不動産投資において一括払いにリスクはないのか? | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

不動産投資において一括払いにリスクはないのか?

不動産投資において、ローンと一括払いでどのような違いが生じるのでしょうか。
一括払いにも、購入者によってはリスクが生じます。

ローン払いと一括払い、それぞれのメリットやリスクを見ていきましょう。

先行きへの不安を払拭できるか

まずは、不動産投資でローンを組むことにより生じるリスクを紹介します。
不動産投資のローンは、低金利であっても決して安い金額ではありません。
月々の支払いには余裕が持てますが、最終的に支払う金額は一括払いと比較すると大きいです。

不動産投資で家賃収入(インカムゲイン)での利益を見込んでいるのであれば、ローン返済額以上の家賃を設定する必要があります
また、不動産を購入する際、ローンは30年や35年等の長期にわたって組まれることが多いです。
突然の病気やケガで、継続した支払いが行えなくなる可能性もあります。
そうなってしまった際、ローンは大きな負担となるでしょう。

ローンのメリットは挑戦できるところ

もちろん融資を受けることにはメリットもあります。
ローンを組むと負担を分散できるので、マンションのような一棟物の大型物件を購入することができます。

よって一括で購入できる範囲の物件に比べ、賃貸にした時に多くの家賃収入(インカムゲイン)を得られる可能性が高いです。
リスクを承知の上でより多くの収益を得るためには、分割払いは1つの手段となります。

また、収益が大きくなると所得税が増えるので、個人としてではなく法人化して会社として経営することも検討しましょう。
ただ、節税目的や収益目的など、目的によってリスクの取り方は異なります。見極めて選択していきましょう。

一括購入であれば金利や手数料が不要

それでは、ローンと比べて一括購入はどのようなメリットがあるのでしょうか。
一括購入の最大のメリットは、ローン金利や手数料が不要である点です。

団体信用生命保険や保険会社への保証料も必要ないので、ローンを組んで購入する際と比較すると、最終的に必要な資金に大きな差が出ます。
支払いが完了しているので、急病などでローンの返済ができなくなるといったリスクがないのも安心できる点です。

また、ローンや保険を組む際には様々な審査があり、契約まで数ヶ月かかります。
現金での一括購入であれば審査が不要な分、契約や引き渡しが早く済むのも、目立たない部分ではありますがメリットです。
家賃収入(インカムゲイン)での利益をより早く生むためにも、早めの契約をすることに越したことはありません。

現金に余裕を持たせる

一括購入にもリスクはあります。
一括購入にメリットが多いですが、無理な投資は禁物です。
一括で購入する際に考えられる最大のリスクは、手元の現金が大幅に減ることです。

子供の進学や家族の医療費は勿論ですが、いざというときに動かせるお金をある程度手元に残しておきましょう。
不動産は安定感のある資産ではありますが、有価証券と比較してすぐに現金化することが難しい面があります。

また、通常数千万円の現金を個人で集めるのは容易でないので、不動産を一括で購入すると税務署から税務調査が入る可能性があります。
勿論、適正に申告すれば心配する必要はありません。
いずれにしても、現金一括払いで不動産を購入する場合は、無理のない範囲に収めるようにしましょう。

不動産を購入すると減価償却による節税や、マンションや住宅の大家になることで不労所得の獲得ができる大きな魅力がある一方、固定資産税や所得税が増えます。
一括払いにしてもローンにしても、目的に合った不動産に適した投資をし、計画的に運用をしましょう。

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 見せかけの入居者……高利回り物件に潜む落とし穴!?
  2. 30代、歯科医、Vさん(年収800万円)の不動産投資事例
  3. 投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 郊外の築古ワンルームマンション編…
  4. その物件、瑕疵物件かも……リノベーションに潜む落とし穴!?
  5. 気になる税制改正……改正による影響をシミュレーション!

関連記事

  1. コラム

    開業する前に知っておきたい成功と失敗のパターン

    勤務医の将来のキャリアの一つとして「開業」があります。自分の城を構えて…

  2. 「医師=お金持ち」はウソ!? 二極化する医師の収入実態

    コラム

    「医師=お金持ち」はウソ!? 二極化する医師の収入実態

    医師といえば「高年収」というイメージがあります。もちろんサラリーマンの…

  3. コラム

    学会の費用は必要経費になる?

    医師は勤務するクリニックで患者の診察をするだけでなく、学会に参加して最…

  4. コラム

    年収1500万円の節税!医師が行うべき税金対策とは?

    年収1500万円以上を稼ぐ医師は、自分がどの程度税金を払っているのか把…

  5. コラム

    不動産投資における金利の相場はどれぐらい?

    不動産投資を始める場合、不動産投資ローン(アパートローンとも言われる)…

  6. 【ワンルーム投資の視点でみる法律や条例】区分所有法編

    コラム

    ワンルーム投資の視点でみる法律や条例【区分所有法編】

    不動産投資を行うにあたり、法律や条例の知識も必要となります。不動産…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合…
  2. 【現役医師執筆コラム】コロナ禍で変わった医療業界の今後
  3. 後悔しない承継開業…高値案件こそ狙い目
  4. 集患とコスト面に優れる承継開業とは
  5. 【現役医師執筆コラム】将来の収入に危機感をもつ医師が急増中
keyboard_arrow_up