border_colorCOLUMNコラム

不動産投資で高齢者向け住宅を経営するメリット・デメリット

総務省統計局の2017年2月1日時点の人口データによると、日本の総人口は約22万人減っている中、65歳以上のいわゆる高齢者の人口は約62万3000人増えています。
比率では約27.4%、つまり4人に1人以上が65歳以上となる日本は、世界最先端の高齢化社会であるといえます。
高齢化社会での需要を考えて、高齢者向けの住宅で不動産投資を検討される方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、一般的な一戸建てやマンションとの違いや、高齢者向け住宅のメリット・デメリットをまとめました。

近年の注目はサービス付き高齢者向け住宅

一口に高齢者向けの施設といっても色々ありますが、最近特に注目されているのは、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」です。
今回は、サ高住に絞っていきたいと思います。

サ高住とは、2011年に「高齢者住まい法」が改正されたことにより、高齢者円滑入居賃貸住宅、高齢者専用賃貸住宅、高齢者向け優良賃貸住宅等が廃止されて一本化した高齢者向け住宅のことです。

バリアフリー構造で、自由に利用できる共同設備があり、生活拠点となる部屋は完全に個室となっています。
外出する際も、経営者によりますが基本的には特別な許可を取る必要はありません。

老人ホームやデイサービスを利用する必要のない比較的健康で自立できる、あるいは軽度の支援のみで良いという方向けの住宅です。
なお、サ高住で必須とされているサービスは「安否確認」と「生活相談」で、他の介護サービスを受ける際は、別途有料で申し込む必要があります。

サ高住は政府が積極的に拡大を図っている制度

それでは、サ高住を経営する側としてのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
ひとつずつ見ていきましょう。

比較的健康な高齢者を対象とした住宅は、海外と比べると不足しているため、政府はサ高住の拡大に積極的な姿勢を見せています。
そのため、一定の条件を満たせば建設費の補助や融資制度の利用ができます。
通常、高齢者向けの施設はバリアフリー等の設備が必要な分、建築費が高額になりがちですが、補助を受ければ賃貸マンションを建設するより初期コストを減らすことができます。

老人ホームやデイサービス等と比較しても、社会福祉法人や介護事業者だけではなく、一般の不動産投資家でも運営が可能で参入しやすい点もメリットのひとつです。

また、通常の賃貸では入居が望みにくい立地でも、サ高住であれば高い入居率が望める可能性があるといわれています。

補助金を受けるための条件がデメリットになりうる

メリットが大きいサ高住ですが、デメリットはないのか確認していきます。
補助が受けられるのはメリットではありますが、賃料設定に縛りがある点はデメリットといます。
また、サ高住の住居面積は、特定の場合を除き25㎡以上であることが求められています。
一方、住宅型老人ホームの場合は1室あたりに求められている住居面積は13㎡です。
建物が同じサイズであればサ高住と比較して多くの入居者が見込める分、住居型老人ホームの方が収益を得られる可能性はあります。

既存のサ高住の中には、駅からもバス停からも遠い立地となっているものがあります。
一般的な賃貸住宅と比べて多少立地が悪くても入居者が見込めるとはいえ、利用するのは健康である方が多いですし、家族が会いに来るためにもある程度の利便性は必要です。
サ高住の損益分岐点は入居率70%といわれていますが、東京や大阪等の都市部以外では平均で70%に達していない地域もあります。

政府は2025年までに高齢者人口に対する高齢者向け住宅の割合を約4%に、高齢者生活支援施設を併設するサービス付き高齢者向け住宅の割合を約90%にする目標を立てています。
多少デメリットがあるとはいえ、人口が減る中でも高齢者向けの住宅は高まっており、マンションやアパート経営が大半のイメージを占める不動産投資の新しい対象として、検討してみるのも一考です。

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 初心者でも安心! 区分所有のメリットとは?
  2. 40代、勤務医、女性Pさん(年収2000万円)の不動産投資事例
  3. 【ワンルーム 投資の視点で見る用語解説】媒介契約編
  4. 50代、勤務医、Sさん(年収3600万円)の不動産投資事例
  5. 女性医師が働き続けるためのヒント

関連記事

  1. 投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション・都心の新築ワンルームマンション編

    コラム

    投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション・都心の新築ワンルームマンション編

    「不動産投資を始めたいけど、どのような物件を選べばいいのだろう」…

  2. コラム

    医師の妻に求められる資質と、医師自身がすべきこと

    「高収入で社会的地位の高い医師の妻になりたい!」という女性は世の中にた…

  3. ワンルーム投資の視点でみる法律や条例【民泊新法編】

    コラム

    ワンルーム投資の視点でみる法律や条例【民泊新法編】

    不動産投資を行うにあたり、法律や条例の知識も必要となります。不動産…

  4. コラム

    勤務医でも確定申告が必要なケースとは?

    毎年2~3月になると、「確定申告」という言葉をよく聞くようになります。…

  5. 支払総額はどうなるの? 金利の上昇による不安を解消

    コラム

    支払総額はどうなるの?金利の上昇による不安を解消

    不動産投資への興味を持ちつつも、不安があるせいでなかなか最初の一歩が踏…

  6. コラム

    10年後も管理して貰いたいけど……管理会社倒産に対する不安を解消

    「なるべく長く管理してもらいたいけど、大丈夫だろうか……」不動…

知らないだけで3,000万円も損をする?

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. フリーランス医師の働き方と開業届による節税効果
  2. 非常勤先が複数ある勤務医は特に注意! 修正申告が必要なケース…
  3. 医師の懐事情と老後資金形成のための資産運用
  4. 知っておいて損はない、初めての海外不動産投資
  5. なぜ医師の資産形成には不動産投資が向いているのか?
keyboard_arrow_up