border_colorCOLUMNコラム

マンション一棟への不動産投資で注意すべきこと

大きなリターン(賃貸収入)を得るためには、マンション丸ごと一棟のオーナーになることが近道ですが、マンション一棟のオーナーになる場合、注意しなくてはいけないポイントがあります。

ここではマンション経営に関して、所有区分の違いやそれぞれのメリット・デメリットについてまとめました。

マンション経営における2つの考え方とは?

マンション経営を考えている場合、部屋の所有に対する2つのとらえ方があります。
早速みていきましょう。

①区分所有

マンション1棟の中の1戸~複数戸を所有するという考え方です。

②一棟所有

マンションそのものを丸ごと所有するという考え方です。
マンションに40世帯が入居できる場合、40世帯分の家賃収入を得ることができます。

区分所有のメリットやデメリット、考えられるリスクとは?

ここからは、区分所有について詳しく掘り下げていきます。

【メリット】

  • 1戸~複数戸の所有になるため、投資金額が少なくて済む
  • 1戸単位での所有だから、売却した時に買い手がつきやすい
  • 修繕費などの経費も年間を通して大きな出費にはつながりにくい

【デメリット】

  • 間取りに見合った購入金額でなければ、キャッシュフローが出ない可能性がある
  • 購入費用が安く、収益性が高いため節税効果が生まれない可能性もある

【リスク】

  • 家賃の未納問題などが考えられる
  • 交通の利便性が悪い、商店・病院等が近隣に無いなど住みにくいところでは借り手がつかない
  • マンション自体の老朽化により、部屋のリノベーションなどで価値を高めても、家賃を下げざるを得なくなる

一棟所有のメリットやデメリット、考えられるリスクとは?

一棟所有にもメリットやデメリット、リスクが存在します。
一つずつみてまいりましょう。

【メリット】

  • マンション1棟の中の全戸を個人所有するため、すべてを賃貸にすると大きな収入が見込める
  • 経営するための経費が大きくなるため、節税効果が生まれる
  • 区分ごとの売却によって、売却益を見込める
  • 外壁などの修繕によってマンションそのものの価値を高めることができる
  • マンション全体の修繕などを定期的に行うことで部屋の価値も維持しやすくなる

【デメリット】

  • 1棟分の土地・建物に莫大な投資費用がかかる
  • 固定資産税など税金関連の支出が高くなる
  • マンション全体の修繕・1戸の修繕などほぼ定期的に費用が発生する
  • 火災保険などの保険料なども高額になる

【リスク】

  • 立地や間取り・建物のグレードによって新築でも集客できない場合がある
  • 空室が出れば、家賃収入は大幅減
  • 想定利回りを事前に検討しなければ、キャッシュフローが出せない
  • 運用中に大規模改修等が発生した場合、資金がなければ始まらない
  • 一棟丸ごと売却を試みると、「中古マンション」となり買い手がつきにくくなる
  • 自然災害や火事に対するリスク回避策を講じる必要がある

「投資」よりも「マンション経営」の意識を持つことが大事

このように、区分所有・1棟所有共にメリットばかりではないことが分かりました。

このところでは、マイナス金利政策によって金融機関側が融資申込者に対するハードルを下げ、積極的な融資を行っています。
そのためマンションの1棟購入など、多少無理な契約を強行する投資家も増えています。

しかしながら、今の日本は依然として不況の世の中です。都心の一等地に、家賃を高く設定できるハイエンド物件を購入したとしても、満室になる保証はありません。
ましてや、交通網・商業エリア・学校や官公庁などへのアクセスが悪い立地ならば、入居希望者がつかない可能性も考えられます。

財産を増やす意味での投資目的でマンション1棟買いは大きなリスクを背負うことになります。
ですが、経営目的でのマンション1棟買いは、利回りからみる数年間の収支計画や、周辺環境の成長予測などリサーチを重ねたうえでの決定となりうるので、確実に利益を挙げることができます。
マンションの1棟買いを考える際は、「不動産事業を立ち上げ、マンション経営を始める」という意識を持つことが大切です。

リスクを回避し「不動産経営をする」という意識を持って投資を始めるには、総合不動産会社が定期的に開催するセミナーに参加することや、不動産投資のパートナーとなる担当者から指南を受けることがポイントです。
次第に「買うべきマンション」の取捨選択ができるようになります。

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 支払総額はどうなるの?金利の上昇による不安を解消
  2. 豊かなドクターが必ず持っている金融リテラシーとは?
  3. 50代、勤務医、Qさん(年収3500万円)の不動産投資事例
  4. 効果的な修繕方法って?リノベーション時の基本テクニック!
  5. 50代勤務医Bさん(年収2600万円)の不動産投資事例

関連記事

  1. コラム

    将来不動産オーナーになるために、知っておきたい不動産用語

    不動産投資を行う際は、不動産に関する専門用語が飛び交うことが多々ありま…

  2. コラム

    不動産投資で税金対策|経費としてどこまで計上可能か

    預貯金を不動産に替え、家賃収入を得る不動産事業を始める投資家が増えてい…

  3. コラム

    株、FX、太陽光発電……メジャーな投資に潜むリスクとは?

    不動産以外にも株、FX、太陽光発電など投資対象はさまざまです。しかし、…

  4. コラム

    高収入の医師も注意が必要! 高額所得者が投資に失敗する理由

    高収入の医師は投資をして資産運用を行っている人も少なくありません。でも…

  5. コラム

    不動産投資において都心と地方で迷った時のポイント

    賃貸経営を目的とした不動産投資を行う場合、その不動産の立地の見定めはと…

  6. コラム

    投資の成功者の共通点とは

    カリスマトレーダーがネットで取り沙汰される他、本業をこなしながらいくつ…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 若い医師こそ知っておくべき投資についての考え方を解説!
  2. 将来不動産オーナーになるために、知っておきたい不動産用語
  3. 家庭の事情? ハードワーク? 医師が転職を決断する理由とは
  4. 老後2,000万円問題は他人ごとではない! 不動産投資は老後…
  5. 不動産投資の成功と失敗のボーダーライン
keyboard_arrow_up