border_colorCOLUMNコラム

投資・融資・出資|それぞれの違いは何か

今は超低金利時代です。
現預金を手元に置いていたとしても利息で利益を生むことはできません。
預貯金が潤沢にあり「使い道がない」という場合、利益を求めることや税金対策等さまざまな理由から資金を運用することが推奨されています。

では、「資金運用」にはどのような種類があり、それぞれはどのように違うのでしょうか。

「投資」「融資」「出資」それぞれ意味

ここからはそれぞれの運用方法を詳しく見ていきましょう。

①投資(とうし)

自分自身が利益を得る目的で、住宅や事業等に資金を出すことをいいます。
事業拡大のために設備を購入することを「設備投資」といいますし、高いリターンを得るために株式や外貨を購入することは「株式投資」といいます。
家賃収入などで利益を生み出すために不動産物件を購入する「不動産投資」もその一つです。

②融資(ゆうし)

お金が必要な方に対して、金融機関などが不足分を補うなど必要な資金を融通(貸し付け)することを融資といいます。
融資を受ける側は期日までに借入利息をつけて返済することを約束します。

ただし、融資を受けるには厳しい審査が必要です。
使途や目的、返済計画などを明らかしなければ、借り受けることはできません。

③出資(しゅっし)

事業を興す計画をする企業主などに対し、その資本となる事業資金を提供することをいいます。
先に挙げた「投資」や「融資」とは異なり、企業には返済の義務はないという特徴があります。
企業に利益が出れば出資者への配当金が付きますが、出資金に対する利息などはつきません。

株式会社へ出資した場合、その出資口数分の株券が手元に届きます。
その株式の保有比率によって会社の経営権を握ることも可能です。

もちろん、株式を売却することができますが(譲渡制限つき株式は売却不可)、会社の業績によっては株価が下落し、先に投じた出資金より手元に入るお金が少なくなる可能性があります。

言葉の意味や性質は違えど、「投資」につながる事案

「投資」「融資」「出資」この三つの言葉が持つ意味合いはすべて異なることが分かりました。
ただし、融資は「利息をつけて返済すること」を信頼してお金を貸す、いわば「投資」ですし、出資も会社の成功を期待して投資する(ただし返済の義務はない)ことにつながります。

いずれにせよ、多額の資金を投じることになるので、自分自身の生活に影響しないように資金を拠出しなければいけません。
また、「投資」「融資」「出資」いずれの場合も念入りにリサーチを行った上で決定しなければ、お金をすべて失う可能性も秘めています。
リスクも背中合わせになっていることも覚えておきましょう。

「投資」「融資」「出資」…誰が行うものなのか?

融資に関しては信用が付いてくる事案になるため、金融機関を中心に行われます。
出資は、複数名の同じ志を持つ仲間でお金を出し合って事業を興す場合に多く利用されます。
投資は自己の利益のために資金を投じるというのが一般的です。

では、「医師や企業経営者など年収1,000万以上の高所得者」が行う資産運用の場合、「投資・融資・出資」のどれが適切なのでしょうか。

「借金」という名目での融資は少額の範囲であれば多くの方が行いますが、最終的には人間関係が壊れます。
また利息をつけて返済を求める場合「貸し金業法」に抵触する可能性もあるためおすすめできるものではありません。

「出資」に関しては、仲間内で法人格を立ち上げるという現実的かつ具体的な話の上では適当ですが、その会社そのものや出資した事業が軌道に乗る可能性は予測できません。
返済や配当が見込めない状態であることを理解した上で行うのが一般的です。

「投資」の場合、自分が持つ現預金を不動産という資産や株式などの有価証券に変えることができます。
特にマンションやアパートに投資をして賃貸収入を得るという手法であれば、ローンを利用して物件を購入した場合でも、完済後は家賃収入をそのまま自らの収入として組み入れることができます。

30代から40代の方であれば、銀行融資も受けやすいですし、仕事をリタイヤする年齢に達するまでローンを完済できる可能性があります。
投資はリターンを得るまでに時間がかかる手段ですが、リスクが低く大きな利益を生む運用方法であるといるでしょう。

無料税金対策/資産形成セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 30代、歯科医、Vさん(年収800万円)の不動産投資事例
  2. 30代、勤務医、Dさん(年収1050万円)の不動産投資事例
  3. 豊かなドクターが必ず持っている金融リテラシーとは?
  4. 10年後も管理して貰いたいけど……管理会社倒産に対する不安を解消
  5. 見せかけの入居者……高利回り物件に潜む落とし穴!?

関連記事

  1. コラム

    医師でも車の購入を節税に生かすことができる!

    賢い経営者は、車などをはじめとする個人的なもののように思える物品も、節…

  2. コラム

    【後編/30代医師夫婦×担当営業対談】購入の決め手は還付金の多さ?確定申告で節税効果を実感

    高額所得者の医師にとって不動産投資は節税メリットが大きい投資法です。し…

  3. コラム

    キャリア? 子育て? 女性医師の働き方を考える

    高度専門職である医師。最近は女性医師の割合が増加傾向にあります。し…

  4. 医業承継コラム_0002

    コラム

    後悔しない承継開業…高値案件こそ狙い目

    承継開業専門WEBサイト「医新伝診」は…

  5. コラム

    勤務医でも確定申告が必要なケースとは?

    毎年2~3月になると、「確定申告」という言葉をよく聞くようになります。…

  6. コラム

    不動産投資で税金対策|経費としてどこまで計上可能か

    預貯金を不動産に替え、家賃収入を得る不動産事業を始める投資家が増えてい…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 【現役医師連載コラム】輪島市の新生児死亡、防ぐためにできる事…
  2. 【現役医師の投資履歴】最初の物件購入~現在 ≪後編≫
  3. 【現役医師の投資履歴】初期研修医〜後期研修医 ≪前編≫
  4. 将来への投資?富裕層である医師が力を入れている子どもの習い事…
  5. 【現役医師連載コラム】なぜ不動産が相続税対策になるのか?
keyboard_arrow_up