不動産投資に成功するために押さえたいポイント | 勤務医ドットコム

border_colorCOLUMNコラム

不動産投資に成功するために押さえたいポイント

大きな資金を投じて家賃収入を得る「不動産投資」。他の投資と同様ビギナーズラックがあっても、不動産投資に関しては「長期的に安定したリターン」が得られなければ成功とは言えないでしょう。

では、「長期的に安定したリターン」を得るために押さえておくべきポイントとはどういったことでしょうか。
まとめてみました。

不動産投資に成功している人はどのようなポイントを押さえているか

不動産投資に成功し大きな利益を上げている方の共通点をまとめました。
それではみてまいりましょう。

①専門家の話や情報を多く取り入れる

たくさんの不動産取引を経験している総合不動産会社などが展開するセミナーを聴講する機会が多い方は、最新の不動産取引事情や不動産投資のトレンドを多く知る経験ができます。
国内・地域の経済事情などを総合すると、今投資すべき物件が浮き彫りになりますし、ニッチな投資案件もみえてくるかもしれません。

②足で物件を確認する

ネットの情報だけをうのみにして投資物件を決めることはリスキーです。
その物件には必ず足を運び、間取りを確認することは必須です。
また、駅までの距離やバス路線が充実しているか、地域に小学校や病院があるかといった地域情報の調査も投資対象を決める条件に含めるといいでしょう。
「集客できそうな物件か」「お金を出してでも住みたいエリアか」など分析をしていくことも大切です。

③自己資金を温存する

今や「自己資金ゼロ・頭金ゼロ」の状態で住宅投資が始められるとされています。
金融政策の流れから金融機関の融資のハードルが下がっているため、お金が借りやすくなっているためです。

投資の世界では融資も「レバレッジ」の一つ。
融資という手段を使って、比較的低いハードルで不動産投資をスタートすることが可能になりました。

とは言え、自己資金が手元に殆どない状態で投資を始めることは非常にリスクが高いと言えます。
例えば、万一不動産投資に失敗した際、自己資金がなければ多額の借金を背負うことになります。

また、投資物件に大規模な修繕や物件の価値を高めるためのリノベーションを施すといった時にスマートに自己資金を投入できるよう準備することも良いでしょう。
自身の預貯金はなるべく温存し、融資を受けるといった手段を取ることで、リスクヘッジにつながっていきます。

成功のために持っておきたいリスクヘッジとは

リスクヘッジとは、おこりうるリスクを予測しそれに対応できるよう備えを持つことを指しています。
リスクが少ない不動産投資とは言われていますが、多額の資金を投じるためやはりある程度のリスクヘッジは必要です。
ここでは考えられるリスクとリスクヘッジについてまとめました。早速みてまいりましょう。

金銭的リスク

  1. 金融機関側の破綻、金融機関優位の融資を締結される可能性
  2. 金利の上昇による借入金返済の負担増

リスクヘッジとして押さえること

  • 都市銀・地銀最大手などの銀行を中心に融資を検討する
  • ローン相談などを経て複数の金融機関の金利を比較する
  • 現在は超低金利時代。金融情勢を鑑みて固定金利を選択し、数年後に起こりうる金利上昇に備える
  • 自身のメインバンクにも必ずアパートローンの相談を入れる。取引高に応じて優遇金利で提供してもらえる可能性もある
  • 万一の破綻に備え、自己資金は温存する

投資運用におけるリスク

  1. 空室問題
  2. 家賃滞納問題
  3. 経年劣化による建物の損傷問題

リスクヘッジとして押さえること

  • 空室を抑えるため、人気エリアに着眼しそのエリアと居住者層がマッチする物件を選ぶ
  • 家賃滞納を防ぐべく、信用保証会社との契約を必須とする
  • クレジットカード払いで家賃を納めてもらう方法を採る
  • 火災保険や地震保険への加入
  • 定期的にリフォーム・リノベーションを行い、建物の価値を保つ

不動産投資に関しては考えられるリスクと善処するためのリスクヘッジは多々あります。
ただし、不動産投資初心者が些細なことにもリスクヘッジを行うと、自身の身動きが取れなくなりますし、自己資金を目減りさせてしまうことも考えられます。
リスクヘッジを優先するあまり、入居条件が厳しくなり借り手がつかなくなることも予想されます。
今の時点で適切なリスクヘッジを考えるのであれば、自身でもさまざまな情報を収集していくようにしましょう。

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. こんなに安くてだいじょうぶかな……修繕積立金に潜む落とし穴
  2. 仮想通貨はやっぱりリスキー?不動産投資との比較
  3. 30代、勤務医、女性Mさん(年収2700万円)の不動産投資事例
  4. 40代、勤務医Kさん(年収1760万円)の不動産投資事例
  5. 30代、歯科医、Vさん(年収800万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. コラム

    なぜ医師の資産形成には不動産投資が向いているのか?

    医師は収入が多い職業ですが、子どもの教育費、家や車の高額ローンなど、支…

  2. コラム

    北海道リレーインタビュー VOL.5武田宏司先生(北海道大学大学院薬学研究院教授)

    北海道で活躍されている医師の方にインタビューを行い、ご自身の取り組まれ…

  3. コラム

    不動産投資は副業とみなされるのか?

    自身の本業を持ちながら不動産投資をすることが、「副業」にあたるのか不安…

  4. コラム

    フリーランス医師の働き方と開業届による節税効果

    医療業界における価値観や仕事観が変化する近年の日本では、「フリーランス…

  5. コラム

    投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション 郊外の築古ワンルームマンション編

    「とても安い郊外の物件が気になるけど、長い目でみるとどうなんだろう」…

  6. コラム

    不動産投資における金利の相場はどれぐらい?

    不動産投資を始める場合、不動産投資ローン(アパートローンとも言われる)…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師執筆コラム】いくら年収が高いといっても激務で割が合…
  2. 【現役医師執筆コラム】コロナ禍で変わった医療業界の今後
  3. 後悔しない承継開業…高値案件こそ狙い目
  4. 集患とコスト面に優れる承継開業とは
  5. 【現役医師執筆コラム】将来の収入に危機感をもつ医師が急増中
keyboard_arrow_up