border_colorCOLUMNコラム

不動産投資におすすめの地域の特徴

不動産投資の物件探しをする時に一番気にしたいのが「地域(エリア)」です。
この地域選びを間違えば、入居者が付かなくなる恐れがあります。
では、おすすめの地域はあるのか?あるとしたらどんな地域かといった点を中心にまとめました。
不動産投資に適さない条件や遠方の物件への投資にも触れ、物件探しのヒントをお届けします。

不動産投資に適している地域とその特徴とは?

不動産投資に適している地域の特徴についてポイントを見ていきましょう。

①お金を払ってでも暮らしたい地域であること(賃貸需要があること)

賃貸物件でも「このエリアで暮らしている」というのは、居住者にとってステータスポイントとなる可能性を秘めています。
地名もさることながら、近くに生活に必要な施設が揃っていることも重要です。

  • ネームバリューが高い地名
  • バスや鉄道など交通の便が良い
  • 治安が良い
  • 商店やコンビニ、病院・小学校などが近隣にある

このようなポイントが揃っている地域は、全国的に賃貸需要が高いと捉えて良いでしょう。

②不動産価格の値上がりが見込める地域(今後、発展の見込みがあること)

人気が高いエリアでも、新しい住居が建つ見込みがなければ土地の値上がりは見込めません。
数年前に人気のエリアだったけれど、今ではシャッターが下りた商店が目立つようになったという地域も見送った方が良いでしょう。

悩みの種となるのが「新規開発エリア」です。地方に多いのですが、これまで未開発だった地域に商業圏を作り、その周囲に住宅地を設けるというパターンがこれにあたります。
これから伸びを見せるエリアだと見込んで新築物件へ投資をしたけれど、第一期販売の区画が未だに埋まらない、第二期以降の計画が頓挫しているというような状況も少なくありません。
こういった数年後の展望を見極めるのは難しいところです。

不動産投資の専門家の意見を聞くことや、地域経済の情報に詳しい専門家から話を聞くことで投資に適した地域かどうか検討していきましょう。

不動産投資に適さない条件は?

それでは逆に、不動産投資に適さない条件をまとめました。
どんなに賃貸需要が高い地域にある物件でも、購入代金が高く部屋数が少ない間取りであれば表面利回りが低くなり、収益物件とはみなすことができません。
利回りを高めるため家賃を高く設定すれば、入居者が付かないでしょう。
ただし、都心など元々の土地が高いエリアでは利回りが低くなります。
けれど住みやすさが先行されていれば、収益物件として長い年月家賃収入が見込めます。

また、若干家賃を高く設定しても入居者が付きやすい傾向にあります。
そのため利回りだけで判断することは若干リスクを伴うことを申し添えます。
人気が高い地域でも、バス停まで距離がある、鉄道駅が最寄りにないという条件が揃えばその物件は外した方が無難と言えます。
また、将来性が見いだせない地域なども見送るべきでしょう。

自分の居住地から離れた土地での購入はありか?

多少利回りが低くても、空室が少なく回転率も良い物件であれば長期的に収益が得られるため投資に値すると判断することができるでしょう。
また、都心にある物件に投資をすることが勝機と論じられる機会も多く、地方在住者が都心への投資を希望することがあります。
あるいは、都内在住者が地方都市にアパート複数棟やマンション一棟の大型投資を試みることも考えられます。

管理会社に物件管理や収益管理を依頼できるため、自分の居住地から離れた土地に不動産投資をすることは物理的に可能です。
ただし、金融機関のアパートローンを利用して不動産投資を試みる場合は注意が必要です。
金融機関では、居住地と同じエリアでの物件取得の場合は審査対象にしますが、エリア外(例えば県外など)での物件取得を目指す場合は審査対象外とする場合がほとんどです。

地方銀行ではエリア外を理由に融資を受け付けない場合が多く、都市銀行の場合は本支店がそのエリアに存在すれば融資可能とすることがあります。
そのため、融資対象エリアに制限があることを覚えておくと良いでしょう。

不動産投資を成功させるには、地域や周辺環境も重要な要素となります。
また、「不動産を購入する=将来の成長を見据えて投資する」ことですので、地域の展望を見極めることも大切です。

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 50代勤務医Dさん(年収3000万円)の不動産投資事例
  2. その物件、瑕疵物件かも……リノベーションに潜む落とし穴!?
  3. どこを見ればいいの?レントロール確認時の基本テクニック!
  4. 投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 都心の築古ワンルームマンション編…
  5. ワンルーム投資の視点でみる法律や条例【区分所有法編】

関連記事

  1. コラム

    不動産投資の「利回り」とは?利回りの目安はどのぐらい?

    不動産投資を行う上で、一番重視しなければいけないのが「支出(返済)と収…

  2. コラム

    北海道リレーインタビュー VOL.1小林範子先生(北海道大学病院婦人科 講師)

    北海道で活躍されている医師の方にインタビューを行い、ご自身の取り組まれ…

  3. コラム

    不動産投資に失敗する人の特徴や傾向とは

    全ての投資にいえることですが、不動産投資にも向き不向きがあります。…

  4. コラム

    不動産投資を分散することでリスク回避は可能か

    不動産投資を行う上では、キャッシュフローを生み出すことを重視しますが、…

  5. コラム

    クレジットカードを見直し、使えるカードを厳選

    クレジットカードは「誰もが1枚は持っている」ものでありながら、まだまだ…

  6. コラム

    医師の転職事情 待遇を優先する?キャリアを優先する?

    勤務負荷を軽くしたい。もう少し年収を高くしたい。キャリアプラン…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. フリーランス医師の働き方と開業届による節税効果
  2. 非常勤先が複数ある勤務医は特に注意! 修正申告が必要なケース…
  3. 医師の懐事情と老後資金形成のための資産運用
  4. 知っておいて損はない、初めての海外不動産投資
  5. なぜ医師の資産形成には不動産投資が向いているのか?
keyboard_arrow_up