不動産投資における地震のリスクと地震保険 | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

不動産投資における地震のリスクと地震保険

日本で不動産投資を検討する際に気になるのは地震の問題ではないでしょうか。
2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震のように、日本と地震は切っても切れない関係です。
安心して不動産投資を行うためにどのような方法で地震対策をすべきなのか考えていきましょう。

火災保険と地震保険に入る

日本で不動産投資をする以上、地震のリスクを避けることはできません。
どのような備えをすることで地震のリスクを軽減、回避できるのかを見ていきます。
もし大地震が発生すると建物が傷つくだけではなく最悪の場合には倒壊する恐れが出る他、火災が発生することも考えられ、人にも不動産にも被害が発生します。
建物が崩れてローンだけが残る状況に陥る可能性もゼロとはいいきれません。

仮にローンを組まずに無借金で経営していても、賃貸マンションが倒壊すると入居者が減って家賃収入が得られなくなる事態になります。
このようなリスクを最小限に抑えるためにも、火災保険と一緒に地震保険の契約も検討することをオススメします。
なお、火災保険はローンを組む場合に加入を義務付けられていることが多いので既に加入している方もいらっしゃることでしょう。

耐震構造や地震に強い地盤を調べる

ところで、地震保険以外にリスクを減らす方法はないのでしょうか。
少し考えてみましょう。

まず、地震に強い造りの建物を購入するのは有力なリスク回避方法といえます。
不動産投資で中古マンションや住宅を購入する時には1981年以降の新耐震基準で建てられた物件かどうかを確認してください
鉄筋コンクリート(RC)や鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)構造の建物であれば安全性はより高くなります。
また、建物の構造や耐震基準だけではなく、土地そのものについても調べるのも良いでしょう。
埋立地や昔は沼地だった場所ですと地盤が緩い可能性があり、地震に対して強くないことがあります。

他にもNIED(防災科学研究所)の地震ハザードステーションを参考にする等して、地盤の強い地域を探すと良いでしょう。
中には古地図等を見て歴史的に自然災害の被害が多い地域かどうかを調べる方もいるようです。

もし複数の物件を持つのであれば、万が一のことを考えて地域を分散させるのもリスクヘッジになります。
このように、地震保険に加入する以外にもリスクを抑える手がかりはいくつかあります。
もっとも、現在の科学技術では完全な地震予知はないので、完璧な備えは難しいです。

地震保険では全額補償されない

不動産経営をする大家として加入しておいた方が良さそうな地震保険ですが、加入する時の注意点はあるのでしょうか。
まず、地震保険は火災保険の付帯契約として加入することになるので、単独で契約することはできません。
地震保険は主契約である火災保険の保険金額の30~50%で補償額が適用されます。
仮に5000万円の物件だとすると、最大で2500万円支払われることになります。

ですので、保険が適用されたとしても、資金が不足するということが十分にあり得ます。
さらに、保険の適用には段階的に決まりがあるので、基準に達していない破損の場合は1円も支払われません。
保険会社によっては独自に補償を上乗せするプランがあるので、費用や適用条件と相談した上で入ることを検討すると良いでしょう。

地盤の強い地域で耐震性の高い物件を購入した場合、仮に大規模な地震が起きても建物が無事である可能性はあります。

ですが、その後の火災に巻き込まれないとはいえません。
実はこのような地震が原因の火災には保険が適用されないものが一部存在します。
安心した不動産投資を行う上で地震保険は欠かせない費用のひとつとして検討してみてください。


不動産投資セミナーTOPはこちら
不動産投資セミナーTOP

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 40代、勤務医、女性Pさん(年収2000万円)の不動産投資事例
  2. 【ワンルーム投資の視点で見る用語解説】重要な書類編
  3. 50代勤務医Aさん(年収3500万円)の不動産投資事例
  4. 節税効果はどれだけあるの?不動産投資1年目の確定申告をシミュレーション!
  5. 30代、勤務医、Oさん(年収1100万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. コラム

    副業をしている医師必見!給与所得以外の所得について学ぶ

    医師が主に得ている収入の1つとして「給与所得」があります。給与所得はイ…

  2. コラム

    医師が不動産投資で節税を行うなら減価償却がキーポイント

    勤務医の節税対策を考える際、「不動産投資が最適」と言われます。その理由…

  3. コラム

    【ワンルーム投資の視点で見る用語解説】不動産投資でかかる税金編

    不動産投資を行うにあたり、普段見慣れない専門的な用語を目にする機会が増…

  4. コラム

    医師の過重労働と働き方改革

    安倍政権が2016年に掲げた「一億総活躍社会」を実現するためにすすめら…

  5. コラム

    不動産投資における管理費の相場はどのぐらい?

    不動産投資家がアパートなど複数世帯に対する賃貸経営を行う場合は、本業と…

  6. コラム

    勤務医をしながら社長に! 法人化で狙える節税効果

    日本の累進課税制度では、高収入の勤務医には高い税金が課せられます。しか…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 住宅ローンと不動産投資ローンの違いとは
  2. 医師は住宅ローンなどの融資で優遇されるのか
  3. 【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合…
  4. 【現役医師執筆コラム】コロナ禍で変わった医療業界の今後
  5. 後悔しない承継開業…高値案件こそ狙い目
keyboard_arrow_up