border_colorCOLUMNコラム

投資物件の探し方|収益物件を見極めるポイントとは

実際に不動産投資を始める際には、収益が見込める物件を見つけるところからスタートしなければいけません。

その探し方や投資物件の見極め方、本業と両立しながら物件を見つけるための手段について解説してまいります。

投資物件はどうやって探すのか?

収益を得るための物件を抑えるために、どのような探し方でアプローチをすべきなのか分からないという方も少なくありません。
「マンションorアパート」「新築 or 中古」「予算」などをあらかじめ洗いだした上で物件探しを始めましょう。
不動産投資を行っている医師の多くは、不動産情報サイトに登録しています。ここで希望する地域や条件に見合った物件を探すことができます。

ここで注意しなければならないのは利回りや金額にばかり注目しないことです。
信頼できる業者を探し、二人三脚で探すことでリスクを減らせるでしょう。
インターネット上で探すことができるので、自分の時間を利用して閲覧し、気になった物件に対してネットから問い合わせを入れることで話を進めることができます。

収益物件を見極めるポイントとは?

収益が見込める物件を見極めるポイントをまとめました。

①立地や周辺環境など

辺鄙な土地の新築マンションを安く買っても、交通インフラが整っていない・病院やスーパーなど、生活に欠かせない店へは車がなければ出向けないなど、不便極まりない建物には誰も入居しないでしょう。
また中古など、大幅な改修や修繕が必要になるといった場合は、修繕後に資産価値が上がるかどうかも見極めなければいけません。
東京都内など都心部では、地下鉄や鉄道駅に近い・駅まで直結のバスがあるというように交通網への依存ができる地域を中心に探しましょう。

周辺環境から探す物件も大切です。「ファミリー向け物件」「ワンルーム」「2人暮らし世帯」というように居住層を決めてから物件探しをすることも一案です。
「○○地域は若者の街」「○○小学校は文教地域だから、ファミリー向け」というように、居住層を見据えた物件をうまくマッチングさせることで、満室が見込めます。

②利回りにも着目

不動産投資で言うところの「利回り(表面利回り)」にも着目すべき点です。算出方法は、
「不動産の利回り=満室時の年間賃借料÷不動産の購入価格」という計算式で求めることができます。
数字が大きいほど「利回りが大きい」と判断することができます。利回りのみならず、毎月のローン返済額が満室時の月賃借料を上回らないようにすることも大切です。

ただし、「利回りが大きいからこの物件を購入」するという単純な思考で動いては、月々のローン返済が家賃収入を上回ってしまいがちです。
特に都心では地価も高騰していますし、収益を見込んでユーティリティに富んだ建物を建築する傾向にあります。
そのため、物件の販売額が高額に上ることもあります。
地域によっては空き室が目立つようになる・次の入居者が決めらないというような状況に陥り、購入時に算出した利回りとは大きくかけ離れてしまうといった結果にもつながります。
この問題に関しては専門家に話を聞くなどして検討していきましょう。

忙しい医師が投資物件を探すには?具体的な方法を紹介

医師もさまざまな勤務形態があります。
自分の時間で投資物件を探せば良いと言いますが、休息に充てることや、学会出席に向けての資料作成、地域医療や保健啓蒙活動などさまざまな仕事が待ち受けています。
多くの医師が住宅投資をしている時間は全くないと感じていることでしょう。

忙しい医師でも、先に挙げた不動産投資に特化した「不動産情報サイト」を利用すること以外に、ノウハウを持った不動産投資のコンサルタントをつけてさまざまな動向をレクチャーしてもらうほか、予算に見合った収益物件の情報を収集してもらうことも一案です。

コンサルティング料金は無料の場合がほとんどなので、納得できる物件を1件でも多く探してもらうことでも良いでしょう。
続々と集まる情報を取捨選択して、気になる物件が見つかれば休日に実際に現場へ足を運ぶといったスタイルを取ることも可能です。

医師が不動産投資を始める時は、利回りに着目すること。
立地条件や周辺環境にも着目することが成功の秘訣です。
忙しい医師でもネットを活用するほかコンサルタントをつけることで納得できる物件を見つけることもできます。

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 家賃の下落と空室リスクに効く! テナントリテンションの基本テクニック
  2. 投資物件はどう選ぶ?10年運用シミュレーション・都心の新築ワンルームマンション編…
  3. ワンルーム投資の視点でみる法律や条例【民泊新法編】
  4. 投資を始める前に知っておきたい! 区分所有マンションのデメリット
  5. 辛すぎる仕事漬けの日々……大半の医師は不満を抱えている

関連記事

  1. 【ワンルーム投資の視点でみる用語解説】構造編

    コラム

    【ワンルーム投資の視点でみる用語解説】構造編

    不動産投資を行うにあたり、普段見慣れない専門的な用語を目にする機会が増…

  2. コラム

    不動産投資における管理費の相場はどのぐらい?

    不動産投資家がアパートなど複数世帯に対する賃貸経営を行う場合は、本業と…

  3. 医師の資産形成を成功に導く「経営者視点」とは?

    コラム

    医師の資産形成を成功に導く「経営者視点」とは?

    これは医師に限らないことですが、不労所得を得るためには、知識だけでなく…

  4. 利回りはどうなるの?家賃の下落による不安を解消

    コラム

    利回りはどうなるの?家賃の下落による不安を解消

    「高利回りの物件が気になるけど、賃料はどれだけ下がってしまうのだろう……

  5. コラム

    投資マンションの選び方|ワンルーム・中古・新築・一棟の違い

    いざ、不動産投資を始めようと立ち上がっても、どんな物件を購入して良いの…

  6. コラム

    医師の懐事情と老後資金形成のための資産運用

    収入も多いが支出も多い……。これが医師の懐事情の実態ではないでしょうか…

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 期限ギリギリ…駆け込み申告で大失敗!確定申告でやりがちなミス…
  2. 勤務医が今からできる資産形成とは? 税理士法人代表×不動産会…
  3. 「私はコレでキャッシュを残しました」不動産投資で大幅節税に成…
  4. 地震、火災…「災害」が起きた場合、投資した不動産はどうなる?…
  5. 重い税負担も…開業医は税務調査で「何を」調べられるのか?
keyboard_arrow_up