border_colorCOLUMNコラム

不動産投資のための物件の選び方|物件選びのポイント

不動産投資を成功させ、リタイヤ後の収入・資産の準備をしたいと考えると、どうしても物件の選び方が重要となります。

ここでは不動産投資に最適な物件とは何か?
リスクが低い投資物件の条件とは?

という不動産投資初心者なら誰もが考える命題をもとに、その物件の評価判断に必要な情報についてまとめました。

リスクが低い投資物件の条件とは?

①都心の一等地・もしくは地方主要都市でも一等地である

東京都内でも23区内・東京駅に近いエリアの他、地方でも交通網が充実しているエリアのマンションやアパートの物件は「家賃が高くても住みたい一等地」として認知されています。
また、ネームバリューが高いエリアは都心・地方問わず人口が集中するためリスクは低くなります。利回りが低くとも、売却益を望むことが可能です。

②空室になりにくい

このエリアは学生や単身世帯が多い、ファミリー層に人気のエリアなど、建物の間取りと地域の背景が合致すれば、空室になりにくいメリットがあります。
その物件には最新の設備が整っているなど、特徴的な売りがあれば人気が高まります。

③購入価格が安い

もちろん、物件の購入価格が安ければ、早い段階で借入金を返済することができます。
また、購入代金を払い終えた後は、家賃収入のすべてを不動産収入にすることができます。
売却を試みた時、様々な条件が整えば売却益も大きくなる要素を秘めています。

④周辺環境が整っている

その物件の価値を上げ、低リスク物件として運用するためには、地名だけではなく周辺環境が整っていることも望ましいと考えられます。
衣食住が確保できる店が近くにあるか、学校や病院、役場等の行政官庁が近くにあるかなどでも大きく変わります。
公園や幼稚園・保育所などの子育てにふさわしい環境が整っていれば、定住も望めるためさらに低リスク物件として検討することができます。

⑤物件の耐久年数が長い・もしくはリノベーションやリフォームで価値が上がる物件

新築物件であれば、耐久年数が長いため大きなメンテナンスが不要です。また最新の耐震技術が取り入れられていると捉えることができるでしょう。
もし中古物件であっても、リノベーションやリフォーム、耐震工事など追加の初期投資を講じることで建物の価値を高め、それに見合った家賃を求めることができればリスクを下げることができるでしょう。

リスクが低い投資物件として判断するための材料とは?

「百聞は一見にしかず」という言葉があります。忙しい毎日ではありますが、必ず投資を検討する物件がある地域へ足を運び、地域の周辺環境や立地、建物の現況を確認しましょう。

駅までのアクセスの良さ、コンビニや商店、学校・病院、子育て環境が整っているか等もしっかり見据えましょう。
ここで、路線価や購入価格などをすり合わせ、部屋数と想定家賃、想定利回りを鑑みることで投資に見合った物件かどうかを判断しましょう。

もちろん、不動産投資初心者の場合、見極めに悩むこともあるでしょう。
投資額も高額に及ぶため、自分ひとりの判断では決断できないこともあるはずです。
不動産会社担当者との面談を重ね、相談をしながら決めていくことをおすすめします。

リスクが低い物件を探すための条件を挙げるのは簡単でも、実際に納得できる物件を見極めるまでの道のりは容易ではありません。
信頼できる専門家のフォローを仰ぎながら低リスクで収益を見込める物件探しを進めていきましょう。

無料税金対策セミナー情報

勤務医ドットコムでは、医師の方向けに無料セミナーを全国各地で開催しています。
効果的な節税の方法や相続、資産形成、副業など、収入の多い医師の方にとって有益な情報をお伝えしています。セミナーでは個別相談も実施していますので、あわせてご活用ください。
先着順となっておりますのでお早目にお申込みください。

無料税金対策セミナー一覧はこちら

ピックアップ記事

  1. 40代、勤務医、Tさん(年収2500万円)の不動産投資事例
  2. 10年後も管理して貰いたいけど……管理会社倒産に対する不安を解消
  3. 【ワンルーム投資の視点で見る用語解説】不動産投資でかかる税金編
  4. その物件、瑕疵物件かも……リノベーションに潜む落とし穴!?
  5. 40代 循環器内科 勤務医 年収2,000万円

関連記事

  1. コラム

    医師の懐事情と老後資金形成のための資産運用

    収入も多いが支出も多い……。これが医師の懐事情の実態ではないでしょうか…

  2. コラム

    不動産投資が医師におすすめな理由と注意すべきこと

    数ある投資のなかでも、特に医師におすすめなのが不動産投資です。医師…

  3. コラム

    勤務医が節税するための方法

    総合病院などで働く勤務医は年収も高く、源泉徴収票をみると多額の所得税・…

  4. コラム

    経費はどこまで計上できるか?基本を押さえて賢く節税を

    「経費で落とす」「経費にする」という言葉をよく耳にします。でも、“どこ…

  5. コラム

    確定申告の肝となる控除額を最大限に増やすには?

    確定申告はシンプルに考えると「収入から経費と控除を差し引いた額」から算…

  6. コラム

    なぜ医師の資産形成には不動産投資が向いているのか?

    医師は収入が多い職業ですが、子どもの教育費、家や車の高額ローンなど、支…

知らないだけで3,000万円も損をする?

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 北海道リレーインタビュー VOL.3 井上哲先生(北海道大学…
  2. フリーランス医師の働き方と開業届による節税効果
  3. 非常勤先が複数ある勤務医は特に注意! 修正申告が必要なケース…
  4. 医師の懐事情と老後資金形成のための資産運用
  5. 知っておいて損はない、初めての海外不動産投資
keyboard_arrow_up