現金などで同じ額の資産を保有するよりも、不動産で保有しておいた方が、課税額が低いというのがその理由です。

例えば、1億円の資産を現金で保有している場合、相続税は30%となります。
700万円の控除があるとして、実際にかかる金額は279万円。しかし、もしもこのお金をそのまま不動産投資に回した場合、相続税はそれよりも安くなる可能性が高いのです。

その理由は評価額にあります。
建物の場合は固定資産税評価額、土地の場合は路線価などからその評価額を割り出しますが、総じてこの評価額と実際売買されている不動産の額とは乖離しており、数割単位で売買価格よりも低いことが多いようです。

例えば1億円で不動産を購入した場合、評価額がそれよりも低い金額であれば、その評価額に対して相続税がかかるのです。これが、相続税を節税できる仕組みです。
ただ、評価額の計算は相続時点で行われるため、なんらかの事情で地価が上がるリスクは押さえておく必要があるでしょう。

相続税を不動産投資で節税するための方法とは

不動産投資で相続税を節税できる仕組みについて説明してきました。
現金で財産を保有している場合に比べて、不動産で保有している方が、節税効果が高い傾向にあります。
より節税効果を高めるための一つの方法として、一軒家とマンションを比較してみましょう。

相続税を計算するもととなる評価額ですが、マンションの場合は、土地と建物でまず評価額を算出します。
そこに、自分が保有している持ち分の割合を乗ずるという方法で計算するものです。

そのため、同じ面積の不動産であっても、戸建てよりもマンションの一室の方が評価額は低くなりますし、同じマンションでも、床面積が小さい方の評価額が低くなります。
節税を重視して不動産投資をするならば、この特長を活かすという手もあります。

不動産投資では、所得税や市県民税のほか、相続税も節税できる可能性があります。
不動産投資を上手に活用することで、より多くの財産を残すことができるのです。

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 賃料はあげられる?賃料値上げの基本テクニック
  2. 新築物件で節税効果を狙う!30代勤務医Cさんの不動産投資事例
  3. ワンルーム投資の視点でみる法律や条例【民泊新法編】
  4. 高すぎる所得税をなんとかしたい!30代の整形外科医Rさんの不動産投資事例
  5. 30代 勤務医 呼吸器内科 年収1,800万円

関連記事

  1. コラム

    投資物件の探し方|収益物件を見極めるポイントとは

    実際に不動産投資を始める際には、収益が見込める物件を見つけるところから…

  2. コラム

    投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 郊外の築古ワンルームマンション編

    「とても安い郊外の物件が気になるけど、長い目でみるとどうなんだろう」…

  3. 家賃の下落と空室リスクに効く! テナントリテンションの基本テクニック!

    コラム

    家賃の下落と空室リスクに効く! テナントリテンションの基本テクニック

    「不動産投資で安定した利益を出したいけど、購入後のリスクが気になる………

  4. コラム

    不動産投資の初心者向け おすすめの本5選

    不動産投資を始めることで、節税の他、家賃収入や売却益を得られることは感…

  5. コラム

    不動産投資における金利の相場はどれぐらい?

    不動産投資を始める場合、不動産投資ローン(アパートローンとも言われる)…

  6. コラム

    これからの不動産投資に必須? ホームインスペクター

    利害関係なく冷静に分析してくれる第三者の意見は重要なもので、これは不動…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 期限ギリギリ…駆け込み申告で大失敗!確定申告でやりがちなミス…
  2. 勤務医が今からできる資産形成とは? 税理士法人代表×不動産会…
  3. 「私はコレでキャッシュを残しました」不動産投資で大幅節税に成…
  4. 地震、火災…「災害」が起きた場合、投資した不動産はどうなる?…
  5. 重い税負担も…開業医は税務調査で「何を」調べられるのか?
keyboard_arrow_up