border_colorCOLUMNコラム

不動産投資で物件購入時に価格交渉は可能か?

不動産投資を検討する際、気になるのが「利回り」。
購入代金を下げることができれば、利回りはわずかでも上げることができますし、不動産投資ローンを組んだ場合でも月々の支払いを少なくすることができます。

ここでは、不動産投資において、物件を購入する際に価格交渉することができるかどうかを紐といてまいります。

不動産購入時に価格交渉はそもそも可能なのか?

不動産購入の価格交渉を検討する前にはまず、不動産の売却価格を設定する基準について知る必要があるでしょう。
一般的には国土交通省や地方自治体が算定した「地価公示価格」「基準地価」や「固定資産評価額」をもとに、売買を仲介する不動産会社や売り主の利益を上乗せした額が「販売価格」となります。

また、学校や公園、主要駅に近いなど環境が整っている地域や商業エリアの進出が決定している地域を考慮し、「この土地や建物が将来生み出すだろう利益」など別途評価すべき点を上乗せした査定価格に、先述の利益を上乗せした額が「販売価格」となる場合もあります。

不動産投資を行う場合、投資家側も提示されている不動産の販売価格に対し「適正な販売価格か否か」を検討する必要があります。
過去の取引事例に照らし合わせた上、現在の市場の動向などをすり合わせて適正価格かどうかを確認します。
これによって「価格交渉を行う価値があるかどうか」を見極めることが大切です。

一方土地や建物を販売する立場としては、利益を少しでも手に入れたいという観点から価格を設定することがあります。
ただし、大きな利益を上乗せしては買い手がつかない場合も考えられます。
国や自治体が公示する「地価」や、「固定資産評価額」が存在するため、買い手側には利益を大きく上乗せしている事実はほぼ見抜かれてしまうからです。

こういった理由から大きな利益は上乗せせず、その時のベストな価格で提示されていると捉えるのが一般的です。
駆け引きも不動産投資の一つの手法ですので、価格交渉を行う価値はあるでしょう。
ただし、大きな値引き・割引は期待できないと考えることが大切です。

価格交渉にはどんなポイントがあるか?

価格交渉に持ち込む場合、単に「価格交渉によって高利回り物件をつくりだしたい」という観点だけでは失敗に終わる可能性も否めません。
なぜ、売り主が不動産売却に至ったのかを確認することも大切です。
それでは、価格交渉に持ち込みやすいポイントについていくつか例示してまいります。

①諸事情により賃貸経営を辞めたいと考えている

「負債を抱えており、現金化を急いでいる」「高齢や病気により大家業務ができなくなった」などの理由から、限られた時間で不動産を手放したいことが往々にしてあり得ます。
価格交渉をすることによって早く買い手が決まるなら、と、交渉に応じてもらえる可能性があります。

②相続対策が理由で不動産を手放したいと考えている

「相続税を納税するための資金を捻出するために土地を売却したい」「遺産分割が難航することが予想されるので、物件を手放したい」という場合もいち早く現金化を求めているケースです。
特に、相続税の申告と納税は相続開始後(一般的には被相続人の死亡から起算する)10カ月以内という決まりがあります。
この日を越えての相続税の申告となると、相続税の納税にまつわる減税や特例が適用されないため、金銭的負担が発生します。
このような理由から、現金化を急ぐケースがあり、価格交渉に応じてもらえる可能性があります。

③不動産物件そのものの弱点を見つける

やはり、値引きに値する「建物の弱点」を見つけ、それを価格交渉の根拠とすることも必要となります。
中古物件であれば、リフォームの必要性を訴えるために専門業者に同行を依頼し修繕箇所を探してもらうことも良いでしょう。
第三者の目から見る修繕箇所の指摘と概算の見積もりを取ってもらうことで、価格交渉に持ち込みやすくなります。

④周囲の取引状況や収益評価などから価格交渉する

同エリア内の類似物件の売買状況や、現況から算出された収益評価をすり合わせ、販売価格に割高感があるか否かを算定します。
アパートが売り出されている場合、売り主側が提示した想定家賃や利回りなどもチェックポイントとなるでしょう。
家賃が相場よりも低く設定されているなどのポイントを見抜き、売却価格とのバランスが取れていないことが指摘できれば価格交渉に持ち込めるでしょう。

⑤価格の値下げだけが交渉ではない

中古物件には「付帯設備」が設置されていることがあります。
建物の付帯設備とはエアコンや給湯器、庭木や庭石、ブロック塀等などを総称します。
照明器具などもこれに当てはまります。
この物件の収益を上げるためには、旧型のエアコンの入れ替えや、給湯器をハイスペックタイプのものに替える必要があります。

もちろんこれらの設備の撤去にも費用がかかります。
「付帯設備撤去を完了させた状態で引き渡しをしてほしい」という交渉を行うことで撤去費用を節約することができます。
販売価格が付帯設備も含んだ価格であれば、「付帯設備は不要」として価格交渉に持ち込むこともできるでしょう。

不動産投資にかかわらず、土地購入における価格交渉はとても大きな駆け引きとなります。
利回りを高めるための価格交渉はとても大切ですが、それに固執してしまっては「信頼できない購入希望者」という印象を与えてしまいます。
売り主側とコミュニケーションをつくりだすことが大切です。
また、投資家の希望をくみ取り、売り主側との交渉の橋渡し役となってくれる不動産会社等の専門家を間に入れて投資物件を見極めていくことも含め、不動産購入を考えていきましょう。


不動産投資セミナーTOPはこちら
不動産運用セミナーTOP

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 融資は交渉できるの?融資交渉時の基本テクニック!
  2. 50代勤務医Dさん(年収3000万円)の不動産投資事例
  3. この入居者、大丈夫かな……家賃滞納に潜む落とし穴
  4. 30代、勤務医、女性Rさん(年収1300万円)の不動産投資事例
  5. 30代、勤務医、Hさん(年収1100万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. コラム

    勤務医の健康事情(勤務時間と食事について)

    勤務医として働いている医師の健康事情について『日本医師会』が1万人の勤…

  2. コラム

    倒れる前に! 開業医が自らの健康と家族を守るためにできること

    個人経営の開業医は、長時間の診療だけでなく雑務にも追われるため、自らを…

  3. コラム

    北海道リレーインタビュー VOL.5武田宏司先生(北海道大学大学院薬学研究院教授)

    北海道で活躍されている医師の方にインタビューを行い、ご自身の取り組まれ…

  4. コラム

    【現役医師連載コラム】地方物件には「不動産投資禁止エリア」があるって話

    前回の「こんな物件に気をつけろ!本当は怖い地方物件…」に引き続き、今回…

  5. コラム

    開業を考える勤務医向け 「家族経営」の節税メリット 

    開業医に多く見られる家族経営という形態。クリニックは、家族経営のような…

  6. コラム

    【連載】医師と学ぶ資産形成|精神科医 前田先生 Part.3

    医師の方と一緒に資産形成や税金対策を学んでいくスペシャルコンテンツ。…

#
keyboard_arrow_up