border_colorCOLUMNコラム

アパートとマンション|それぞれの不動産投資の違い

不動産投資をするなら「アパート」と「マンション」どちらがいいの?
この2つの建物の違いを知り、それぞれのメリットやデメリットを検討することで「自分にとってメリットが高い投資物件」を理解することができるようになります。

ここではアパートとマンションそれぞれの経営に触れ、高所得者層の勤め人に向いている投資物件に関しても説明してまいります。

アパート経営とは?

アパート1棟を賃貸物件として経営します。
1棟丸ごとの経営ですので複数戸の世帯と賃貸契約を結ぶことができます。
マンションの区分所有よりも若干ハードルが高くなりますが、長期的展望を見据えて、投資初心者がアパート経営を選ぶことも増えつつあります。

マンション経営とは?

一般的にはマンションの1戸~複数戸を購入し、それを賃貸することで家賃収入を得る方法をさします。
マンション1戸(1区分)であれば投資できるという方も多いため、手軽に始められる不動産投資です。

アパート経営とマンション経営、それぞれのメリットとデメリットとは?

アパート経営とマンション経営のメリットやデメリット、おこりうるリスクについてまとめました。
それでは一つずつ説明してまいります。

【アパート経営】

メリット
・複数戸を賃貸に出せるので、大きな家賃収入が見込める
・自己所有の土地を有効活用できる
・家賃を安価に設定できるので入居者が付きやすい
・アパートの管理会社に管理や運営を一任できる

デメリット
・ターゲットに見合った間取りにならなければ入居者が付かないことがある
・建物の設計によっては騒音など住民トラブルに発展しやすい
・全体的な建物メンテナンスが定期的に求められる

リスク
・空き室が出れば月々の収入が大幅に減ってしまう
・火事や水害などで1棟すべてが被害を受ける可能性がある
・エリアを吟味しなければ家賃を下げても集客できない可能性もある

【マンション経営】

メリット
・1部屋だけの区分所有になるのでメンテナンスを入れやすい
・1部屋だけならハイエンドのマンションの部屋などに投資ができる
・早い段階でローン完済を目指すことができ、その後の家賃収入も見込める

デメリット
・建物の老朽化によって部屋そのものの価値が下がりやすくなる
・部屋の価値を高めるためのリノベーションやリフォーム等の費用がかかる
・新築で区分所有しても、手放す時には中古としての売り出しになるため損が出る

リスク
・火事や自然災害などで資産を失うことがある
・1部屋のみの場合、空室が出れば収入はゼロになる。
・新興エリアでも、その後の開発がストップすれば資産価値は大幅に下がる

高額所得者層の勤め人に向いている不動産投資は?

事業主や医師など年収が1300万以上の高額所得者層の方が不動産投資を目指す場合、どのような物件が向いているのか気になるところです。
しかし、「アパート1棟」「マンション1区分」いずれか一方がお勧めであると一概には言えません。

アパートの場合、「4世帯住宅で間取りを広く」「8世帯1Kで単身向き」というように間取りを考えることで利回り率も変化させられます。
また、わずかな収入でも定期的に得られること希望するのであれば、アパートへの投資も一考です。

また、路線価が高いエリアに自己所有の土地があり、アパートや駐車場が確保できる土地面積があれば、アパート経営が向いていると言えますし、駅前エリアに新築ハイエンドグレードマンションが建つなどタイミングが合えば、転勤が多い富裕層ファミリーをターゲットにマンションの区分購入も良いでしょう。

いずれにせよ、高額所得者でも費用の工面がネックであると言えます。
マイナス金利政策の余波で、定収がある勤務医・開業医、安定経営の事業主であれば投資物件を購入するための融資を受けやすいと考えられています。
想定利回りなどをもとに事業計画をしっかり練っておくことで、「投資すべき物件か否か」を見極めやすくなっていきます。逆に「こんな物件に投資したい」と投資に対するヴィジョンも持てるようになります。

高所得者である勤め人が「アパート」「マンション」いずれを検討しても収益は得られると結論付けても差し支えないでしょう。
アパート/マンション共に管理会社に経営を委託することも可能です。
商才が無いから投資は難しいと考えている方は、総合不動産会社や銀行などが定期的に開催している「不動産投資セミナー」を受講することや、不動産会社のコンサルタントを間に入れてライフスタイル等に合わせた物件選びを始めることも一案です。

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. どこを見ればいいの?レントロール確認時の基本テクニック!
  2. 50代 整形外科 クリニック院長 年収2,700万円
  3. 売りたい時にいくらで売れるの?売却価格下落の不安を解消
  4. もううんざり……不動産投資の電話営業
  5. 支払総額はどうなるの?金利の上昇による不安を解消

関連記事

  1. 見せかけの入居者……高利回り物件に潜む落とし穴!?

    コラム

    見せかけの入居者……高利回り物件に潜む落とし穴!?

    「高利回りだと言われ契約したけれど、入居者がすぐに出ていってしまった……

  2. コラム

    医師におすすめの投資の方法とは

    ゼロ金利政策が続く今、医師の財産も貯蓄するばかりではもったいないと思い…

  3. コラム

    不動産投資の契約時の注意点

    実際に不動産投資を行う場合、投資用の物件を購入する際の売買契約を行うと…

  4. コラム

    期限ギリギリ…駆け込み申告で大失敗!確定申告でやりがちなミスとは?

    控除が適用されるにも関わらず、申告し忘れたり、経費のつけ方を間違えて税…

  5. コラム

    不動産投資における「収益還元法」とは

    条件が整った投資向け不動産物件。大きな投資金額となるため、「これは良い…

  6. 【ワンルーム投資の視点でみる用語解説】不動産価格の鑑定手法編

    コラム

    【ワンルーム投資の視点でみる用語解説】不動産価格の鑑定手法編

    不動産投資を行うにあたり、普段見慣れない専門的な用語を目にする機会が増…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 期限ギリギリ…駆け込み申告で大失敗!確定申告でやりがちなミス…
  2. 勤務医が今からできる資産形成とは? 税理士法人代表×不動産会…
  3. 「私はコレでキャッシュを残しました」不動産投資で大幅節税に成…
  4. 地震、火災…「災害」が起きた場合、投資した不動産はどうなる?…
  5. 重い税負担も…開業医は税務調査で「何を」調べられるのか?
keyboard_arrow_up